ポスター/口頭発表


Last update 2017/09/09


<2017年>

JASIS 2017 
オープンソリューションフォーラム「食品のおいしさ評価」
2017年9月7日,おいて幕張メッセ
「メタボロミクスの食品機能解析への応用」
福崎英一郎(大阪大学)
【基調講演】


日本食品科学工学会
シンポジウム「輸出を見据えた農産物の品質評価技術の開発」
2017年8月29日,おいて日本大学湘南キャンパス(生物資源学部)
「メタボロミクスの食品品質評価への応用」【招待講演】
福崎英一郎(大阪大学大学院・工)
----


The International Symposium on Natural Medicines (ISNM) 2017
Aug 25th 2017
at Tropical Biopharmaca Research Center Bogor Agricultural University. 
"Application of Metabolomics for High Resolution Phenotype Analysis"  (Plenary lecture)
Eiichiro Fukusaki (Osaka University)
------


Metabolomics2017
開催日:2017/6/26-6-29
場所:Brisbane Convention & Exhibition Centre, Australia

(Poster presentation)
P-6
Metabolomic imaging of colorectal tumors in mice and humans
Shuichi Shimma, Yasushi Kojima, Masahiro Aoki, Emi Takeo, Tomoyoshi Soga

P-8
Development of high-sensitive and high-throughput methods for chiral amino acid analysis
Yosuke Nakano, Yutaka Konya, Moyu Yaniguchi, Eiichiro Fukusaki

P-33
Microbial metabolites imaging to understand spatial re-distribution and localization of metabolites in single and mixed-species biofilms
Shruti Pavagadhi, Adelicia Y.L.Li, Shimma Shuichi, Sanjay Swarup

P-41
Reduction of matrix effect in GCMS ion source and method optimizations for cohort study of disease metabolomics
Eiichiro Fukusaki, Masahiro Furuno, Hiromi Yadori, Hiromi Saito, Kazuo Omori, Yuichi Yamamoto, Naoto Katakami, Iichiro Shimomura

P-46
Development of online SPE-GC-MS system with automated SPE-based derivatization method for metabolome analysis
Ryoichi Sasano, Koji Machitani, Shusuke Osaki, Masahiro Furuno, Eiichiro Fukusaki

P-59
Black list of metabolomics by in-source decay
Yasumune NAKAYAMA, Eiichiro Fukusaki, Takeshi Bamba

P-137
Influence of yeast and lactic acid bacterium on the constituent profile of soy sauce during
fermentation
Risa Harada, Masanobu Yuzuki, Kotaro Ito, Kazuki Shiga, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

P-260
Mice Fecal Metabolites Analysis with LC-MS/MS
Takero Sakai, Takanari Hattori, Shuichi Kawana, Yoshihiro Hayakawa, Eiichiro Fukusaki, Mitsuharu Matsumoto

(Oral presentation)
O-303
GC/MS-based metabolomics approach for the discrimination of Indonesian specialty coffee
Sastia Putri, Tomoya Irifune, Yusianto Yusianto, Eiichiro Fukusaki
-----



日本微量栄養素学会,第34回学術集会
開催日   平成29年6月24日(土)
会  場   関西大学100周年記念会館
特別講演
座長:老川典夫(関西大学)
メタボロミクスの精密表現型解析への応用
福崎英一郎 (大阪大学大学院工学研究科)
-----


65th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics
June 4 - 8, 2017
Short Courses June 3 - 4
Indianapolis, IN
Abstract ID number: 288070
High-throughput comprehensive analysis of trace D- and L- amino acids using extra-facile chiral separation and column switching
Yuki Uno1; Toshikazu Minohata1; Jun Watanabe1; Hidetoshi Terada1, 2; Junko Iida1, 2; Yosuke Nakano3; Eiichiro Fukusaki2, 3
(1 Shimadzu Corporation, Kyoto, Kyoto; 2 Osaka University Shimadzu Analytical Innovation Research Laboratory, Graduate School of Engineering, Osaka University, Suita, Osaka; 3 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University, Suita, Osaka)
-----

会議名:第65回質量分析総合討論会  
時期:2017517日-19 
場所:つくば国際会議場 エポカルつくば 

オーラルセッション:新世代のイメージング質量分析
座長:杉浦悠毅(慶應義塾大)/新間秀一(大阪大)  

口頭発表(およびポスター発表):
MALDI
イメージング質量分析法を用いたアルドステロン特異的可視化法の開発 
o
竹尾映美1・杉浦悠毅2 西本絋嗣郎2,3 福崎英一郎1 新間秀一
(1
阪大院工・ 2慶大医・ 3埼玉医大

ポスター発表: 
固相誘導体化を用いた低濃度のアミノ酸お よび有機酸と高濃度の糖類を含む試料の一斉分析法の開発
o佐々野僚一1・大崎秀介2・古野正浩3・福崎英一郎3
 (1
アイスティサイエンス・ 2和歌山県工業技術セ・ 3阪大院工

カラムスイッチングを用いたキラルアミノ酸分析システムの検討
o
箕畑俊和1 宇野由紀1・渡辺淳1・寺田英敏1,3・飯田順子1,3・中野洋介2・福崎英一郎2,3  
(1
島津・ 2阪大院工・ 3大阪大・島津共同講座

マトリックス支援レーザー脱離イオン化イメージング質量分析を用いたDrosophila melanogaster成虫脳内の神経伝達物質可視化法の開発
o
榎本陽介1Phan Nguyen Thuy An 1・山口政光2・福崎英一郎1・新間秀一
(1
阪大院工・ 2京工繊大院工芸

GC/MSイオン源のマトリクス効果の低減と疾患メタボロミクス用精度管理法の開発
o
古野正浩1 宿里ひとみ1 斎藤裕美1・大森一生2 山本裕一2・片上直人2・下村伊一郎2・福崎英一郎1,3
(1
阪大院工・ 2阪大院医・ 3AMED-CREST)

Non-targeted Metabolomics of Rice Koji with MALDI-IMS
oWIsman Adinda Putri1
・福崎英一郎1 新間秀一
(1
阪大院工

-------



日本薬学会第137年会
開催日:2017年3月24日-27日
会場:仙台国際センター・東北大学川内北キャンパス

(ポスター発表)
27PB-am005 カラムスイッチングを用いたキラルアミノ酸分析システムの検討 
○ 箕畑俊和1 , 宇野由紀1 ,渡辺 淳1 , 寺田英敏1 , 飯田順子1 ,中野洋介2 ,福崎英一郎2(1 島津製作所,2 大阪大院工) 
---


日本農芸化学会2017年度大会
開催日:2017年3月17日-20日
会場:ウェスティン都ホテル京都:京都女子大学

(口頭発表)
3A04a01 カラムスイッチングを用いたキラルアミノ酸分析システムの検討 
○ 渡辺 淳1 , 宇野由紀1 , 箕畑俊和1 , 寺田英敏1 , 飯田順子1 ,中野洋介2 ,福崎英一郎2(1 島津製作所,2 大阪大院工) 

3A04a02 食品中の D-アミノ酸分析に資する LC-MS/MS 法の開発
○ 中野洋介,紺屋 豊,谷口百優,福崎英一郎(阪大工)

3A04p10 固相誘導体化法を用いた黒コショウの GC/MS メタボローム解析手法 
○ 恩田浩幸1 , 杉立久仁代2 , 佐々野僚一3 , 松尾俊介3 , 佐川岳人1 ,福崎英一郎4( 1 エスビー食品,2 アジレント・テクノロ ジー,3 アイスティサイエンス,4 阪大院・工・生命先端)
---


学会名;BIOTECHNOLOGY AND CHEMISTRY FOR GREEN GROWTH (日独共同大学院プログラム)
開催日;2017年3月6-7日
会場;淡路夢舞台国際会議場

(Poster session)
Development of high-sensitive and rapid methods for chiral amino acid analysis
Yosuke Nakano1, Yutaka Konya1, Moyu Taniguchi1, Eiichiro Fukusaki1
(1.Osaka Univ.)

(Poster session)
Integrated strategy for unknown Electron impact – Mass spectrometry annotation using Quality Control calibration curve, multivariate analysis, EI-MS spectra database, and retention index prediction.
Teruko Matsuo1, Hiroshi Tsugawa1,2, Hiromi Miyagawa3, Eiichiro Fukusaki1,
(1. Osaka Univ., 2. RIKEN CSRS, 3. GL Science Co. Ltd.)

(Oral session)
Biotechnological 2,3-Butanediol Production – A step Towards Sustainable Fuel Production
Benedikt Heyman1, Teruko Matsuo2, Lars Regestein2, Eiichiro Fukusaki2, Jochen Buechs1
(1. RWTH Aachen Univ., 2. Osaka Univ.)
------


<2016年>

日本乳酸菌学会 2016年度秋期セミナー
開催日:2016年12月9日(金)
会場:明治大学・生田キャンパス中央校舎6Fメディアホール
テーマ:「乳酸菌・腸内細菌の多様性」
「メタボロミクスの精密表現型解析への応用」(招待講演)
大阪大学 福崎 英一郎
-----

日英クリニカル・トランスレーショナルリサーチ シンポジウム 2016
日時:2016年10月28日(金)13:00 – 17:00
場所:東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井カンファレンス
共催:駐日英国大使館、MRC-NIHR National Phenome Centre, Imperial College London
後援:東京大学大学院医学系研究科、東京大学医学部附属病院、東京大学トランスレーショナル・リサーチ・イニシアティブ(TR機構)、日本ウォーターズ株式会社
大阪大学大学院 工学研究科生命先端工学専攻 
教授 福崎英一郎 
Application of metabolic fingerprinting to high resolution phenotype analysis(招待講演)
------


第10回メタボロームシンポジウム (2016年10月19日~10月21日,鶴岡メタボロームキャンパス レクチャーホール)
10月19日 (水)
O-4 (口頭発表) 
農薬動態解析におけるイメージング質量分析の現状と課題
◦新間 秀一 (阪大院工)

O-5 (口頭発表)
メタボロミクスを基盤とした1-ブタノール生産微生物の改良
◦Sastia Prama Putri 1,大竹 利幸 1,Pontrelli Samuel 2,Liao James 2,福崎英一郎 1 (1阪大院工,2UCLA)

10月20日 (木)
O-8 (口頭発表)
LC/MSのインソースフラグメントによる化合物誤同定とその回避策
◦中山 泰宗 (崇城大生物生命,阪大院工)

O-13 (口頭発表)
GC/MSメタボローム解析の新技術
◦津川 裕司 (理研CSRS,阪大院工)

スイーツセミナー2 (株式会社島津製作所)
定性機用ソフトウェアMS-DIALと定量機用ソフトウェアMRM-PROBSを組み合わせた網羅的脂質解析
◦津川 裕司 (理研CSRS,阪大院工)

10月21日(金)
P-2 (ポスター発表)
ワイドターゲットメタボロミクスに資する同位体希釈定量法の開発
◦傳寳 雄大1,福崎英一郎1 (1阪大院工)

P-52 (ポスター発表)
LC-MS/MSおよびLCによるマウス糞便中の代謝物測定
◦服部 考成 12,岡 有香里 1,川名 修一 1,松本 光晴 3,早川 禎宏 1 (1島津製作所,2阪大院工,3協同乳業株式会社研究所)

P-62 (ポスター発表)
代謝動態解析を用いた酢酸菌の代謝プロファイリング
◦大西 直人1,傳寳 雄大1,貝沼 章子2,福崎英一郎1 (1阪大院工,2東農大生物化学)
-----


第68回 日本生物工学会大会
会期 2016年9月28日(水)~30日(金)
会場 富山国際会議場

1P-1p092 
固相誘導体化法を用いた黒コショウのGC/MS メタボローム解析
○恩田 浩幸 1, 杉立 久仁代 2, 佐々野 僚一 3, 松尾 俊介 3, 佐川 岳人1, 福﨑 英一郎 4
(1 エスビー食品, 2 アジレント・テクノロジー, 3 アイスティサイエンス, 4 阪大院・工・生命先端)

3P-1p082
メタボロミクスに基づくSaccharomyces cerevisiae の連続培養におけるエタノール生産の低減
○井村 誠 1, 岩切 亮 1, 馬場 健史 2,3, 福﨑 英一郎 3
(1 興人ライフサイエンス, 2 九大・生医研, 3 阪大院・工)

1P-2p187
イメージング質量顕微鏡の食品科学への応用
○新間 秀一(阪大院・工)

1P-1p086 
未熟練QDA パネリストによる官能評価値のフードメタボロミクスへの運用の提案
○冨尾 紋子 1, 早川 文代 2, 福﨑 英一郎 1
(1 阪大院・工・生命先端, 2 農研機構・食品研)

1P-2p169 
LC-TOFMS を用いた非誘導体化アミノ酸鏡像体の高速一斉分析法の開発
○紺屋 豊, 谷口 百優, 福﨑 英一郎(阪大院・工)

1P-2p170 
LC-TOFMS を用いたD, L-アミノ酸を含む生理活性アミン類の一斉分析法の開発
○谷口 百優, 紺屋 豊, 福﨑 英一郎(阪大院・工)

3P-1a088 
メタボロミクスによる大腸菌による1-ブタノール生産における重要因子の解明
○中島 広裕 1, Sastia Prama Putri 1, Liao James C. 2, 福﨑 英一郎 1
(1 阪大院・工, 2 Dept. Chem. Biomol. Eng., UCLA)

3P-1a089 
Rational and efficient selection of gene targets for strain improvement using metabolomics approach
○ Sastia Putri 1, Toshiyuki Ohtake 1, James C. Liao 2, Eiichiro Fukusaki 1
(1 Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 2 Dept. Chem. Biomol. Eng., UCLA)

3P-1a090 メタボローム解析を用いた大腸菌のバイオ燃料耐性関連物質の探索
○阿知和 弘樹, Theo Shao Thing, Sastia Prama Putri, 福﨑 英一郎
(阪大院・工・生命先端)

3P-1a094 
Metabolic profiling of Drosophila melanogaster metamorphosis
○Thuy An Phan Nguyen 1, Masamitsu Yamaguchi 2, Eiichiro Fukusaki 1
(1 Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 2 Sch. Sci. Technol., Kyoto Inst. Technol.)

3P-1a096 
D-アミノ酸の微量定量のためのLC-MS/MS 分析法の開発
○中野 洋介, 紺屋 豊, 谷口 百優, 福﨑 英一郎(阪大院・工)

-----

会議名:第89回日本生化学会大会
 時期: 2016年9月27日
 場所:仙台国際センター
「質量顕微鏡による生体分子のマルチモーダルイメージング」
新間秀一

------

会議名:AOHUPO2016
 時期: 2016年9月21日-23日
 場所:Sun Moon Lake, Taiwan
「Development of iMScope and Applications in Medical Field」
Shuichi Shimma

------

第12回 D-アミノ酸学会学術講演
2016年9月14日~15日
高知大学朝倉キャンパス メディアの森

(特別講演)
フードメタボロミクスにおけるD-アミノ酸プロファイリングの将来性(特別講演)(招待講演)
福崎英一郎

(一般講演)
LC-TOFMSを用いた非誘導体化アミノ酸鏡像体の高速一斉分析法の開発
紺屋豊,谷口百優,福崎英一郎

LC-TOFMSを用いたアミノ酸鏡像体を含むアミン類の高速一斉分析法の開発
谷口百優,紺屋豊,福崎英一郎

D-アミノ酸の微量定量のためのLC-MS/MS分析法の開発
中野洋介,紺屋豊,谷口百優,福崎英一郎

-----

会議名:第29回バイオメディカル分析化学シンポジウム
 時期:2016年9月3日
 場所:京都大学桂キャンパス
「組織内薬物分布可視化のためのイメージング質量分析 -試料前処理法と定量法の工夫-」新間秀一

-----

会議名:ALC15サテライトチュートリアル「SIMSと関連技術による化学イメージング」
 時期:2016年8月29日
 場所:成蹊大学
「みえないものを「みる」!質量顕微鏡の開発とその応用」新間秀一

-----

会議名:京都バイオ計測センターシンポジウム 食・ヘルスケアから未病診断への新しいバイオ計測
 時期:2016年8月2日
 場所:京都バイオ計測センター
「質量顕微鏡で薬物動態を「みる」!」新間秀一

-----

2016年6月27日(月)-6月30日(木)
12th International Conference of the Metabolomics Society(Metabolomics 2016)
The Convention Centre Dublin, Dublin, Ireland

P055
The development of compound annotation technique extended for conjugates.
Tairo Ogura 1, Takeshi Bamba 2, Akihiro Tai 1, Eiichiro Fukusaki 3
(1 Shimadzu Scientific Instruments, Inc., Japan, 2 Kyushu University, Japan, 3 Osaka University, Japan)

P076
Strain improvement of 1-butanol producing Escherichia coli: A metabolomics approach.
Sastia Putri 1, Toshiyuki Yamashita 1, Walter Lavina 1, Sammy Pontrelli 2, James Liao 2, Eiichiro Fukusaki 1,
(1, Osaka University, Japan, 2 UCLA, USA)

P251
Avoiding compound miss-annotation caused by MS in-source decay using data-independent acquisition
Yasumune Nakayama 1, Takeshi Bamba 2, Eiichiro Fukusaki 3
(1 Sojo University, Japan, 2 Kyushu University, Japan, 3 Osaka University, Japan)

P292
A data mining algorithm based on Random Sample Consensus (RANSAC) for the selection of metabolites relevant to strain improvement
Shao Thing Teoh 1, Sastia Putri 1, Yukio Mukai 2, Eiichiro Fukusaki 1
(1 Osaka University, Japan, 2 Nagahama Institute of Bio-Science and Technology, Japan)

P293
Novel high-throughput and widely-targeted LC-TOFMS method for D-amino acids Metabolomics
Yutaka Konya, Moyu Taniguchi, Eiichiro Fukusaki
(Osaka University, Japan)

P135
Microscopic MALDI-imaging mass spectrometry in intestinal tumors of Apc mutant mice using two-step matrix application
Shuichi Shimma 1, Satoko Osawa 1, Yasushi Kojima 2, Masahiro Aoki 2, Tomoyoshi Soga 3
(1 Osaka University, Japan; 2 Aichi Cancer Center, Japan; 3 Keio University, Japan, AMED-CREST collaboration)
-----


会議名: 第76回分析化学討論会
 時期: 2016年5月28日-29日
 場所:岐阜薬科大学、岐阜大学
「イメージング質量分析の医療への貢献」新間秀一

-----

会議名:第64回質量分析総合討論会 
時期:2016年5月18日-20日
場所:ホテル阪急エキスポパーク 

ワークショップ:医療機器としての質量分析計:その歩みと未来への展望
オーガナイザー:竹田扇(山梨大)/新間秀一(阪大)
「医学・薬学応用におけるイメージング質量分析の手法標準化」新間秀一

ランチョンセミナー:
iMScopeを用いたイメージング質量分析 -試料前処理法の工夫とその効果-
o新間秀一(阪大院工)

マトリックス支援レーザー脱離イオン化イメージング質量分析を用いた生体内プロスタグランジン可視化のための試料前処理法の開発
o安田優太郎1・ 杉浦悠毅2・ 東達也3・ 福崎英一郎1・ 新間秀一1
(1阪大院工・ 2慶大医・ 3東理大薬)

ワイドターゲットメタボローム分析による酵母システイン代謝推定生合成遺伝子の機能解析
o中谷航太1・ 和泉自泰1,2・ 馬場健史1,2・ Soontorngun, Nitnipa3・ 向由起夫4・ 福崎英一郎1
(1阪大工・ 2九大生医研・ 3King Mongkut's Univ. of Technology Thonburi・ 4長浜バイオ大学)

イメージング質量顕微鏡を用いたSolanum lycopersicum中におけるイミダクロプリドの浸透移行経路可視化法の確立
o角倉早紀1・ 岡澤敦司2・ 西脇寿3・ 福崎英一郎1・ 新間秀一1
(1阪大院工・ 2阪府大院生命環境・ 3愛媛大農)
優秀プレゼンテーション賞受賞

-----


 [KSBB]Spring Meeting and International Symposium
Session title: Metabolic Engineering for the Development of Genetic Tool Boxes towards C1 Gas Refinery
April 22, 2016, 13:30-1510 (Room 101)
[SBJ Invited Speech]
Eiichiro FUKUSAKI
Application of Metabolomics to High Resolution Phenotype Analysis
-----


KoMets 2016: Korea Metabolomics Society 4th Annual Meeting
2016/04/07, at Konkuk University New Millennium Hall
[Keynote Speech]
Eiichiro FUKUSAKI
Application of Metabolomics to High Resolution Phenotype Analysis
-----




会議名: マルチモーダルバイオイメージセンサ研究会 平成27年度第3回研究会
 時期: 2016年3月25日
 場所: 島津製作所 京都本社
「みえないものを「みる」!質量顕微鏡(iMScope)の開発とその応用」
新間秀一

-----
会議名: AMED-DFG Research Workshop: "Metabolic Imaging"
 時期: 2016年3月21日-22日
 場所: Tübingen, Germany
「Importance of sample preparations in imaging mass spectrometry -Can expensive instruments cover everything?-」
Shuichi Shimma

-----
会議名: Pittcon 2016 Conference and Expo
時期: 2016年3月7日-10日
場所: Atlanta, GA, USA
「Development of mass microscope and applications in clinical pharmacology」
Shuichi Shimma

-----


CRESTシンポジウム
「トランスオミクスによる生命システムの解明」
場所:東大本郷キャンパス、福武ホールラーニングシアター
時期:平成28年 3月3日(木)
[招待講演]
福崎 英一郎 (阪大)
メタボロミクスの精密表現型解析への応用
-----


2016年2月3日(水)
武庫川女子大学栄養科学研究所第7回セミナー
「メタボロミクスの食品機能解析への応用」福崎英一郎
http://www.mukogawa-u.ac.jp/~rins/for01/seminar.html

-----

<2015年>

第67回 日本生物工学会大会 (2015年10月26日~28日, 城山観光ホテル) 
10月26日(月)
・学会賞受賞
第9回 生物工学功績賞
福崎英一郎 (阪大院・工)
「メタボロミクスの技術開発と精密表現型解析への応用」

第23回 生物工学論文賞
三村奈津紀1*・磯谷 敦子2・岩下 和裕2・馬場 健史1**・福﨑英一郎1
(1 大阪大学,2 酒類総合研究所,* 現,住友化学,** 現,九州大学)
Gas chromatography/mass spectrometry based component profiling and quality prediction for Japanese sake (JBB, Vol. 118, No. 4, 406, 2014)

・ポスター発表
1P-115 藍藻におけるTCA サイクルの動態代謝プロファイリング技術の開発
○傳寳 雄大 1, 中山 泰宗 2, 福﨑 英一郎 1(1阪大院・工, 2崇城大・生物生命)

1P-116 遺伝子機能推定における代謝ターンオーバー解析の性能評価
○松永 光平 1, 傳寳 雄大 1, 中山 泰宗 1,2, 向 由起夫 3, 福﨑 英一郎 1
(1阪大院・工, 2崇城大・生物生命, 3長浜バイオ大・バイオ)

1P-117 メタボロミクスに基づく酢酸菌Acetobacter pasteurianus のグルコース代謝の解明
○深水 大樹 1, 傳寳 雄大 1, 中山 泰宗 1,2, 石川 森夫 3, 貝沼(岡本) 章子 3, 福﨑 英一郎 1
(1阪大院・工, 2崇城大・生物生命, 3東農大・応生科)

1P-118 Metabolic profiling of Drosophila melanogaster metamorphosis
○Thuy An Phan Nguyen1, Masamitsu Yamaguchi2, Takeshi Bamba1, Eiichiro Fukusaki1
(1Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 2Sch. Sci. Technol., Kyoto Inst. Technol.)

1P-119 肺がん患者呼気中成分プロファイリングに基づく投薬効果評価法の開発
○藤本 浩史 1, 木田 博 2, 福﨑 英一郎 1, 馬場 健史 1,3
(1阪大院・工, 2阪大院・医, 3九大・生体防御医学研)

1P-120 油糧糸状菌 Mortierella alpina のメタボローム解析
○和泉 自泰 1,2, 安藤 晃規 3,4, 阪本 鷹行 5, 光永 均 2, 中尾 素直 1, 岸野 重信 4, 福﨑 英一郎 2, 櫻谷 英治 5, 島 純 6, 小川 順 3,4, 馬場 健史 1,2
(1九大・生医研, 2阪大院・工, 3京大・生理化学, 4京大院・農, 5徳島大院・ソシオ, 6龍谷大・農)

1P-258 イメージング質量分析法の医薬品における手法標準化
○新間 秀一(阪大院・工)

1P-261 超臨界流体クロマトグラフィー三連四重極型質量分析による残留農薬の高感度迅速一斉分析法の開発
和泉 自泰 1,2, 中尾 素直 1, 福﨑 英一郎 2, ○馬場 健史 1,2
(1九大・生医研, 2阪大院・工)

1P-263 残留農薬分析に資する新規スプリット方式オンライン超臨界流体抽出クロマトグラフシステムの開発
○酒井 美穂 1,2, 安部 秋晴 2, 市来 弥生 3, 寺田 英敏 4, 服部 考成 4, 舟田 康裕 4, 和泉 自泰 5, 安藤 孝 2, 福﨑 英一郎 1, 馬場 健史 1,5
(1阪大院・工, 2宮崎農試, 3宮崎産振機構, 4島津製作所, 5九大・生医研)

10月27日(火)
・ポスター発表
2P-134 メタボロミクス技術を用いた醤油醸造期間中の成分変化に関する研究
○原田 里紗 1, 柚木 雅信 2, 志賀 一樹 1,2, 馬場 健史 1,3, 福﨑 英一郎 1
(1阪大院・工, 2キッコーマン, 3九大院・生医研)
-----



第9回メタボロームシンポジウム(2015年9月30日~10月2日,三島市民文化会館)
9月30日(水)
ランチョンセミナー(株式会社島津製作所)
メタボロミクスの食品・生薬研究への応用
○福崎 英一郎 (阪大院工)

O-04(口頭発表)
MS-DIALプログラムを用いたリポクオリティ解析とデータベースへの連携
○津川 裕司 (理研CSRS,阪大院工)

10月1日(木)
ランチョンセミナー(株式会社エービー・サイエックス)
SWATH®とMS-DIALプログラムによる生体内低分子代謝物の網羅的プロファイリング
○津川 裕司 (理研CSRS,阪大院工)

P-41(ポスター発表)
オンライン超臨界流体抽出-超臨界流体クロマトグラフィー質量分析を用いた血中脂溶性ビタミン類の高感度分析手法の開発
上野 真菜子1,和泉 自泰1,2,舟田 康裕3,岩田 庸助3,冨田 眞巳3,福崎 英一郎1,○馬場 健史1,2 (1阪大院工,2九大生医研,3島津製作所)

P-44(ポスター発表)
メタボロミクスの定量的議論に資するGC/MSライブラリの構築
○宮川 浩美1,松尾 晃子2,津川 裕司2,3,安藤 晶1,古野 正浩1,馬場 健史2,4,福崎 英一郎2 (1ジーエルサイエンス,2阪大院工,3理研CSRS,4九大生医研)

P-45(ポスター発表)
GC/MS基盤メタボローム分析に資する固相誘導体化法の検討
○大﨑 秀介1,松本 明弘1,佐々野 僚一2,馬場 健史3,山下 俊幸4,福﨑 英一郎4 (1和歌山県工技セ,2アイスティサイエンス,3九大生医研,4阪大院工)

P-51(ポスター発表)
心筋梗塞自然発症モデルウサギにおける血漿リポタンパク質粒子のリピドーム解析法の開発
○竹田 浩章1,和泉 自泰1,2,富田 淳美3,小池 智也4,塩見 雅志4,松田 史生3,福崎 英一郎2,馬場 健史1,2 (1九大生医研 2阪大院工 3阪大院情報 4神大医)

P-53(ポスター発表)
クロマトグラフィー質量分析を用いた一次代謝産物一斉分析法の検討
○傳寳 雄大,福崎 英一郎 (阪大院)

10月2日(金)
O-41(口頭発表)
油糧微生物 Mortierella alpinaのメタボローム解析
○和泉 自泰1,2,安藤 晃規3,4,阪本 鷹行5,光永 均2,中尾 素直1,岸野 重信4,福崎 英一郎2,櫻谷 英治5,島 純6,小川 順3,4,馬場 健史1,2 (1九大生医研,2阪大院工,3京大生理化学,4京大院農,5徳島大院ソシオ,6龍谷大農)

O-43(口頭発表)
トマトジュースにおける,メタボローム解析技術に基づく成分プロファイリングからの官能評価項目の予測モデル構築 ~~可能性と留意点~~
○冨尾 紋子1,小幡 明雄2,小田切 雄司2,飯島 陽子3,安藤 聡4,大橋 由明5,阿部 淳二5,中川 博之6,松尾 洋輔6,亀山 眞由美6,馬場 健史1,7,福崎 英一郎1 (1阪大院工,2キッコーマン,3神奈川工,4野茶研,5HMT,6食総研,7九大生医研)

O-53(口頭発表)
ノンターゲットメタボローム解析に資する保持指標予測モデルの未同定化合物構造推定への応用
○松尾 晃子1,宮川 浩美2,津川 裕司1,3,新間 秀一1,馬場 健史1,4,福崎 英一郎1 (1阪大院工,2ジーエルサイエンス,3理研CSRS,4九大生医研 )

O-54(口頭発表)
マスシフト則を適用することによる自動MS/MS生成および未知化合物の同定戦略
○津川 裕司1,2,Tobias Kind3,中林 亮1,行平 大地4,斉藤 和季1,5,Oliver Fiehn3,有田正規1,6  (1理研CSRS,2阪大院工,3UCDavis,4Reifycs,5千葉大院,6遺伝研) 

O-61(口頭発表)
イメージング質量分析の臨床薬理学での活用
○新間 秀一 (阪大院工)

O-62(口頭発表)
超臨界流体クロマトグラフィーにおける脂質分子種の保持時間予測に基づくワイドターゲットリピドミクスシステムの開発
○山田 貴之1,和泉 自泰1,2,津川 裕司1,3,福崎 英一郎1,馬場 健史1,2 (1阪大院工,2九大生医研,3理研CSRS)

O-64(口頭発表)
GC/MS基盤メタボローム分析に資する固相誘導体化法の応用
○佐々野 僚一1,大﨑 秀介2,松本 明弘2,馬場 健史3,山下 俊幸4,福﨑 英一郎4  (1アイスティサイエンス,2和歌山県工技セ,3九大生医研,4阪大院工)
------


2015年9月1日(火)~9月2日(水)
Aachen-Osaka Joint Symposium "Biological and Chemical Methods for Selective Catalysis" , RWTH Aachen, Germany

”Metabolomic Approach for Improving Ethanol Stress Tolerance in Saccharomyces cerevisiae ”
○Eiichiro Fukusaki 1
(1 Osaka University, Osaka, Japan)

”Stable Isotope-Assisted Analysis for Cyanobacterial TCA Cycle by Integrating Multiple Analytical Systems”
○Yudai Dempo 1, Yasumume Nakayama 2, Eiichiro Fukusaki 1
(1  Osaka University, Osaka, Japan2 Sojo University, Kumamoto, Japan)

”Metanolic Profiling of Drosophila melanogaster Metamorphosis ”
○Phan Nguyen Thuy An 1, Masamitsu Yamaguchi 2, Eiichiro Fukusaki 1
(1  Osaka University, Osaka, Japan2 Kyoto Institute of Technology, Kyoto, Japan)

”Metabolomics-Based Investigation of Component Changes in Soy Sauce Fermantation ”
○Risa Harada 1, Masanobu Yuzuki 2, kazuki Shiga 1, 2, Takeshi Bamba 1, 3 ,Eiichiro Fukusaki 1)
(1  Osaka University, Osaka, Japan2 Kikkoman, Chiba, Japan, 3 Kyusyu University, Fukuoka, Japan)
-----


2015年8月28日
ASIA BIOMEDICAL RESEARCH SYMPOSIUM 2015 
I23 Hall, University of Science, VNU-HCM
Metabolic profiling of Drosophila melanogaster metamorphosis”
Eiichiro FUKUSAKI
-----



日本食品工学会 第16回(2015年度)年次大会
会期:平成27年8月10日 (月),11日(火)
会場:広島市立大学
2A6-09 メタボロミクスによるコーヒー豆の化学成分の解析
(味の素ゼネラルフーヅ㈱,*九大生医研,**阪大院工 〇橋本高志,尾崎和人,藤井繁佳,
井村直人,馬場健史*,福崎英一郎**)
http://www.jsfe.jp/academic/taikai1502.pdf

-----

平成27年6月29日(月)~7月2日(木)
11th International Conference of the Metabolomics Society(Metabolomics2015)
Hyatt Regency San Francisco Airport, San Francisco Bay Area, California, USA

P067 Metabolomics based exhaustive profiling of Japanese Soy Sauce revealed the significant involvement of dipeptides on slight taste differences
○Takeshi Bamba1, Shinya Yamamoto2, Kazuki Shiga3, Yukako Kodama3, Miho Imamura3, Riichiro Uchida3, Akio Obata3, Eiichiro Fukusaki1
(1Osaka University, Osaka, JP,2Agilent Technologies Japan, Hachijoji, JP,3Kikkoman Co, Noda, JP)

P408 Development of in-SPE derivatization method for GC-MS metabolome analysis
○Ryoichi Sasano1, Yoko Kojima1, Shusuke Osaki2, Yoshie Tanaka2, Akihiro Matsumoto2, Toshiyuki Yamashita3, Takeshi Bamba4, Eiichiro Fukusaki3
(1AiSTI SCIECE co., Ltd., Wakayama, JP,2Industrial Technology Center of Wakayama prefecture, Wakayama, JP,3Osaka University, Osaka, JP,4Kyusyu University, Fukuoka, JP)

P468 Metabolic profiling of Drosophila melanogaster metamorphosis
○Thuy An Phan Nguyen1, Masamitsu Yamaguchi2, Takeshi Bamba1, Eiichiro Fukusaki1
(1Osaka University, Osaka, JP,2Kyoto Institute of Technology, Kyoto, JP)

P486 Stable isotope-assisted analysis for cyanobacterial TCA cycle by integrating multiple analytical systems
○Yudai Dempo1, Yasumune Nakayama1, Takeshi Bamba1, Eiichiro Fukusaki1
(1Osaka University, Osaka, JP)

P495 Metabolomics-driven identification of the rate limiting steps in transgenic Escherichia coli 1- butanol production
○Sastia Putri1, Toshiyuki Ohtake1, James Liao2, Eiichiro Fukusaki1
(1Osaka University, Osaka, JP,2 UC Los Angeles, Los Angeles, California, US)

P496 New insights on the 1-butanol-producing pathway in transgenic cyanobacteria using quantitative target analysis and kinetic profiling
○Walter Lavina1, Shingo Noguchi1, Sastia Putri1, Ethan Lan2, Yudai Dempo1, James Liao2, Eiichiro Fukusaki1
(1Osaka University, Osaka, JP,2 UC Los Angeles, Los Angeles, California, US)
----------

第63回質量分析総合討論会 (2015年6月17日~19日,つくば国際会議場)
2A-AW-1645 (受賞講演)
超臨界流体クロマトグラフィー質量分析を用いた代謝プロファイリング
○馬場 健史
(九大生医研,阪大院工)

3B-O1-0950 (基調講演)
メタボロミクスの基盤技術:技術開発の現状と今後の課題
○馬場 健史
(九大生医研,阪大院工)

3C-L-1230 (ランチョンセミナー)
超臨界流体抽出分離オンラインシステムによるハイスループット超分離時代の到来と将来展望
馬場 健史1,2,尾島 典行3
(1九大生医研,2阪大院工,3島津)

1P-39 (ポスター発表)
心筋梗塞自然発症モデルウサギにおける血漿リポプロテイン画分のリピドーム解析
○竹田 浩章1,小池 智也2,和泉 自泰1,3,山田 貴之3,吉田 優2,塩見 雅志2,福崎 英一郎3,馬場 健史1,3
(1九大生医研,2神大院医,3阪大院工)

1P-41 (ポスター発表)
超臨界流体クロマトグラフィータンデム質量分析による残留農薬の高感度迅速一斉分析法の開発
○和泉 自泰1,2,福崎 英一郎2,馬場 健史1,2
(1九大生医研,2阪大院工)

2P-39 (ポスター発表)
ノンターゲットメタボロミクスにおける抱合体の化合物推定方法
○小倉 泰郎1,田井 章博2,馬場 健史3,4,福崎 英一郎4
(1島津,2県広大生命環境,3九大生医研,4阪大院工)

3P-23 (ポスター発表)
医薬品におけるイメージング質量分析の手法標準化にむけて
○新間 秀一
(阪大院工)

3P-39 (ポスター発表)
GC/MSによる定量メタボロミクスに向けたマトリックス効果の検討
○宮川 浩美1,湯面 郁子2,鈴木 智志1,津川 裕司2,3,古野 正浩1,馬場 健史2,4,福崎 英一郎2
(1ジーエルサイエンス,2阪大院工,3理研CSRS,4九大生医研)
--------


日本農芸化学会2015年度大会
2015年3月27日
2B33a09  カルビン回路の新機能:通性独立栄養細菌  Ralstonia eutropha における糖質由来脱炭酸炭素の固定とポリ(3-ヒドロキシブタン酸)生合成への再利用
清水理恵 1 , 傳寳雄大 2 , 中山泰宗 2 , 馬場健史 2 ,中村 聡 1 ,福崎英一郎 2 , ○ 福居俊昭 1 
( 1 東工大院生命理工, 2 阪大院工)

2015年3月28日
3A37a07 酵母に含まれる代謝物マーカー探索における GC-MS法と GC-MS/MS 法の比較
坂井健朗 1 , 川名修一 1 , 飯田順子 1 , 馬場健史 2 ,
福崎英一郎 2 ( 1 島津製作所, 2 大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻)

3A37a08 Metabolome analysis revealed the effect of carbon catabolite repression to poly (γ-glutamic acid) biosynthesis in Bacillus licheniformis
○ HITOSHI MITSUNAGA 1 , LENA MEISSNER 2 ,THOMAS PALMEN 2 ,TAKESHI BAMBA 1 ,JOCHEN BUECHS 2 ,EIICHIRO FUKUSAKI 1 
( 1 Dept.Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.,  2 AVT-Biochem. Eng., RWTH Aachen Univ.)

3C25a06 固相上誘導体化法を用いた GC/MS メタボローム解析手法の開発
 ○ 馬場健史 1 , 佐々野僚一 2 , 山下俊幸 1 , 福崎英一郎 1  
( 1 阪大院・工・生命先端,2 アイスティサイエンス)

3C25a07 超臨界流体クロマトグラフィータンデム質量分析による残留農薬の高感度迅速一斉分析
○ 和泉自泰 1 , 高橋政友 1,2 , 石橋愛実 1 , 酒井美穂 1,2 ,安藤 孝 2 ,福崎英一郎 1 ,馬場健史 1 
( 1 大阪大院工・生命先端,2 宮崎農試)

3F28p04 フーリエ変換型近赤外分光法による清酒の精米歩合予測モデルの構築
○ 福田泰弘 1,2 , 磯谷敦子 1,3 , 岩下和裕 1,3 , 馬場健史 1,2 ,福崎英一郎 1,2 
( 1 日本農芸化学会, 2 大阪大工, 3 酒類総合研究所)

2015年3月29日
4SY19-4 食品の安全を守るメタボロミクス    -超臨界流体テクノロジーの残留農薬分析への応用 
Metabolomics for food safety    -Application of supercritical fluid technologies to pesticide residue 
analysis 
○馬場  健史  (阪大院・工・生命先端) 
○Takeshi BAMBA (Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.) 

10th and 11th March, 2015, Osaka
BIOTECHNOLOGY AND CHEMISTRY FOR GREEN GROWTH
"Metabolome Analysis Revealed the Effect of Carbon Catabolite Repression on Poly(γ-glutamic acid) Biosynthesis inBacillus licheniformis"
◯Hitoshi MITSUNAGA1, Lena MEISSNER2, Thomas PALMEN2, Takeshi BAMBA1, Jochen BÜCHS2 and Eiichiro FUKUSAKI1
(1 Dept.Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 2 AVT-Biochem. Eng.,RWTH Aachen Univ.)
-----

2015年3月26日 日本薬学会 第135回年会(神戸)
シンポジウム メタボローム新技術が切り拓くこれからの薬学研究
「メタボリックプロファイリングの生薬品質評価への応用」(招待)
福崎英一郎
------


2015年2月6日
第9回大阪大学フロンティア産業バイオシンポジウム
生物工学のフロンティア―共同研究講座を通した産業界との連携―
「メタボロミクスの精密表現型解析への応用
Application of metabolomics to high resolution phenotype analysis」
福崎英一郎
http://www.bio.eng.osaka-u.ac.jp/images/frontier_bio2015

 -----


2015年1月29日 於,政策研究大学院大学
みやざきフードリサーチフォーラム2015 in東京
基調講演 「メタボロミクスの食品・生薬機能解析への応用」(招待)
福崎英一郎


2015年1月27日,於 九州大学医学部百年講堂
先端融合医療レドックスナビ研究拠点若手研究者主催シンポジウム
特別講演 「最先端のメタボロミクス研究の現状と臨床応用への展望」(招待)
メタボロミクスの精密表現型解析への応用
福崎英一郎



<2014年>

2014/11/20  at National University of Singapore
MERLION Metabolomics Workshop Singapore 2014
Keynote 
Application of metabolic fingerprinting for food quality assessments.
Eiichiro Fukusaki


2014年11月18日,御茶ノ水ソラシティーカンファランスセンター
島津2014セミナー「メタボロミクスを拓く」
(招待講演)「メタボロミクスの精密表現型解析への応用」
福崎英一郎


2014年11月10日,千里ライフサイエンスセンター5Fライフホール
島津2014セミナー「メタボロミクスを拓く」
(招待講演)「メタボロミクスの精密表現型解析への応用」
福崎英一郎


日本生化学会2014,京都国際会議場
日本生化学会,2014年10月16日
[2P-167]α,β-不飽和カルボニル基を標的としたプロスタグランジン硫酸化反応に関する研究
○黒木 勝久1, 榊原 陽一1, 角田 佳充2,3, 馬場 健史4, 福崎 英一郎4, Liu Ming-Cheh5, 木村 誠2,3, 水光 正仁1(1.宮崎大・農・応生, 2.九大院・システム生命, 3.九大院・農・生物機能, 4.阪大院・工・生命先端工, 5.トレド大・薬)


日本生化学会,2014年10月18日
[4P-271]核局在する代謝酵素トランスアルドラーゼの機能解明
○田中 秀1, 中山 泰宗2, 馬場 健史2, 岡 正啓1,3, 福崎 英一郎2, 米田 悦啓1,3,4(1.阪大・生命機能, 2.大阪大学大学院 工学研究科 生命先端工学専攻, 3.独立行政法人 医薬基盤研究所 創薬基盤研究部, 4.大阪大学大学院 医学研究科 生化学専攻)


2014年10月16~17日,愛知県国際会議場
第19回 高分子分析討論会
I-05 SFC/MSによるフェノール樹脂の分析
○八坂栄次,田口歌織,福崎英一郎,馬場健史,津田五輪夫(荒川化学工業,阪大院工)


2014年9月9日~11日,札幌コンベンションセンター
第66回 日本生物工学会大会 

9月11日
シンポジウム(生物工学のための実践メタボロミクス̶メタボロームデータを採る,読む,使う̶)
3S-Ca02
GC/MS を用いたメタボロミクス研究のワークフロー(口頭発表)
津川 裕司(理研 CSRS)

3S-Ca04
実践脂質メタボロミクス (口頭発表)
馬場 健史(阪大院・工・生命先端・生工)

ポスターセッション(9月11日)
3P-046
ハイグロマイシン B の作用機構の解明を志向したメタボローム解析
長澤 由美子 1, 橋爪 秀樹 2, 石崎 仁將 2, 馬場 健史 1, 福﨑 英一郎 1(1 阪大院・工・生命先端・生工 , 2 微化研)

3P-047
1- ブタノール生産組換え大腸菌の代謝物プロファイリング
大竹 利幸 1 , Sastia Prama Putri 1 , Liao James 2, 馬場 健史 1, 福崎 英一郎 1(1 阪大院・工・生命先端・生工 , 2 Dept. Chem. Biomol. Eng., UCLA)

3P-048
Dual-pathway によるシナジーの代謝ターンオーバー解析
Sastia Putri 1, 中山 泰宗 1 , Liao James 2, 馬場 健史 1, 福崎 英一郎 1(1 阪大院・工・生命先端・生工 , 2 Dept. Chem. Biomol. Eng., UCLA)

3P-049
微生物培養液フットプリンティングのための GC/MS メタボローム分析手法の構築
宮川 浩美 1, 安藤 晶 1, 古野 正浩 1, 馬場 健史 2, 福崎 英一郎 2(1 ジーエルサイエンス , 2 阪大院・工・生命先端・生工)

3P-050
MRMDIFFER:Multiple reaction monitoring を用いたパターン認識のためのデータ解析ソフトウェアの開発
大田 恵里佳 1, 津川 裕司 1,2, 和泉 自泰 1, 金澤 光洋 3, 萩原 淳 3, 馬場 健史 1, 有田 正規 2,4, 福崎 英一郎 1(1 阪大院・工・生命先端・生工 , 2 理研・CSRS, 3 ライフィクス , 4 国立遺伝研・DDBJ 研究セ)

3P-051
オンライン超臨界流体抽出 - 超臨界流体クロマトグラフィー / 質量分析を用いた脂溶性ビタミンの一斉分析系の構築
上野 真菜子 , 和泉 自泰 , 福崎 英一郎 , 馬場 健史(阪大院・工・生命先端・生工)

3P-052
Unified chromatography を用いたビタミンの一斉分析
田口 歌織 , 福崎 英一郎 , 馬場 健史(阪大院・工・生命先端・生工)

3P-053
高脂肪食マウスを対象とした脂質メタボローム解析
山田 貴之 1, 和泉 自泰 1, 西海 信 2, 吉田 優 2, 福崎 英一郎 1, 馬場 健史 1(1 阪大院・工・生命先端・生工 , 2 神大院・医・消化器)

3P-054
食用油脂中の 3-MCPD 脂肪酸エステル分析における超臨界流体クロマトグラフィー質量分析の適用
堀 遂人 1,2, 松原 惇起 1, 内方 崇人 1, 津村 和伸 2, 福崎 英一郎 1, 馬場 健史 1(1 阪大院・工・生命先端・生工 , 2 不二製油)
-----



International Research Training Program "Selectivity in Chemo- and Biocatalysis"
Aachen-Osaka Joint Symposium
September, 3rd - 5th, 2014, Aachen, Germany"Principle and Application of Stable Isotope Dilution Based Metabolic Turnover Analysis"
◯Eiichiro FUKUSAKI1
(1 Dept.Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ)

"Metabolome Analysis Revealed the Effect of Carbon Catabolite Repression on Poly (γ-glutamic) Acid Biosynthesis in Bacillus licheniformis"
◯Hitoshi MITSUNAGA1, Lena MEISSNER2, Thomas PALMEN2, Takeshi BAMBA1, Jochen BÜCHS2 and Eiichiro FUKUSAKI1
(1 Dept.Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 2 AVT-Biochem. Eng.,RWTH Aachen Univ.)
-----


2014年8月29日,ベルサール神田
日本化学工業協会 新LRI第2期研究報告会
メタボリックプロファイリングによる化学物質の内分泌かく乱作用in vitro評価系の開発(シンポジウム,ポスター発表)
○馬場健史,山下俊幸,奥野将司,福崎英一郎(大阪大学大学院工学研究科)
---


2014年08月28日
HMTセミナー「食品機能性研究におけるメタボロミクスの有用性」(AP大阪梅田茶屋町)
メタボロミクスの食品品質予測への応用(招待)
福崎英一郎
---


2014年8月6日~7日,京都工芸繊維大学
JSPS Core-to-Core Program Seminar on Asia Insect Biomedical Research

"Application of metabolomics to high resolution phenotype analysis"
Eiichiro Fukusaki  (Invited oral)

"Metabolome Analysis of Drosophila melanogaster during Embryogenesis"
Phan Nguyen Thuy An, Masamitsu Yamaguchi, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki
----



2014年7月2~4日,神戸コンベンションセンター
第41回 日本毒性学会学術年会

P-170 H295R細胞培養培地上清中における17β-EstradiolおよびTestosteroneのオンライン誘導体化LC-GC/MS測定
○佐々野 僚一1, 山下 俊幸2, 奥野 将司2, 内田 滋1, 福崎 英一郎2, 馬場 健史2
1株式会社アイスティサイエンス, 2大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻

P-171 ステロイドプロファイリングによる内分泌かく乱作用in vitroスクリーニング系の開発
○馬場 健史, 奥野 将司, 山下 俊幸, 福崎 英一郎
大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻
------


Metabolomics 2014, Tsuruoka, 2014/6/23~26
14/6/23 Workshop Dai-ichi Tsuru
Early-career Member Network of Metabolomics Society
1P-D4“How to be a good hunter of a research grant"
Eiichiro Fukusaki

2014/6/23 Workshop Marica Hall
Metabolomics Measurement technology and application.
1A-M3 Metabolomics as a tool for ranking of targets for strain improvement
Sastia Putri

2014/6/24 Poster session Marica East
P74 Metabolic and molecular dissection of bulk RNA degradation via autophagy in yeast.
Hanghang Huang, Tomoko Kawamata, Hiroshi Tsugawa, Yasumune Nakayama, Takeshi Bamba, Yoshinori Ohsumi, Eiichiro Fukusaki

P75 Investigation of component changes in soy sauce resulted from microbial activities during fermentation using metabolome analysis.
Risa Harada, Nasanobu Yuzuki, Kazuki Shiga, Kenichiro Matsushima, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

P76 Metabolic characterization of three cyanobacterial strains by molar-based metabolic profiling.
Yudai Dempo, Erika Ohta, Yasumune Nakayama, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

2014/6/24 Poster Session Daiichi Ho-Oh
P107 Prediction of the coffee blend mixing ratio by GC-MS-based metabolomics and its application to the authentication protocol for Kopi Luwak.
Udi Jumhawan, Sastia Prama Putri, Yusianto Yusianto, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

P110 Metabolic profiling and turnover analysis reveal the importance of synergy between two pathways for 1-propanol production in Escherichia coli.
Sastia Prama Putri, Yasumune Nakayama, Claire Shen, James C Liao, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

P113 Metabolome analysis of the poly (gamma-glutamic acid) producing bacteria, Bacillus licheniformis.
Hitoshi Mitsunaga, Lena Meissner, Thomas Palmen, Takeshi Bamba, Lars M. Blank, Jochen Buechs, Eiichiro Fukusaki

P157 High-throughput and high-resolution lipidomics platform using supercritical fluid chromatography coupled to Orbitrap mass spectrometry.
Takayuki Yamada, Yoshihiro Izumi, Shigeru Sakamoto, Yasuto Yokoi, Eiichiro Fukusaki, Takeshi Bamba

P158 A new integration method for metabolome analysis.
Teruko Matsuo, Yumiko Nagasawa, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

2014/6/25 Oral Session Marica East
3A-M8 Metabolomics analysis of Drosophila melanogaster during embryogenesis
Thuy An Phan Nguyen, Masamitsu Yamaguchi, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

2014/6/25 Poster Session Marica East
P219 Distinctive sugar metabolism in root parasitic weeds as a novel target for their selective control.
Takatoshi Wakabayashi, Shuhei Yasumoto, Tomoyoshi Akashi, Toshio Aoki, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki, Toshiya Muranaka, Yukihiro Sugimoto, Atsushi Okazawa

P231 Method development of GC/MS-based metabolome analyses for sweet fruits.
Hiromi Miyagawa, Kazuhiko Yamasaki, Masahiro Furuno, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

2014/6/25 Poster Session Daiichi Ho-Oh
P309 Targeted metabolic profiling of acyl-CoA compounds of 1-butanol-producing cyanobacteria Synechococcus elongatus.
Shingo Noguchi, Sastia Prama Putri, Ethan I Lan, James C Liao, Takeshi, Bamba, Eiichiro Fukusaki

2014/6/25 Oral Session Daiichi Tsuru
3P-D1 Construction of a metabolome library for transcription factor-related single gene mutants of Saccharomyces cerevisiae
Zanariah Hashim, Shao Thing Teoh, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki.

3P-D2 Metabolomics-based semi-rational identification of gene targets conferring 1-butanol tolerance in Saccharomyces cerevisiae
Shao Thing Teoh, Sastia Prama Putri, Yukio Mukai, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki-----
62nd ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics (Baltimore Convention Center, Baltimore, MD, USA) 

Poster 613
Development of compound identification technique for conjugated unknown compounds using ion trap time-of-flight mass spectrometry
Tairo Ogura1,2, Akihiro Tai3, Takeshi Bamba2, Eiichiro Fukusaki2
1 Shimadzu corporation, Kyoto, JAPAN, 2 Osaka University, Osaka, JAPAN, 3 Prefectural University of Hiroshima, Hiroshima, JAPAN

Poster 283
Profiling of regioisomeric tryacylglycerols in edible oils by supercritical fluid chromatography/tandem mass spectrometry
Takeshi Bamba1, Jae Won Lee1, Toshiharu Nagai2, Naohiro Gotoh3, Eiichiro Fukusaki1
1 Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., Suita, JAPAN, 2 Tsukishima Foods Industry Co., Ltd, Tokyo, JAPAN, 3 Dept. Food Sci. Tech., Tokyo University of Marine, Tokyo, JAPAN 

Poster 375
Lipidome analysis of plasma, livers, and adipose tissues in high-fat-diet-fed mice using supercritical fluid chromatography coupled to high-resolution mass spectrometry
Takayuki Yamada1, Yoshihiro Izumi1, Shin Nishiumi2, Masaru Yoshida2, Eiichiro Fukusaki1, Takeshi Bamba1
1 Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., Suita, JAPAN
2 Div. Gastro., Kobe Univ. Grad. Sch. Med., Kobe, JAPAN

Poster 378
Supercritical fluid chromatography coupled to mass spectrometry for comprehensive bile acid profiling
Kaori Taguchi1, Eiichiro Fukusaki1, Takeshi Bamba1
1 Graduate school of engineering, Osaka university, Suita, JAPAN
-----




2014年6月17日(火)
“未来へのバイオ技術”勉強会「美味しさとは何か」
「メタボロミクスの食品二次機能解析への応用」福崎英一郎
http://www.jba.or.jp/pc/activitie/tip_biotechnology/info/001342.html

----- 


2014年6月14日(土)
JSPSシンポジウム 日本におけるケミカルバイオロジー研究の新展開
「メタボロミクス技術の食品機能解析への応用」
福崎英一郎
-----


2014年6月11日(水)
武庫川女子大学栄養科学研究所第3回セミナー
「メタボロミクスの精密表現型解析への応用」
福崎英一郎
------


2014年6月10日(火)
日本工業倶楽部 食品の品質保証懇話会
「メタボロミクスの食品解析への応用」
福崎英一郎
------


2014年5月14~16日, 京都大学
第23回 環境化学討論会

2B-04 エストラジオールのオンラインLC-GC誘導体化法の開発(第2報)
○佐々野僚一1, 山下俊幸2, 奥野将司2, 内田滋1, 福崎英一郎, 馬場健史2
(1; アイスティサイエンス, 2; 大阪大院・工)
------

日本質量分析学会 質量分析討論会
2014年5月14日~16日,おいて大阪(ホテル阪急エキスポパーク)

1C-01-1500 オーラルセッション (C会場 (星雲2) 15:00~15:20) ポスター発表
超臨界流体クロマトグラフ-オービトラップ質量分析を用いた残留農薬一斉分析法の開発
石橋愛実,和泉自泰,酒井美穂,安藤孝,濱坂友子,坂本茂,福崎英一郎,馬場健史
 
1P-25 ポスター発表
ブレオマイシン誘発肺線維症モデルラットを対象とした脂質メタボローム解析
山田貴之,和泉自泰,坂東清子,福崎英一郎,馬場健史
 
2P-09 ポスター発表
食用油脂中の3-MCPD脂肪酸エステル分析における超臨界流体クロマトグラフィー質量分析計の適用
堀遂人,松原惇起,内方崇人,津村和伸,福崎英一郎,馬場健史
 
2P-26 ポスター発表
ステロイドプロファイリングによる内分泌かく乱作用in vitroスクリーニング系の開発
馬場健史,奥野将司,山下俊幸,福崎英一郎
 
3A-01-0900 基調講演 (A会場(オービットホール) 9:00~9:40)
メタボロミクスの精密表現型解析への応用
福崎英一郎
 
3A-01-1000 オーラルセッション (A会場 (オービットホール) 10:00~10:20) ポスター発表
Data dependent/independent MS/MSを基盤としたメタボロミクス・リピドミクス研究に資するノンターゲット解析ソフトウェアの開発
津川裕司,Tobias Kind,Tomas Cajka,池田和貴,金澤光洋,萩原淳,Oliver Fiehn,有田正規3
 
3P-02 ポスター発表
オンライン超臨界流体抽出-超臨界流体クロマトグラフィー質量分析を用いた脂溶性ビタミンの一斉分析系の構築
上野真菜子,和泉自泰,福崎英一郎,馬場健史
 
3P-25 ポスター発表
超臨界流体クロマトグラフィー-質量分析計を用いた胆汁酸の一斉分析
田口歌織,福崎英一郎,馬場健史
 
------

日本農芸化学会2014年度大会(おいて,明治大学生田キャンパス) 
2014年3月29日 
心筋梗塞自然発症モデルウサギのリポプロテイン脂質プロファイリング 
竹田浩章,小池智也,山田貴之,和泉自泰,塩見雅志,吉田優,福崎英一郎,馬場健史 

2014年3月29日 
二種類の糖の同時資化が酵母にもたらす増殖阻害 
畠中治代,光永均,大村文彦,石黒正路,馬場健史,福崎英一郎 

2014年3月29日 
産学官学術交流委員会フォーラムのポスターディスカッション 
メタボリックプロファイリングによるしょうゆ旨味成分の探索 
志賀一樹,山本慎也,中島文子,小玉侑加子,今村美穂,内田理一郎,小幡明雄,馬場健史,福崎英一郎

-----


<2013年>

資生堂・HMT共催セミナー「メタボロミクスの可能性」
2013年12月11日,おいて資生堂大阪ビルB2ホール
『メタボロミクスの精密表現型解析への応用』(招待講演)
福崎英一郎
-----


Aachen-Osaka Joint Symposium
2013年12月2日 おいて RWTHアーヘン工科大学
"Application of Metabolmics to High Resolution Phenotype Analysis"
◯Eiichiro FUKUSAKI1
1 Dept.Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ

"Metabolome Analysis of the Poly (gamma-glutamic acid) Producing Bacteria, Bacillus licheniformis"
◯Hitoshi MITSUNAGA1, Lena MEISSNER2, Thomas PALMEN2, Takeshi BAMBA1, Lars M. BLANK3, Jochen BÜCHS2 and Eiichiro FUKUSAKI1
(1 Dept.Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 2 AVT-Biochem. Eng.,RWTH Aachen Univ., 3 iAMB,RWTH Aachen Univ.)
-----


International Seminar on Tropical Bio-resources for Sustainable Bio-industry
at School of Life Science and Technology, ITB, 30th-31st, Nov  2013
"Application of metabolomics for high resolution phenotype analysis" (keynote lecture)
Eiichiro Fukusaki
-----

第5回日本醸造学会 若手シンポジウム
~集え若人! 醸造界の未来を語らん!~
平成25年10月17日 (木) 18日(金)
北とぴあカナリアホール〔東京都北区〕

P16
メタボロミクス技術によるしょうゆに含まれるジペプチドの俯瞰と呈味性との相関性解析
○山本慎也1、志賀一樹1, 2、小玉侑加子2、今村美穂2、内田理一郎2、小幡明雄2、馬場健史1、福崎英一郎1
1阪大院・工・生命先端、 2キッコーマン・研究開発本部
☆ベストポスター賞(醸造イノベーション賞)を受賞☆

P17
GC/MSに基づく成分プロファイリングを用いた清酒の品質予測
○三村奈津紀1、磯谷敦子2、岩下和裕2、馬場健史1、福崎英一郎1
1阪大院・工、2酒総研
-----


2013.10.17
KCS-JAIMA Joint Symposium: Advanced Separation Science
at Changwon Exhibition Convention Center, Changwon, Korea.
"Application of Metabolomics to High Resolution Phenotype Analysis"  (Invited oral)
-----


2013年10月3日~4日,九州大学医学部 百年講堂
第8回 メタボロームシンポジウム(2013年度)

P-08
ブレオマイシン誘発肺線維症モデルラットの肺サーファクタントを対象とした脂質メタボローム解析 (口頭及びポスター)
○山田 貴之1, 和泉 自泰1, 坂東 清子2, 福崎 英一郎1, 馬場 健史1
1阪大院・工・生命先端・生工, 2大日本住友製薬・前臨床研究所

P-14 
メタボロミクスを基盤とした出芽酵母1-ブタノール耐性関連遺伝子の半合理的特定 (口頭及びポスター)
Teoh Shao Thing1, Putri Sastia1, 向 由起夫2, 馬場 健史1, ○福崎 英一郎1
1阪大院・工・生命先端, 2長浜バイオ大・バイオサイエンス

P-15
メタボロミクスに基づく、バイオ燃料生産組換え大腸菌遺伝子改変戦略の構築 (口頭及びポスター)
○Sastia Prama Putri1, 川瀬 直樹1, 野口 慎吾1, Claire Shen2, James Liao2, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1 
1阪大院・工・生命先端, 2Dept. of Chem and Biomol. Eng., UCLA

P-22 
MRMPROBS: Multiple reaction monitoringを用いた定量メタボロミクス研究に資するピーク評価方法ならびにデータ解析ソフトウェアの開発 (口頭及びポスター)
○津川 裕司1,2, 有田 正規1,3, 金澤 光洋4, 荻原 淳4, 馬場 健史2, 福崎 英一郎2
1理研CSRS, 2大阪大学, 3東京大学, 4ライフィクス株

P-23 
超臨界クロマトグラフィーを用いた胆汁酸プロファイリングメソッドの開発 (口頭及びポスター)
○馬場 健史1, 田口 歌織2, 福崎 英一郎1
1大阪大学大学院・工学研究科, 2Waters Corporation

P-25 
炎症とその収束期における脂肪酸β酸化の亢進 -マウスザイモサン誘発腹膜炎モデルを用いた
検討- (ポスター)
○藤枝 裕介1,2, 萬野 篤2, 林 靖浩2, 有田 誠3, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1
1大阪大学大学院・工, 2アスビオファーマ, 3東京大学大学院・薬

P-27 
ステロイドプロファイリングによる内分泌かく乱作用 in vitro スクリーニング系の開発 (ポスター)
奥野 将司, 山下 俊幸, 福崎 英一郎, ○馬場 健史
阪大院・工

P-40 
安定同位体標識による藍藻の動的代謝プロファイリング (ポスター)
○傳寳 雄大1, 中山 泰宗1, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1
1阪大院・工

P-45 
しょうゆに含まれるジペプチドの俯瞰と呈味性との相関性解析 (ポスター)
○山本 慎也1, 志賀 一樹1,2, 小玉 侑加子2, 今村 美穂2, 内田 理一郎2, 小幡 明雄2, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1 
1大阪大学・工学研究科, 2キッコーマン株式会社・研究開発本部

P-52 
高速高分離超臨界クロマトグラフィー質量分析システムによるリピドーム解析 (ポスター)
○和泉 自泰1, 山田 貴之1, 福崎 英一郎1, 馬場 健史1
1阪大院・工・生命先端

P-53 
抱合体を対象とした化合物同定方法の開発 (ポスター)
○小倉 泰郎1,2, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1 
1阪大院・工・生命先端 , 2島津製作所

P-56
GC/MSメタボロミクス用代謝物ライブラリーの構築とその利用方法の検討 (ポスター)
○宮川 浩美1, 秋本 智1, 山崎 一彦1, 古野 正浩1, 馬場 健史2, 福崎 英一郎2 
1ジーエルサイエンス(株), 2大阪大学工学研究科 生命先端工学専

P-62 
Multiple reaction monitoringにより検出されるピークの客観的同定法におけるカーネル法の有用性の評価 (ポスター)
○熊澤 弥生1, 津川 裕司1,2, 山本 博之3, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1 
1阪大院・工・生命先端, 2理研CSRS, 3味の素株式会社 イノベーション研究所
-------



2013年9月18日~20日,広島国際会議場
第65回 日本生物工学会大会(2013年度)

3P-018 
メタボロミクス技術に基づく1-プロパノール生産組換え大腸菌の遺伝子改変戦略の構築 
○川瀬 直樹1, プトリ サスティア プラマ1, シェン クレア2, リャオ ジェイムズ2, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1 
1阪大院・工・生命先端・生工, 2UCLA 

3P-019 
Metabolomics-based screening of transcription factor deletion strains reveals discrimination of RTG-related genes in yeast 
○Zanariah Hashim, Shao Thing Teoh, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki 
Dept. Biotechnol., Div. Adv. Sci. Biotechnol., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ. 

3P-020 
ストレス条件下のメタボローム解析による出芽酵母のエタノール耐性予測 
○大田 恵里佳1, 向 由起夫2, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1 
1阪大院・工・生命先端・生工, 2長浜バイオ大・バイオ 

3P-021 
定量的メタボローム解析に資する新規相対定量法 
○松尾 晃子, 長澤 由美子, 馬場 健史, 福崎 英一郎 
阪大院・工・生命先端・生工 

3P-022 
Developing an application of Metabolomics in Drosophila melanogaster embryogenesis 
○Thuy An Phan Nguyen1, Masamitsu Yamaguchi2, Takeshi Bamba1, Eiichiro Fukusaki1 
1Dept. Biotechnol., Div. Adv. Sci. Biotechnol., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 2Dept. Appl. Biol., Sch. Sci. Technol., Kyoto Inst. Technol. 

3P-023 
超臨界クロマトグラフィー質量分析を用いたハイスループット農薬一斉分析法の開発 
○和泉 自泰1, 石橋 愛実1, 安藤 孝2, 酒井 美穂1,2, 福崎 英一郎1, 馬場 健史1 
1阪大院・工・生命先端・生工, 2宮崎・総農試 

3P-024 
ブレオマイシン誘発肺線維症モデルラットの肺サーファクタントを対象とした脂質メタボローム解析 
○山田 貴之1, 坂東 清子2, 福崎 英一郎1, 馬場 健史1 
1阪大院・工・生命先端・生工, 2大日本住友製薬 

3P-025 
メタボローム情報による回帰モデル構築のためのサンプル選択アルゴリズムの開発 
○喜多村 美紀1, 中山 泰宗1, Teoh Shao Thing1, 向 由起夫2, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1 1阪大院・工・生命先端・生工, 2長浜バイオ大・バイオ 

3P-026 
内分泌かく乱作用の評価に資するGC/MSを用いたステロイド類の一斉分析系の構築 
○馬場 健史, 奥野 将司, 山下 俊幸, 福崎 英一郎 
阪大院・工・生命先端・生工 

3P-027 (第2回 生物工学学生優秀賞 飛翔賞) 
ガスクロマトグラフィ-質量分析とOPLSモデリングを用いたメタボロミクスを基盤とした出芽酵母1―ブタノール耐性関連遺伝子の半合理的特定 
○Teoh Shao Thing1, Putri Sastia Prama1, 向 由起夫2, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1 
1阪大院・工・生命先端・生工, 2長浜バイオ大・バイオ 

3P-028 
イオントラップ-飛行時間型質量分析計を用いた抱合体の同定方法の開発 
○小倉 泰郎1,2, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1 
1阪大院・工・生命先端・生工, 2島津製作所 

3P-029 
GC-MSを用いたメタボロミクスにおけるキャリヤーガス種の検討とライブラリー構築 
○宮川 浩美1, 秋本 智1, 山下 俊幸2, 冨尾 紋子2, 斎藤 裕美2, 山中 裕佳子2, 山崎 一彦1, 古野 正浩1, 馬場 健史2, 福崎 英一郎2 
1ジーエルサイエンス, 2阪大院・工・生命先端 

3P-030 
Glucose誘導性の分解を受けにくいalpha-glucoside transporterの発現が、酵母にもたらす増殖阻害 
○畠中 治代1,2, 光永 均2, 大村 文彦1, 石黒 正路3, 馬場 健史2, 福崎 英一郎2 
1サントリーSIC., 2阪大院・工・生命先端・生工, 3新潟薬大・応生命

------


2013年9月10日~9月12日,つくば国際会議場 
第61回質量分析総合討論会

2P-05
超臨界流体クロマトグラフィー/タンデム質量分析によるハイスループット脂質メタボロミ
クスシステムの開発(ポスター発表)
○山田貴之,和泉自泰,福崎英一郎,馬場健史 
(1阪大院・工・生命先端)

2P-20
超臨界クロマトグラフィー質量分析を用いた残留農薬の迅速一斉分析法の開発(ポスタ
ー発表)
○和泉 自泰1,石橋 愛実1,安藤 孝2,酒井 美穂1, 2,福崎 英一郎1,馬場 健史1 
(1阪大院・工・生命先端,2宮崎農試)

2C-O2-1010
Multiple reaction monitoringを用いたワイドターゲットメタボローム解析のためのピーク評価法ならびにデータ解析ソフトウェアの開発 (一般口頭発表)
o津川裕司1,2, 有田正規1,3,金澤光洋4,荻原 淳4,馬場健史2,福崎英一郎2
(1理研CSRS,2阪大院・工・生命先端,3東大院理,4ライフィクス株)

3D-S6-0950【質量分析が牽引するオミクス科学】 
超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた代謝プロファイリング (口頭発表)
馬場健史 
(阪大院・工)




2013年9月4日,幕張メッセ
JASIS2013コンフェレンス・セミナー
健康計量ビジネスへの道
「メタボロミクスの精密表現型解析への応用」
福崎英一郎

2013年8月30日, ベルサール八重洲
第2回 日本化学工業協会 新LRI研究報告会
メタボリックプロファイリングによる化学物質の内分泌かく乱作用in vitro評価系の開発(ポスター発表)
○馬場健史, 山下俊幸, 奥野将司, 福崎英一郎(大阪大学大学院工学研究科)

2013年7月31日~8月2日, 東京農工大学
第22回 環境化学討論会
2PE-07
エストラジオールのオンラインLC-GC誘導体化分析法の開発 (ポスター発表)
○馬場健史1, 山下俊幸1, 奥野将司1, 内田滋2, 佐々野僚一2, 福崎英一郎1
(1大阪大院・工, 2アイスティサイエンス)
------



2013年7月29日(月)
京都バイオ計測センターシンポジウム「生命のビッグデータの解釈とその社会への展開」
「バイオマスのビッグデータの解釈と環境への活用-マルチオミクス解析を利用したバイオマス分解戦略-」
福崎英一郎
http://www.jba.or.jp/pc/archive/activitie/2013/tip_biotechnology/guidance/000992.html

-----


61st ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics
2013年6月9日(日)~13日(木)
Minneapolis Convention Center
Minneapolis, MN

Poster: MP03 - Metabolomics: Identification of Unknown Metabolites
poster number: 044
Automated compound identification using product ion scanning with accurate mass measurement and compound database searching for non-targeted metabolomics.
Tairo Ogura 1, 2; Faith Hays3; Takeshi Bamba1; Eiichiro Fukusaki1
1Graduate School of Engineering, Osaka University, Osaka, JAPAN; 2Shimadzu corporation, Kyoto , JAPAN; 3Shimadzu Scientific Instruments, Columbia, MD

Poster: TP31 - Environmental Analysis: Pharmaceuticals and Pesticides
poster number: 603
High-throughput simultaneous analysis of pesticides by supercritical fluid chromatography/orbitrap mass spectrometry
Megumi Ishibashi1; Miho Sakai1, 2; Takashi Ando2; Tomoko Hamasaka3; Shigeru Sakamoto3; Eiichiro Fukusaki1; Takeshi Bamba1
1Graduate School of Engineering, Osaka University, Suita, Japan; 2Miyazaki Agricultural Research Institute, Miyazaki, Japan; 3Thermo Fisher Scientific, Yokohama, Japan

Oral: ThOC pm - Lipids and Profiling
time: 3:10, Thursday, Ballroom B
High-throughput lipid profiling system for dried plasma spots using online-supercritical fluid extraction-supercritical fluid chromatography/mass spectrometry
Takeshi Bamba ; Takato Uchikata; Atsuki Matsubara; Eiichiro Fukusaki
Dept.Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., Suita , JAPAN

Poster: ThP28 - Lipids: Profile Analysis
poster number: 583
High-throughput and accurate lipid profiling system based on supercritical fluid chromatography/Orbitrap mass spectrometry with Lipid Search software
Takayuki Yamada1; Takato Uchikata1; Shigeru Sakamoto2; Yasuto Yokoi3; Shin Nishiumi4; Masaru Yoshida4; Eiichiro Fukusaki1; Takeshi Bamba1
1Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., Suita, Japan; 2Thermo Fisher Scientific, Yokohama, Japan; 3Mitsui Knowledge Industry, Tokyo, Japan; 4Div. Gastro., Kobe Univ. Grad. Sch. Med., Kobe, Japan

Oral: ThOB am - Informatics: Metabolomics
time: 09:50, Thursday, Room L100
MRMPROBS: Data Assessment and Metabolite Identification Tool for Large-scale MRM-based Widely Targeted Metabolomics
Tsugawa Hiroshi1; Arita Masanori1; Kanazawa Mitsuhiro3; Ogiwara Atsushi3; Bamba Takeshi2; Fukusaki Eiichiro2
1RIKEN, Yokohama, Japan; 2Osaka University, Suita, Japan; 3Reifycs, Inc., Minato-ku, Japan
 
Poster: MP06 - LC-MS: Chromatography
poster number: 089
Evaluation of polar-embedded ODS column in supercritical fluid chromatography
Chiaki Aoyama1; Takayuki Yamada2; Megumi Ishibashi2; Kensuke Okusa1; Masakazu Takahashi1; Masayoshi Ohira1; Eiichiro Fukusaki2; Takeshi Bamba2
1GL Sciences Inc., Iruma, Japan; 2Graduate School of Engineering, Osaka University, Suita, Japan
------


平成25年5月27日
千里ライフサイエンスセミナー
メタボローム研究の疾患への応用を目指して(コーディネーター:福崎英一郎,下村伊一郎)
「メタボロミクスの精密表現型解析への応用」
福崎英一郎
------
  

平成25年3月24日(日)~3月27日(水)
日本農芸化学会2013
東北大学 川内北キャンパス(仙台市)

3月25日
2C31a04 
超臨界流体クロマトグラフ-Orbitrap 質量分析計を用いた農薬一斉分析法の開発; 石橋 愛実1、酒井 美穂2、安藤 孝2、濱坂 友子3、坂本 茂3、福崎 英一郎1、○馬場 健史1(1阪大院・工・生命先端、2宮崎農試、3サーモフィッシャーサイエンティフィック)
 
3月26日
3B11a14 
Validation of the applicability of discriminant marker for authenticity assessment of Luwak coffee; Udi JUMHAWAN1, Sastia Prama PUTRI1, Yusianto YUSIANTO2,Takeshi BAMBA1,Eiichiro FUKUSAKI1 (1Grad.Sch.Eng.,Osaka Univ.,2Indonesian Coffee and Cocoa Research Institute)

3A11p12 GC/MS・LC/MS を用いたメタボリックプロファイリングによるしょうゆ旨味成分の探索; 志賀 一樹1,2、山本 慎也1、中島 文子2、小玉 侑加子2、今村 美穂2、馬場 健史1、福崎 英一郎 1 (1 阪大院工・生命先端工、2 キッコーマン・研開本)
 
3月27日
4B11a06
13C安定同位体希釈に基づく新規代謝ターンオーバー解析システムの提案(傳寳雄大1,中山泰宗1,原田和生2,馬場健史1,福崎英一郎1(1大阪大院工,2大阪大院薬)
 
4B11a11 
Metabolomics-based approach for strain improvement of 1-propanol producing Escherichia coli; SASTIAPRAMA PUTRI1 , NAOKI KAWASE1 , SHINGO NOGUCHI2 , CLAIRE SHEN3 , JAMES LIA3 , TAKESHI BAMBA1 , EIICHIRO FUKUSAKI1 ( 1Dept. of Adv. Sci. and Biotech, Grad. Sch. of Eng., Osaka Univ., 2Dept. of Biotech., Sch. of Eng., Osaka Univ., 3Dept. of Chem. and Biomolecular Eng., UCLA)
 
4B11a12 
質量分析器を用いた代謝プロファイリングによる1-プロパノール生産延長を目的とした主要因子の探索; 野口 真悟1,Sastia Prama PUTRI2、川瀬 直樹2、Claire Shen3、James Liao3 馬場 健史2、福崎 英一郎2 ( 1阪大工・応用自然、2阪大院工・生命先端、3UCLA)


4B11a15 
ノンターゲットアプローチによるGC/MS 代謝ターンオーバー解析s; 中山 泰宗1、津川 裕司1,2、玉田 佳大1、馬場 健史1、福崎 英一郎1 (1 阪大院工、2 理研PSC.)
------




2013年3月23日(土),せんだいメディアテーク 7階 スタジオシアター
2012年度日本生物工学会技術セミナー「食品加工技術と食のメタボロミクスの最前線」
「メタボリックフィンガープリンティングの原理と食品/生薬品質解析への応用」(招待講演)
福崎英一郎
----- 

91st General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research 2013 Mar. (International Conference)

Oral biofilm dispersion triggered by exogenous polyaminesKuboniwa M, Tomio A, Alghamdi AS, Hashino E, Sugita H, Bamba T, Fukusaki E, Amano A.

 -----


2013年2月1日(金),千里ライフサイエンスセンタービル
第7回大阪大学フロンティア産業バイオシンポジウム「機能性食品・飲料研究開発の新展開」
『メタボロミクス技術の食品機能解析への応用』(招待講演)
福崎英一郎(大阪大学大学院工学研究科 教授)

平成24年12月18日,大阪大学銀杏会館
疾患メタボロミクスシンポジウム2012
SessionⅠ 基盤技術とデータベース
「メタボロミクスの表現型解析への応用」(招待講演)
福崎 英一郎 (大阪大学大学院工学研究科)

-----


<2012年>

平成24年11月27日(火)~11月28日(水)
International Joint Symposium on Single-Cell Analysis
Kyoto Research Park Building (Kyoto, Japan)

11月27日
P1-05 SUGGESTION OF A NOVEL METABOLIC TURNOVER ANALYSIS SYSTEM BASED ON 13C STABLE ISOTOPE DILUTION. (Poster)
Yudai Dempo1, Yasumune Nakayama1, Kazuo Harada2, Takeshi Bamba1, Eiichiro Fukusaki1.
1 Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., Suita, JAPAN
2 Dept. Appl. Environ. Biol., Grad. Sch. Pharm. Sci., Osaka Univ., Suita, JAPAN

P1-33 METABOLIC TURNOVER ANALYSIS BY MEANS OF STABLE ISOTOPE DILUTION BASED TIME COURSE OBSERVATION OF METABOLITE ISOTOPOMER RATIO CHANGE (Poster)
Yasumune Nakayama1, Takeshi Bamba1, Eiichiro Fukusaki1
1 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University, Japan

11月28日
Session3 : Omics
Application of Metabolomics to High Resolution Phenotype Analysis (Oral)(招待講演)
FUKUSAKI, Eiichiro (Osaka University, Japan)

P2-23 METABOLOME ANALYSIS AND CONSTRUCTION OF A PREDICTION MODEL FOR 1-BUTANOL TOLLERANCE IN SACCHAROMYCES CEREVISIAE (Poster)
Shao Thing Teoh1, Sastia Putri1, Yukiko Mukai2, Takeshi Bamba1, Eiichiro Fukusaki1
1 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University, Japan
2 Nagahama Institute of Bio-Science and Technology

P2-37 DEVELOPMENT OF A HIGH-THROUGHPUT LIPID PROFILING METHOD BY USING A QUADRUPOLE ORBITRAP MASS SPECTROMETER AND AN AUTOMATED LIPID IDENTIFICATION SOFTWARE (Poster)
Takayuki Yamada1, Takato Uchikata1, Shigeru Sakamoto2, Yasuto Yokoi3, Eiichiro Fukusaki1, Takeshi Bamba1
1 Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University, Japan
2 Thermo Fisher Scientific, Yokohama, Japan
3 Mitsui Knowledge Industry, Tokyo, Japan
-----


平成24年10月25日(水)
日本醤油技術センター 第75回研究発表会
成田エクセルホテル東急(千葉県成田市)
○山本慎也1,馬場健史1,佐野敦志2,小玉侑加子2,今村美穂2,小幡明雄2,福崎英一郎1
「GC/TOFMS による醤油の代謝物プロファイリング及び定量的記述分析法(QDA)との相関の解析」(口頭)
(1阪大院・工・生命先端、 2キッコーマン・研究開発本部)

-----


第64回日本生物工学会大会(平成24年度) 創立90周年記念大会
2012年10月23日~26日,おいて神戸国際会議場

(国際シンポジウム) 2012年10月25日
Japan-Korea Biomass Session (Oct25)
17:55–18:15 (3Ap08)
Application of Metabolomics to high resolution phenotype analysis
Eiichiro FUKUSAKI (Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University, Japan)


(一般講演) 2012年10月25日

精密質量MSn分析と化合物データベースを用いた代謝物同定方法の検討 
◯小倉 泰郎1,2, 馬場 健史1,福崎 英一郎1 
(1阪大院・工・生命先端, 2島津製作所)


ガスクロマトグラフィー質量分析を用いた出芽酵母の高再現性メタボロームデータ取得を目的としたプロトコールの構築 
◯川瀬 直樹, 津川 裕司, 馬場 健史, 福崎 英一郎 (阪大院・工・生命先端)
Metabolomics-based prediction of 1-butanol tolerance in Saccharomyces cerevisiae 
◯Shao Thing Teoh1, Sastia Putri1, 向 由起夫2, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1
(1阪大院・工・生命先端,2長浜バイオ)


GC/FID を用いたナチュラルチーズのメタボリックフィンガープリンティングと実用的官能予測モデリングへの応用 
◯越智 浩1,2, 馬場 健史2, 岩附 慧二1, 阿部 文明1, 福崎 英一郎2 
(1森永乳業・食品基盤研, 2阪大院・工・生命先端)


しょうゆの旨味構成成分探索へのGC/MS・LC/MS を併用したメタボリックプロファイリングの応用 
◯志賀 一樹1, 小玉 侑加子1, 今村 美穂1, 内田 理一郎1, 小幡 明雄1, 山本 慎也2,馬場 健史2, 福崎 英一郎2 
(1キッコーマン研究本部,2阪大院・工・生命先端)


歯周病菌Porphyromonas gingivalis のバイオフイルム形成制御因子が影響を及ぼす表現型解析へのメタボロミクスの適用 
◯冨尾 紋子1, アルガムディ サマル2, 久保庭 雅恵2, 天野 敦雄2, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1 
(1阪大院・工・生命先端,2阪大院・歯)


Metabolite profiles correlate closely with neurobehavioral function in experimental spinal cord injury in rats. 
◯藤枝 裕介1,2, 上野新也2, 黒田真理子2, 荻野涼子2, 馬場健史1, 福崎英一郎1
(1阪大院・工・生命先端,2アスビオファーマ株式会社)


超臨界流体クロマトグラフィー/ 質量分析を用いた酸化リン脂質異性体分析系の構築
◯内方 崇人1, 松原 惇起1, 西海 信2, 吉田 優2, 福崎 英一郎1, 馬場 健史1
(1阪大院・工・生命先端,2神大院・医・消化器)


超臨界流体クロマトグラフ- 三連四重極型質量分析計を用いたハイスループット脂質メタボロミクスシステムの開発
◯山田 貴之1, 内方 崇人1, 横井 靖人2, 福崎 英一郎1, 馬場 健史1 
(1阪大院・工・生命先端,2三井情報)


超臨界流体クロマトグラフィー/ 質量分析を用いた赤血球脂質のプロファイリング
◯三田 穂高1, 内方 崇人1, 西海 信2, 吉田 優2, 福崎 英一郎1, 馬場 健史1
(1阪大院・工・生命先端,2神大院・医・消化器)


ガスクロマトグラフィー/ 質量分析を用いた揮発性酸化脂質の分析 
◯角田 省二1, 板東 泰彦2, 西海 信3, 吉田 優3, 福崎 英一郎1, 馬場 健史1
(1阪大院・工・生命先端,2AMR, Inc.,3神大院・医・消化器)


超臨界流体クロマトグラフィー/ 質量分析を用いた残留農薬迅速一斉分析方法の開発
◯石橋 愛実1, 安藤 孝2, 酒井 美穂2, 松原 惇起1, 内方 崇人1, 福崎 英一郎1, 馬場 健史1 
(1阪大院・工・生命先端,2宮崎県総合農業試験場)


超臨界流体クロマトグラフィー質量分析計を用いた食用油中の 3-MCPD 脂肪酸エステル類の高感度迅速分析法の開発
○堀 遂人1, 松原 惇起2, 内方 崇人2, 津村 和伸1, 福崎 英一郎2, 馬場 健史2
(1不二製油・食品安全分析センター, 2阪大院・工・生命先端)


--------------


平成24年10月10日 (水) ~12日 (金)
第7回メタボロームシンポジウム
慶應義塾大学先端生命科学研究所 (山形県鶴岡タウンキャンパス) 

S-10 メタボリックプロファイリングの表現型解析への応用【招待講演】
福崎英一郎 (阪大院・工・生命先端)

P-08 LC/QqQ-MSを用いたpredictive MRMによるしょうゆ中ジペプチドの網羅的探索【オーラルおよびポスター】
山本慎也1, 馬場健史1, 志賀一樹2, 内田理一郎2, 小幡明雄2, 福崎英一郎1
(1阪大院・工・生命先端、 2キッコーマン・研究開発本部)

P-11 超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いたハイスループット脂質メタボロミクスシステムの開発【オーラルおよびポスター】
山田貴之1, 内方崇人1, 横井靖人2, 福崎英一郎1, 馬場健史1
(1阪大院・工・生命先端, 2三井情報株式会社)

P-22 ガスクロマトグラフィー/質量分析を用いた揮発性酸化脂質の分析【ポスター】
角田省二1, 板東泰彦2, 西海信3, 吉田優3, 福崎英一郎1, 馬場健史1
(1阪大院・工・生命先端, 2AMR Inc., 3神戸大院・医・消化器内科)

P-37 GC/MSターンオーバー解析による出芽酵母の代謝動態解析【ポスター】
中山泰宗, 玉田佳大, 津川裕司, 馬場健史, 福崎英一郎
(阪大院・工・生命先端)
-----------------



The Young Scientist Seminar 2012,In the framework of the JSPS Asian Core Program 2012. Oct. (International Conference)
Characterization of URA3 gene in oleaginous yeast Rhodosporidium toruloides DMKU3-TK16 for lipid engineering,
Takenori Kanazawa, Takao Ohashi, Ayako Tomio, Ryo Misaki, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki, Limtong Savitree, Kazuhito Fujiyama.

-----

平成24年10月4日 (木) ~5日(金)
Young Scientist Seminar 2012 In the framework of the JSPS Asian Core Program
INSTITUTE OF MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY Conference room 601 (Hanoi, Vietnam)
○Shinya Yamamoto, Takeshi Bamba, Atsushi Sano, Yukako Kodama, Miho Imamura, Akio Obata, Eiichiro Fukusaki「Metabolite Profiling of Soy Sauce Using Gas Chromatography with Time-of-Flight Mass Spectrometry and Analysis of Correlation with Quantitative Descriptive Analysis」,O-22,(Oral)
(Third prize of best presentation)
 --------------------------


平成24年9月27日 (木) ~28日(金)
第4回日本醸造学会若手シンポジウム
北とぴあカナリアホール(東京都北区)
○山本慎也,馬場健史,佐野敦志,小玉侑加子,今村美穂,小幡明雄,福崎英一郎「GC/TOFMS による醤油の代謝物プロファイリング及び定量的記述分析法(QDA)との相関の解析」(ポスター)

---------------
 
19th International Mass Spectrometry Conference (IMSC2012) 
2012/09/15-2012/09/21, at Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan 

9月17日 
PMo-040 Identification of metabolic pathways related to xylose fermentation performance in recombinant yeast by metabolome analysis 
Hitoshi MITSUNAGA 1; Danang Waluyo 1; Haruyo Hatanaka 2; Takeshi Bamba 1; Eiichiro Fukusaki 1 
1: Osaka University, Osaka, Japan 
2: Suntory Business Expert Limited. 


9月19日 
PWe-023 Development of accelerate quantification analysis for hydrophilic metabolites using ionparing chromatography with a high-speed triple quadrupole mass spectrometer 
Hashim Zanariah 2; Yudai Denpo 2; Tairo Ogura 1; Ichiro Hirano 1; Takeshi Bamba 2; Eiichiro Fukusaki 2 
1: Shimadzu Co., Kyoto, Japan 
2: Osaka University, Osaka, Japan 


PWe-025 Development of automated data processing tool for large scale MRM experiment in metabolomics study 
Hiroshi Tsugawa 1; Mitsuhiro Kanazawa 2; Atsushi Ogiwara 2; Takeshi Bamba 1; Eiichiro Fukusaki 1 
1: Osaka University, Osaka, Japan 
2: Reifycs Inc., Tokyo, Japan 


PWe-028 Metabolomics and its application to high resolution phenotype analysis 
Eiichiro Fukusaki 1 
1: Osaka University, Osaka, Japan 


PWe-080 Analysis of oxidized lipid derived volatiles by Gas Chromatography/Mass Spectrometry 
Shoji KAKUTA 1; Yasuhiko BANDO 2; Eiichiro FUKUSAKI 1; Takeshi BAMBA 1 
1: Osaka University, Osaka, Japan 
2: AMR Inc., Tokyo, Japan 


PWe-086 Development of a high-throughput lipid profiling method by using a quadrupole orbitrap mass spectrometer and an automated lipid identification software 
Takayuki Yamada 1; Takato Uchikata 1; Shigeru Sakamoto 2; Yasuto Yokoi 3; Eiichiro Fukusaki 1; Takeshi Bamba 1 
1: Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., Suita, JAPAN 
2: Thermo Fisher Scientific, Yokohama, JAPAN 
3: Mitsui Knowledge Industry, Tokyo, JAPAN 


PWe-086 Simultaneous profiling of polar lipids by supercritical fluid chromatography/tandem mass spectrometry with methylation 
Jaewon Lee 1; Shin Nishiumi 2; Masaru Yoshida 2; Eiichiro Fukusaki 1; Takeshi Bamba 1 
1: Osaka University, Osaka, Japan 
2: Kobe University, Kobe, Japan 


Pwe-094 High-throughput lipid profiling system for dried plasma spots by using online-supercritical fluid extraction-supercritical fluid chromatography/mass spectrometry 
Takato Uchikata 1; Atsuki Matsubara 1; Eiichiro Fukusaki 1; Takeshi Bamba 1 
1: Osaka University, Osaka, Japan 


9月20日 
PTh-184 High-throughput simultaneous analysis of pesticide resudues in food by supercritical fluid chromatography/tandem mass spectrometry 
Megumi Ishibashi 1; Ando Takashi 2; Sakai Miho 2; Matsubara Atsuki 1; Uchikata Takato 1; Fukusaki Eiichiro 1; Bamba Takeshi 1 
1: Osaka University, Osaka, Japan 
2: Miyazaki Agricultural Research Institute, Miyazaki, Japan 

-------------

日本生薬学会第59回年会,於いてかずさアカデミアパーク,2012年9月18日
シンポジウム「生薬インフォマティクス‐データベースとオミックス‐」
メタボリックプロファイリングの生薬品質評価への応用
福崎英一郎(阪大院・工)


日本生薬学会第59回年会,於いてかずさアカデミアパーク,2012年9月18日
生薬センキュウの品質管理に資する種・産地・加工法判別指標の探索(ポスター発表)
○三村奈津紀1,小林志寿1,山本豊2,姜東孝2,原田和生3,馬場健史1,福崎英一郎1(阪大工1,株式会社栃本天海堂2,阪大薬3)

-------------


第54回歯科基礎医学会,2012年9月
Effects of polyamines on single species biofilms of Porphyromonas gingivalis and Streptococcus gordonii,
Alghamdi Samar,久保庭雅恵,橋野恵衣,冨尾紋子,馬場健史,福崎英一郎,天野敦雄

------


第63回日本東洋医学会学術総会,2012年7月1日,於いて京都国際会館
薬学講座2 「漢方臨床を支える生薬材料学(マテリアルサイエンス)」 
「メタボリックプロファイリングの生薬品質評価への応用」
福崎英一郎(大阪大学工学研究科生命先端工学専攻)
-----------------



島津質量分析セミナー2012,6月18日(大阪),6月21日(東京)
【招待講演】「質量分析を用いたメタボロミクス」
福崎英一郎(大阪大学工学研究科生命先端工学専攻)




日本農芸化学会2012年度大会,おいて京都,2012年3月23日~26日

3月24日
3C34a06 質量分析に基づく定量的メタボロミクスに資する新規相対定量法の提案
○竹林宏祐,喜多村美紀,馬場健史,福崎英一郎(阪大院工・生命先端工)


3C34a07 超臨界流体クロマトグラフィータンデム質量分析を用いた単一観測システムによる残留農薬迅速一斉分析方法の開発
○石橋愛実,松原惇起,内方崇人,酒井美穂1,安藤 孝1,福崎英一郎,馬場健史(阪大院・工・生命先端,1宮崎県総合農業試験場)


3C34a08 Discrimination of Roasted Kopi Luwak and Regular Coffee Based on Geographical Origins and Coffee Variety using Gas Chromatography Coupled with Quadrupole Mass Spectrometry
○UDI JUMHAWAN, SASTIA PRAMA PUTRI,YUSIANTO YUSIANTO1,ERLY MAWARNI2, TAKESHI BAMBA,EIICHIRO FUKUSAKI(Grad.Sch.Eng.Osaka Univ., 1ICCRI, 2ITB)


LS-6 ランチョンセミナー;バランスは「おいしさ」に繋がるか?
メタボリックプロファイリングの食品・生薬研究への応用
福崎英一郎








2011年>


第7回バイオ計測プロジェクト「バイオ・ライフイノベーションの新しい鍵を握るバイオ計測の展望について」

京都バイオ計測計測センター開設記念講演会(平成23年11月18日,おいて京都リサーチパーク,サイエンスホール)

「メタボリックプロファイリングの精密表現型解析への応用」

福崎英一郎


The 7'th International Forum On Post-Genome Technologies (2011/10/28-2011/10/29, Chongquing, China)

"Metabolomics and its application to high resolution phenotype analysis" (oral, invited)

Eiichiro FUKUSAKI



第6回メタボロームシンポジウム

2011年10月13日~14日,おいて大阪大学コンベンションセンター


ノンターゲット GC/MS メタボロミクス研究に資する データ解析システムの開発

津川裕司 1,辻本有輝 1,川瀬直樹 1,有田正規 2,馬場健史 1,福崎英一郎 1

1大阪大学工学研究科生命先端工学専攻、2東京大学理学系研究科生物化学専攻

 

ガスクロマトグラフィー/三連四重極型質量分析を用いた 高感度,高選択性メタボリックプロファイリングシステムの開発

辻本有輝 1,津川裕司 1,杉立久仁代 2,佐久井徳広 2,西海信 3,吉田優 3,4,5,馬場健史 1,福崎英一郎 1

1大阪大院・工・生命先端,2アジレント・テクノロジー株式会社, 3神戸大院・医・消化器,4神戸大院・医・質量分析総合センター,5神戸大院・医・病因病態解析

 

GC/TOF-MS によるチーズのメタボリックプロファイリングと その官能評価モデリングへの応用

越智 浩 1,2、内藤 大滋 2、岩附 慧二 1、馬場 健史 2、福崎 英一郎 2

1森永乳業株式会社 食品基盤研究所2大阪大学大学院 工学研究科生命先端工学専攻

 

ラット脊髄損傷モデルにおけるメタボロームと 神経行動学的機能の相関

藤枝裕介 1,2,上野新也 2,荻野涼子 2,黒田真理子 2,馬場健史 1,福崎英一郎 1

1大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻,2アスビオファーマ株式会社

 

GC/TOFMS による醤油の代謝物プロファイリング及び 定量的記述分析法(QDA)との相関の解析

山本慎也 1,馬場健史 1,佐野敦志 2,小玉侑加子 2,今村美穂 2,小幡明雄 2,福崎英一郎 1

1阪大院・工・生命先端2キッコーマン・研究開発本部

 

大豆品種の豆腐適正の迅速な予測方法の開発

西川宗伸 1、馬場健史 2、福崎英一郎 2

1タカノフーズ株式会社, 2 大阪大学工学研究科生命先端工学

 

メタボローム解析を用いた組換え酵母における キシロース発酵諸性能に関わる代謝経路の特定

光永 均 1Danang Waluyo1、畠中 治代 2、馬場 健史 1、福崎 英一郎 1

1大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻、2サントリービジネスエキスパート()

 

GC/MS による清酒酵母の代謝ターンオーバー解析

玉田佳大 1、中山泰宗 1、津川裕司 1、堤浩子 1,2、馬場健史 1、福崎英一郎 1

1阪大院工・生命先端、2月桂冠・総研

 

超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた 酸化ホスファチジルコリン異性体の解析

内方崇人 1,松原惇起 1,西海信 2,篠原正和 3,吉田優 2,3,4,福崎英一郎 1,馬場健史 1

大阪大院・工・生命先端,神戸大院・医・消化器,神戸大院・医・質量分析総合センター,神戸大院・医・病因病態解析

 

当帰の GC/MS プロファイリングによる種と産地の判別マーカー探索

小林 志寿 1、山本 豊 2、姜 東孝 2、馬場 健史 1、福崎 英一郎 1

1大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻生物資源工学領域、2株式会社栃本天海堂

 

GC/MS に基づくターゲットメタボロミクスのためのライブラリの構築

川瀬直樹 1、津川裕司 2、馬場健史 2、福崎英一郎 2

1大阪大・工・応用自然科、2大阪大院・工・生命先端

 

センキュウの種と産地の判別のための一次代謝物と含有金属元素の網羅的解析

三村 奈津紀 1、小林 志寿 1、山本 豊 2、姜 東孝 2、原田 和生 3、馬場 健史 1、福崎 英一郎1

1大阪大学大学院工学研究科、3大阪大学大学院薬学研究科、2株式会社栃本天海堂

 

ガスクロマトグラフィー/質量分析を用いた 揮発性酸化脂質プロファイリング技術の開発

角田省二 1、山本隆士 1、西海信 2、吉田優 2,3,4、福崎英一郎 1、馬場健史 1

1大阪大院・工・生命先端、2神戸大院・医・消化器、3神戸大院・医・質量分析総合センター、4神戸大院・医・病因病態解析

 

LC/MS/MS に基づくメタボローム解析における MSn情報を用いた

代謝物群判別法の開発

杉本 孝徳 1、馬場 健史 1、福崎 英一郎 1

1大阪大学大学院 工学研究科 生命先端工学専攻

 

超臨界流体クロマトグラフィー/タンデム質量分析による カロテノイド酸化生成物プロファイリングシステムの構築

松原惇起 1,内方崇人 1,篠原正和 2,安田知行 2,石田達郎 2,西海信 2,吉田優 2

,福崎英一郎 1,馬場健史 1

1大阪大院・工,2神戸大院・医

 

超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた極性脂質プロファイリング法の開発

Jae Won Lee1、山本 隆士 1、内方 崇人 1、松原 惇起 1、福崎 英一郎 1、馬場 健史 1

1大阪大学 ∙  ∙ 生命先端

 

イオンモビリティ-質量分析によるmicroRNA 分析技術の開発

竹林 宏祐 1,廣瀬 賢治 2,馬場 健史 1,福崎 英一郎 1

1阪大院・工・生命先端,2日本ウォーターズ

 

超臨界流体クロマトグラフィー/タンデム質量分析を用いた β-クリプトキサンチン脂肪酸エステル分析技術の開発

和田雄介 1, 松原敦起 1, 内方崇人 1, 岩崎雄吾 2, 森本聡 3, 菅剋太 4, 大倉哲也 5, 福崎英一郎 1, 馬場健史 1

1大阪大学大学院・工学研究科,2名古屋大学大学院・生命農学研究科,3愛媛県産業技術研究所・食品産業技術センター,4大三島果汁工業,5食品総合研究所・食品機能研究領域

 

血清メタボロミクスを用いた新規膵がん診断法

小林 隆 1、西海 信 1、篠原 正和 1、池田 篤紀 1、吉江 智郎 1、波多野 直哉 1、角山 沙織 1、水野 成人2、佐貫 毅 1、久津見 弘 1、福崎 英一郎 3、東 健 1、竹縄 忠臣 1、吉田 優 1

1神戸大学大学院医学研究科、2神戸薬科大学、3大阪大学大学院工学研究科

 

血清メタボロミクスを用いた消化器がんに対する新たな診断法の確立

木本 明 1、西海 信 1、池田 篤紀 1、篠原 正和 1、吉江 智郎 1、奥野 達哉 1、波多野 直哉 1、馬場 健史2、福崎 英一郎 2、竹縄 忠臣 1、東 健 1、吉田 優 1

1神戸大院・医,2大阪大院・工

 

LC/MS を用いた non-targeted metabolomics における精密質量 MSn分析および化合物データベースを用いた化合物同定システムの開発

小倉 泰郎 1,2、馬場健史 1、福崎英一郎 1

1阪大院・工・生命先端工、2島津製作所・分析計測事業部

 

SFC/MS/MS を用いた残留農薬分析方法の開発

石橋愛実 1,松原惇起 1,酒井美穂 2,安藤孝 2,福崎英一郎 1,馬場健史 1

1大阪大学工学研究科 生命先端工学専攻, 2宮崎県総合農業試験場




63回生物工学会大会@東京農工大学(2011926日~28日)

 

9月26日

ノンターゲットGC/MSメタボロミクス研究のための新規プラットフォームの開発

Practical Non-targeted Gas Chromatography/Mass Spectrometry-based Metabolomics Platform for Metabolic Phenotype Analysis

津川裕司1,馬場健史1,篠原正和2,西海信2,吉田優2,福崎英一郎1

(1阪大院・工・生命先端2神戸大院・医)

Hiroshi Tsugawa,1 Takeshi Bamba,1 Masakazu Shinohara,Shin Nishiumi,2 Masaru Yoshida,2 and Eiichiro Fukusaki1

(1Dept. Biotech., Grad. Sch. Engi., Osaka Univ., 2Grad. Sch. Med., Kobe Univ.)

 Key word: Metabolomics, GC/MS, Non-targeted analysis, Data processing

 

9月26日

ガスクロマトグラフ-三連四重極型質量分析計を用いた高感度,高選択性メタボリックプロファイリングシステムの開発

Development of highly sensitive and selective metabolic profiling system by gas chromatograph-triple quadrupole mass spectrometer

辻本有輝1,津川裕司1,杉立久仁代2,佐久井徳広2,馬場健史1,福崎英一郎1

1阪大院・工・生命先端,2アジレント・テクノロジー)

○Yuki Tsujimoto1, Hiroshi Tsugawa1, Kuniyo Sugitate2, Norihiro Sakui2, Takeshi Bamba1, Eiichiro Fukusaki1

1Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ. 2Agilent Technologies Japan, Ltd.

Keyword: GC/MSGC-QqQMSMetabolomics

 

9月26日

LC/MS/MSに基づくメタボローム解析におけるMSn情報を用いた代謝物群判別法の開発

Development of the method for discriminating metabolite groups in metabolome analysis by LC/MS/MS

杉本孝徳,馬場健史,福崎英一郎

(阪大院・工・生命先端)

Takanori Sugimoto, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

(Dept. Biotech., Grad. Sch. Engi., Osaka Univ.)

Key words  LC/MS, LC/MS/MS, metabolome analysis

 

9月26日

Metabolome on stress-free condition involves stress tolerance ofSaccharomyces cerevisiae

○Zanariah Hashim, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

(Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.)

Keywords: Metabolomics, stress response, transcription factor, PLS/OPLS

 

9月26日

イオンモビリティー質量分析計によるmicroRNA分析技術の開発

Application of ion mobility-mass spectrometry to microRNA analysis

竹林宏祐1,廣瀬賢治2,馬場健史1,福崎英一郎1

(1阪大院・工・生命先端,2日本ウォーターズ)

○Kosuke Takebayashi 1, Kenji Hirose 2, Takeshi Bamba 1, Eiichiro Fukusaki 1

(1 Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 2Nihon Waters K.K. )

 

9月26日

GC/TOFMSによる醤油の代謝物プロファイリングと定量的記述分析法(QDA)との相関解析

Metabolite Profiling of Soy Sauce Using Gas Chromatography with Time-of-Flight Mass Spectrometry and Correlation Analysis with Quantitative Descriptive Analysis

山本慎也1,馬場健史1,佐野敦志2,小玉侑加子2,今村美穂2,小幡明雄2,福崎英一郎1

(1阪大院・工・生命先端2キッコーマン・研究開発本部)

Shinya Yamamoto,1 Takeshi Bamba,1 Atsushi Sano,Yukako Kodama,2Miho Imamura,2 Akio Obata2 and Eiichiro Fukusaki1

(1Dept. Biotech., Grad. Sch. Engi., Osaka Univ., 2R&D Division, Kikkoman Corp.)

Key words Soy sauce, GC/TOFMS, QDA, PLS

 

9月26日

GC/MSによる清酒酵母の代謝ターンオーバー解析
Metabolic turnover analysis of sake yeast by GC/MS

玉田佳大1,中山泰宗1,津川裕司1,堤浩子1,2,馬場健史1,福崎英一郎

1阪大院工・生命先端,2月桂冠・総研)

○Yoshihiro Tamada1, Yasumune Nakayama1, Hiroshi Tsugawa1, Hiroko Tsutsumi1,2, Takeshi Bamba1, Eiichiro Fukusaki1

1Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 2Res. Inst., Gekkeikan Sake Co.

Key Words :  metabolomics, metabolome, sake yeast, GC/MS

 

9月26日

GC/TOF-MSによるチーズのメタボリックプロファイリングとその官能評価モデリングへの応用

Metabolic profiling of cheeses with GC/TOF-MS and its application to sensory predictive modeling

越智 1,2内藤 大滋2岩附 慧二1馬場 健史2福崎 英一郎2 

(1森永乳業・食品基盤研,2阪大院・工・生命先端)

○Hiroshi Ochi1,2, Hiroshige Naito2, Keiji Iwatsuki1, Takeshi Bamba2, Eiichiro Fukusaki2

(1Food Sci. Tech. Inst., Morinaga Milk Industry, 2Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.)

Key words: metabolomics, GC/TOF-MS, cheese, multivariate analysis

 

9月27日

(ワークショップ:バイオアナリシスの現状と未来)

超臨界流体テクノロジーのバイオアナリシスへの応用

Application of supercritical fluid technology to bioanalysis

馬場 健史 

(阪大院・工・生命先端)

○Takeshi Bamba

(Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.)

Key words: supercritical fluid chromatography, supercritical fluid extraction, metabolomics, metabolome

 

9月28日

(ワークショップ:オミックス解析技術の裏技紹介:生物工学分野への応用)

低コストメタボロミクスのすすめ

Recommendation of low-cost metabolomics

福崎 英一郎

(阪大院・工・生命先端)

○Eiichiro Fukusaki

(Dept. Mat., Life Sci., Osaka Univ.)

Key words: metabolomics, NMR, near infrared spectroscopy, GC/FID




日本生薬学会第58回年会,おいて昭和大学,2011925

当帰のGC/MSプロファイリングによる種と産地の判別マーカー探索(ポスター発表)

○小林志寿1,山本豊2,姜東孝2,馬場健史1,福崎英一郎1(阪大工1,株式会社栃本天海堂2


日本生薬学会第58回年会,おいて昭和大学,2011925

川芎の種と産地の判別のための一次代謝物と含有金属元素の網羅的解析(ポスター発表)

○三村奈津紀1,小林志寿1,山本豊2,姜東孝2,原田和生3,馬場健史1,福崎英一郎1(阪大工1,株式会社栃本天海堂2,阪大薬3



フードサイエンスフォーラム第20回記念学術集会
2011年9月17日、おいてコテージヒムカ フェニックスシーガイア(宮崎)

GC/TOFMSによる醤油の代謝物プロファイリング及び定量的記述分析法(QDA)との相関の解析
○山本慎也1、馬場健史1、佐野敦志2、小玉侑加子2、今村美穂2、小幡明雄2、福崎英一郎1
1大阪大院・工、2キッコーマン・研究開発本部



第59回質量分析総合討論会発表記録
1日目(9月13日)
Development of a polar lipid profiling method by supercritical fluid chromatography/mass spectrometry
◯J.W.Lee1, T.Yamamoto1, T.Uchikata1, A.Matsubara1, E.Fukusaki1, T.Bamba1
(1Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., Suita, JAPAN)

2日目(9月14日)
ガスクロマトグラフィー/三連四重極型質量分析を用いた高感度,高選択性メタボリックプロファイリングシステムの開発
◯辻本有輝1,津川裕司1,杉立久仁代2,佐久井徳広2,馬場健史1,福崎英一郎1
(1阪大院工,2アジレント・テクノロジー)

超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた酸化ホスファチジルコリン異性体分析系の構築
◯内方崇人1,松原惇起1,西海信2,篠原正和2,吉田優2,福崎英一郎1,馬場健史1
(1阪大院工,2神大院医)

3日目(9月15日)
ノンターゲットGC/MSメタボロミクス研究に資するデータ解析システムの開発
◯津川裕司1,辻本有輝1,川瀬直樹1,有田正規2,馬場健史1,福崎英一郎1
(1阪大院工,2東大院理)

超臨界流体クロマトグラフィー/タンデム質量分析によるカロテノイド誘導体プロファイリングシステムの開発
◯松原惇起1,内方崇人1,篠原正和2,吉田優2,福崎英一郎1,馬場健史1
(1阪大院・工・生命先端,2神大院・医・質量分析セ)




9th Pangborn Sensory Science Symposium, September 7, 2011
“Sensometrics of natural cheeses using metabolomics-based component profiling”
Hiroshi Ochi1,2; Hiroshige Naito2; Keiji Iwatsuki1; Takeshi Bamba2; Eiichiro Fukusaki2 (1Food Science and Technology Institute, Morinaga Milk Industry Co., Ltd.,Zama, Kanagawa, Japan ; 2Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University, Suita, Osaka, Japan)




SFC2011,July 21-22, 2011, 
"Development of polar lipid profiling method by supercritical fluid chromatography/mass spectrometry", 
Takeshi Bamba1; Jae Won Lee1; Takashi Yamamoto1; Takato Uchikata1; Atsuki Matsubara1; Eiichiro Fukusaki1 (1Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.)

SFC2011,July 21-22, 2011, 
"Construction of Metabolic Profiling Method for Carotenoid Oxidation Products using Supercritical Fluid Chromatography Coupled with Tandem Mass Spectrometry", 
Atsuki Matsubara1, Takato Uchikata1, Masakazu Shinohara2, Masaru Yoshida2, Eiichiro Fukusaki1, Takeshi Bamba1 (1Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University, 2The Integrated Center for Mass Spectrometry, Graduate School of Medicine, Kobe University)




Metabolomics 2011, 7th International Conference of the Metabolomics Society, June 28, 2011,

“Metabolite profiling of soy sauce using gas chromatography with time-of-flight mass spectrometry and correlation analysis with quantitative descriptive analysis”

Shinya Yamamoto1; Takeshi Bamba1; Atsushi Sano2; Yukako Kodama2; Miho Imamura2; Akio Obata2; Eiichiro Fukusaki1 (1Department of Biotechnology, Graduate School of Engineering, Osaka University, Suita, Osaka, Japan; 2Research and Development Division, Kikkoman Corporation, Noda City, Chiba, Japan)

 

Metabolomics 2011, 7th International Conference of the Metabolomics Society, June 29, 2011,

“Metabolic profiling of b-cryptoxanthin and its fatty acid esters by supercritical fluid chromatography coupled with triple quadrupole mass spectrometry”

Yusuke Wada1; Atsuki Matsubara1; Takato Uchikata1; Yugo Iwasaki2; Satoshi Morimoto3; Katsuta Kan4; Tetsuya Ookura5; Eiichiro Fukusaki1; Takeshi Bamba(1Graduate School of Engineering, Osaka University, Suita, Osaka, Japan; 2Graduate School of Bioagricultural Sciences, Nagoya University, Nagoya, Aichi, Japan; 3Food Research Center, Ehime Institute of Industrial Technology, Matsuyama, Ehime, Japan; 4Omishima Fruits Processing Co. Ltd., Imabari, Ehime, Japan; 5Food Function Division, National Food Research Institute, Tsukuba, Ibaraki, Japan)

 


59th ASMS Conference on Mass SpectrometryJune 9, 2011

"Development of polar lipid profiling method by supercritical fluid chromatography/mass spectrometry"

Takeshi Bamba; Takashi Yamamoto; Jae Won Lee; Takato Uchikata; Atsuki Matsubara; Eiichiro Fukusaki (Dept.Biotech., Grad. Sch.Eng., Osaka Univ., Suita , JAPAN)

 

59th ASMS Conference on Mass SpectrometryJune 9, 2011

"Development of metabolic profiling method for carotenoid oxidation products using supercritical fluid chromatography coupled with tandem mass spectrometry"

Atsuki Matsubara1; Takato Uchikata1; Masakazu Shinohara2; Masaru Yoshida2; Eiichiro Fukusaki1; Takeshi Bamba1(1Dept. Biotech., Grad Sch.Eng., Osaka Univ., Suita, JAPAN; 2Grad. Sch. Med., Kobe Univ., Kobe, JAPAN)

 

59th ASMS Conference on Mass SpectrometryJune 9, 2011

"Development of oxidized phosphatidylcholines profiling method by supercritical fluid chromatography/tandem mass spectrometry"

Takato Uchikata1; Atsuki Matsubara1; Shin Nishiumi2; Masakazu Shinohara2; Masaru Yoshida2; Eiichiro Fukusaki1; Takeshi Bamba 1(1Dept. Biotech., Grad Sch.Eng., Osaka Univ., Suita, JAPAN; 2Grad.

Sch. Med., Kobe Univ., Kobe, JAPAN)


---- 

2011年5月31日(火)
“未来へのバイオ技術”勉強会 「メタボロミクス」
「メタボリックプロファイリングの精密表現型解析への応用」福崎英一郎
http://www.jba.or.jp/pc/archive/activitie/2011/tip_biotechnology/guidance/000527.html

 ----


【日本薬学会131年会(おいて静岡),2011328日~31日のだったが,東北地方太平洋沖地震のため中止.しかしながら,発表は成立したとの学会の解釈】

特別シンポジウム メタボローム研究の最前線,2011331日に開催予定

「メタボロミクスの定量的表現型解析への応用」

福崎英一郎

 

 

 

【日本農芸化学会2011年大会(おいて京都),2011325日~28日に開催予定だったが,東北地方太平洋沖地震のため中止.しかしながら,発表は成立したとの学会の解釈】

2011/03/26

Metabolome analysis of polyhydroxyalkanoate-producing bacterium Ralstonia eutropha

ポリエステル生産菌Ralstonia eutrophaのメタボローム解析

○福居 俊昭、長 健太、原田 和生1、中山泰宗2、折田 和泉、馬場 健史2、中村 聡、福崎 英一郎2

東工大院・生命、1阪大院・薬、2阪大院・工

 

2011/03/26

A novel sulfation mechanism sulfation of prostaglandins

新規硫酸化経路:プロスタグランジン硫酸化に関する研究

○黒木 勝久1、山本 慎也2、榊原 陽一1,3、角田 佳充4,5、馬場健史2、福崎 英一郎2Liu, M.-C.6、木村 誠4,5、吉川 博道3、水光正仁1,3

1宮崎大院・農工総合・生物機能、2阪大院・工・生命先端工、3宮崎大・農・応生科、4九大院・農・生物機能、5九大院・システム生命、6トレド大・薬

 

2011/03/26

Development of a data mining platform in GC-MS metabolomics

GC-MSメタボロミクスのデータ解析プラットホームの開発

○津川 裕司、辻本 有輝、西海 信1、篠原正和1、吉田 優1、有田 正規2、馬場 健史、福崎 英一郎

阪大院工・応生工、1神大院・医、2東大院・情

 

2011/03/26

prediction of yeast stress tolerance from metabolome information under non-stress condition

非ストレス条件下の酵母のメタボロームを用いたストレス耐性予測

○内藤 大滋、山根 大輔、向 由起夫1、馬場健史、福崎 英一郎

阪大院・工、1長浜バイオ大・バイオサイエンス

 

2011/03/26

Application of Metabolome Analysis to Determine Important Pathways for Ethanol Fermentation Performance in Recombinant Yeast

組換え酵母におけるエタノール発酵性能に重要な代謝経路特定へのメタボローム解析の利用

WALUYO Danang、畠中 治代1、馬場 健史、近藤 昭彦2、福崎 英一郎

阪大院工、1サントリーHDR&D2神戸大院工

 

2011/03/27

Elucidation of Synthetic Pathway of Glycolipids in cells using nanoLC-FL-MSn

nanoLC-FL-MSnを用いた細胞内糖脂質合成過程の解明研究

○大黒 周作1,2、大竹 敦子1,2、小林 まり子1、鈴木 克彦1,2、福崎英一郎3、伊藤 幸成1,2、蟹江 治1,2

1JST ERATO理研、3阪大院 工

 

2011/03/27

Spatiotemporal Analysis of Biosynthesis of Glycolipids in cells

細胞内糖鎖合成過程の時間空間的解析

○大竹 敦子1,2、大黒 周作1,2、鈴木 克彦1,2、小林 まり子1,2、福崎英一郎3、伊藤 幸成1,2、蟹江 治1,2

1JSTERATO2理研、3阪大院・工

 

ランチョンセミナー

2011/03/26

バランスは「おいしさ」に繋がるか?メタボリックプロファイリングの食品・生薬研究への応用

福崎 英一郎

大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻

 

 

2010年>

 

The 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), Honolulu, Hawaii, USA, December 18, 2010, Session Title:Recent Advances in Bioanalysis: Ultra-Small Volumes, Global Metabolite Profiling and Single Cells

Takeshi Bamba, Atsuki Matsubara, Eiichiro Fukusaki (Dept. Biotech., Grad.Sch. Eng., Osaka Univ.)

"Development of new lipid metabolomics system using supercritical fluid chromatography/mass spectrometry"

 

 

 

30回キャピラリー電気泳動シンポジウム30周年記念大会 おいて長良川国際会議場(岐阜),20101116日発表

特別セッション5「メタボロミクス」オーガナイザー:曽我朋義,福崎英一郎

ポジティブモードCE-MSによるアニオン性代謝産物網羅的測定法とその応用

原田和生,福崎英一郎

 

 

 

62回 日本生物工学会大会 おいて宮崎,20101028日発表

超臨界流体クロマトグラフィーを用いたベータクリプトキサンチンエステル分析技術の開発(ポスター)

〇和田雄介1・松原惇起1・岩崎雄吾2・森本聡3・菅剋太4・大倉哲也5・福崎英一郎1・馬場健史1

(阪大院・工・生命先端1・名大院・生命農2・愛媛産技研・食産技セ3・大三島果汁工業4・食総研5

 

62回 日本生物工学会大会 おいて宮崎,20101028日発表

超臨界流体クロマトグラフィーにおける分離特性の解析 ーカラム修飾が分子認識能に与える影響についてー(ポスター)

〇松原惇起1・和田雄介1・表正克2・栗山尚浩2・福崎英一郎1・馬場健史1

(阪大院・工・生命先端1・㈱ワイエムシィ2

 

62回 日本生物工学会大会 おいて宮崎,20101027日発表

馬場健史,メタボロミクスの技術開発と応用,第62回日本生物工学会大会 生物工学奨励賞(斎藤賞)受賞講演,宮崎,20101027

 

62回 日本生物工学会大会 おいて宮崎,20101028日発表

馬場健史,超臨界流体利用技術のフードメタボロミクスへの応用,第62回日本生物工学会大会シンポジウム「食の機能・安全を科学する-おいしさから生理活性,安全性の評価まで」,宮崎,20101028

 

62回 日本生物工学会大会 おいて宮崎,20101028日発表

福崎英一郎,メタボロミクスの生薬/食品研究への応用,第62回日本生物工学会大会シンポジウム「食の機能・安全を科学する-おいしさから生理活性,安全性の評価まで」,宮崎,20101028

 

62回 日本生物工学会大会 おいて宮崎,20101028日発表

GC-MSクロマトグラムデータにおける化合物自動同定システムの開発」(ポスター)

1津川裕司,1辻本有輝,2有田正則,1馬場健史,1福崎英一郎

1大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻生物資源工学領域

2東京大学大学院情報生命化学専攻バイオシステム科学講座

 

62回 日本生物工学会大会 おいて宮崎,20101028日発表

安定同位体希釈率の経時変化情報による中央代謝ターンオーバー解析(ポスター)

中山泰宗,馬場健史,福崎英一郎

阪大院・工・生命先端

 

 

 

日本生薬学会第57回年会,おいて徳島文理大学,2010925

当帰の種判別のためのUPLC/MS によるフィンガープリンティング(ポスター発表)

○小林志寿1,山本豊2,姜東孝2,馬場健史1,福崎英一郎1(大阪大工1,株式会社栃本天海堂2

 

日本生薬学会第57回年会,おいて徳島文理大学,2010925

当帰のメタボリックフィンガープリンティングによる品質予測モデル(ポスター発表)

小林志寿1,高橋政友1,山本豊2,姜東孝2,馬場健史1,○福崎英一郎1(大阪大工1,株式会社栃本天海堂2

 

 

 

SFC2010Sep 15-16, 2010

Metabolic profiling of soybean lipids by supercritical fluid chromatography/mass spectrometry Takeshi Bamba 1; Jae Won Lee1; Takato Uchikata1; Atsuki Matsubara1; Takuji Nakamura2; Eiichiro Fukusaki1 1Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.,; 2National Institute of Crop Science, NARO

 

SFC2010Sep 15-16, 2010

Metabolite profiling of carotenoids and their derivatives by supercritical fluid chromatography coupled with tandem mass spectrometry Atsuki MATSUBARA, Yusuke WADA, Eiichiro FUKUSAKI, Takeshi BAMBA Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

 

 

5回メタボロームシンポジウムおいて鶴岡,2010910日発表

メタボリックプロファイリングの生薬・食品研究への応用(口頭発表,招待講演)

福崎英一郎

 

5回 メタボロームシンポジウムおいて鶴岡,20100910日発表

「メタボリックフィンガープリンティングによるセンキュウの品質評価」

長澤早紀1,小林志寿1,山本豊2,姜東孝2,馬場健史1,福崎英一郎1

1大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻生物資源工学領域

2株式会社栃本天海堂

 

5回 メタボロームシンポジウムおいて鶴岡,20100910日発表

安定同位体希釈率の経時変化情報による中央代謝ターンオーバー解析(ポスター発表)

中山泰宗,馬場健史,福崎英一郎

 

5回 メタボロームシンポジウムおいて鶴岡,20100910日発表

超臨界流体利用技術のカロテノイドプロファイリングへの応用(ポスター発表)

馬場 健史、松原 惇起、和田 雄介、福崎 英一郎

 

5回 メタボロームシンポジウムおいて鶴岡,20100910日発表

フーリエ変換型近赤外分光光度計を用いた緑茶蒸熱パラメータの予測モデル構築(ポスター発表)
小野大騎(1),馬場健史(1),奥勇一(2),米谷力(3),福崎英一郎(1)
(1)大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻
(2)奈良県農業総合センター茶業振興センター
(3)奈良県中小企業支援センター

 
 
 
 
 
 
 
 

JAIMAコンファレンス2010,平成22831日~93日,おいて幕張メッセ国際会議場

(メタボリック・プロファイリング -最近の話題-)

「メタボリックフィンガープリンティングの高解像度表現型解析への応用」

福崎英一郎(大阪大学工学研究科)

 

 

 

23回バイオメディカル分析科学シンポジウム,平成22722日,おいてホテル大観荘(松島)

シンポジウム「オミクス分析科学の最前線」(オーガナイザー:石濱泰,本山晃)

「メタボリックフィンガープリンティングの高解像度表現型解析への応用」

福崎英一郎(大阪大学工学研究科)

 

 

 

37BMSコンファレンス,平成2278日,

「メタボリックフィンガープリンティングの高解像度形質解析への応用」,

馬場健史(阪大院・工)

 

37BMSコンファレンス,平成2278日,

「超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析によるカロテノイド分析系の構築」,

松原惇起(阪大院・工)

 

 

 

58回質量分析総合討論会,平成22617日,

「超臨界流体クロマトグラフィータンデム質量分析を用いたカロテノイドエステル類の代謝プロファイリング」,

松原惇起1,6・和田雄介1・岩崎雄吾2・森本聡3・大倉哲也4・菅剋太5・福崎英一郎1・馬場健史1(1阪大院・工・生命先端  2名大院・農  3愛媛産技研  4食総研  5()大三島果汁工業  6学振DC)

 

58th ASMS Conference on Mass SpectrometryMay 27, 2010

"Application of supercritical fluid chromatography/mass spectrometry to lipid profiling of soybean"

Takeshi Bamba 1; Jae Won Lee1; Takato Uchikata1; Atsuki Matsubara1; Takuji Nakamura2; Eiichiro Fukusaki1 (1Dept.Biotech., Grad. Sch.Eng., Osaka Univ., Suita , JAPAN; 2National Institute of Crop Science, NARO)

 

58th ASMS Conference on Mass SpectrometryMay 25, 2010

"Profiling system for carotenoids and their oxidized products using supercritical fluid chromatography coupled with mass spectrometry"

Atsuki Matsubara1; Yusuke Wada1; Hiroki Ishida2; Kazuo Harada2; Kazumasa Hirata2; Eiichiro Fukusaki1; Takeshi Bamba1 (1Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., Suita, Japan; 2Grad. Sch. Pharm. Sci.)

 

 

 

【日本農芸化学会2010年度大会,2010328日~330日,おいて東京大学】

 

日本農芸化学会2010年度大会 2010/03/28

フロフラン型リグナンを蓄積するように代謝改変を行ったシロイヌナズナのリグナン代謝プロファイリング

○岡澤 敦司、堀 遂人、畑 直樹、和泉 自泰、馬場 健史、福崎 英一郎、小埜 栄一郎1、佐竹炎2、小林 昭雄

阪大院工・生命先端、1サントリーHD・コア研、2サントリー生有研

 

日本農芸化学会2010年度大会 2010/03/28

糖脂質合成過程の解明を目指した NanoLC-FL-MSnの開発研究

○大黒 周作、大竹 敦子、鈴木 克彦、小林 まり子、福崎 英一郎1、蟹江治

三菱生命研、1阪大院・工

 

日本農芸化学会2010年度大会 2010/03/28

蛍光プローブを用いて糖脂質の合成過程の時間空間解析を目指して

○大竹 敦子、大黒 周作、鈴木 克彦、小林 まり子、福崎 英一郎1、蟹江治

三菱生命研、1阪大院・工

 

日本農芸化学会2010年度大会 2010/03/29

メタボローム解析による酵母変異株ライブラリーのスクリーニングシステムの開発

○玉田 佳大、吉田 亮1、向 由起夫2、馬場健史1、福崎 英一郎1

阪大工・応自、1阪大院工・生命先端、2長浜バイオ大・バイオサイエンス

 

日本農芸化学会2010年度大会 2010/03/29

酵母転写因子遺伝子破壊株ライブラリーのメタボローム解析と表現型予測への応用

○山根 大典、向 由起夫1、馬場 健史、福崎 英一郎

阪大院工・生命先端、1長浜バイオ大・バイオサイエンス

 

日本農芸化学会2010年度大会 2010/03/29

線虫(Caenorhabditis elegans) 発生過程のメタボロ―ム解析

○廣末 瑛介、高崎 輝恒1、馬場 健史、藤原 俊伸2、福崎 英一郎

阪大院・工、1カリフォルニア大学、2神戸大院・工

 

2010/03/29

GC/MSを用いたメタボリックフィンガープリンティングによる当帰の品質評価

○小林 志寿、高橋 政友、山本 豊1、姜 東孝1、馬場 健史、福崎 英一郎

大阪大学・工、1栃本天海堂

 

2010/03/29

メタボローム解析技術を利用したパンフレーバーのプロファイリング

○神徳 美穂、TAKENO Kanokwan、馬場 健史、福崎 英一郎

阪大院工・応生工

 

2010/03/29

超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析による脂質プロファイリング

○馬場 健史、李 載元、内方 崇人、松原 惇起、中村 卓司1、福崎 英一郎

阪大院工・応生工、1作物研

 

日本農芸化学会2010年度大会 2010/03/29

A quality assessment of Paeoniae Radix (Shakuyaku) by GC- and LC-based metabolic fingerprinting

Kanokwan JUMTEE1,2, Takeshi BAMBA1, Eiichiro FUKUSAKI1

1Osaka U., 2 Nara Pref. SME Support Corp.

 

 

2009年>

 

【分子生物学会第32年会,2009129日~12日】

分子生物学会第32年会,20091210日,おいてパシフィコ横浜

メタボローム解析による線虫C.elegansの発生と代謝物の相関関係探索(ポスター発表)

廣末瑛介,笹野有未,馬場健史,藤原俊伸,福崎英一郎

 

 

【第4回メタボロームシンポジウム,平成211118日,19日,おいて横浜市立サイエンスフロンティア高等学校】

4回メタボロームシンポジウム,平成211118

超臨界流体テクノロジーのメタボロミクスへの応用

馬場健史

 

4回メタボロームシンポジウム,平成211118

ナノフロー液体クロマトグラフィー/質量分析計による植物代謝産物の高感度定量分析

和泉 自泰,岡澤 敦司,梶山 慎一郎,馬場 健史,小林 昭雄,福崎 英一郎

 

4回メタボロームシンポジウム,平成211118

ベラドンナ培養根における環境ストレスに対する代謝変動

藤本真梨子原田和生馬場健史福崎英一郎平田收正

 

 

【第61回 日本生物工学会大会,平成21923日~925日,おいて名古屋大学】

 

61回日本生物工学会大会,平成21923

Unique peptides were produced in in vitro tryptic digestion of α-casein in the presence of a phenolic compound, gallic acid

○Ping LAI, Atsushi OKAZAWA, Yoshihiro IZUMI, Takeshi BAMBA,Eiichiro FUKUSAKI, Masaaki YOSHIKAWA, Akio KOBAYASHI (Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

Application of supercritical fluid chromatography/mass spectrometry (SFC/MS) to lipid profiling of soybean

              JaeWon Lee1, Takato Uchikata1, Atuki Matubara1, Takuji Nakamura2, Eiichiro Fukusaki1, Takeshi Bamba11Dept. Mat. Life Sci., Osaka Univ, 2NICS)

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

メタノール資化酵母の脂肪酸不飽和化酵素遺伝子の単離

圓井 真, ○金子 嘉信馬場 健史福崎 英一郎杉山 峰崇原島 俊(阪大院・工・生命先端)

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

光受容体フィトクロム A を非光合成植物由来のものに置換したシロイヌナズナの光応答

岡澤 敦司1, 高木 一輝1, 福崎 英一郎1, 米山 弘一2, 竹内 安智2, 小林 昭雄11阪大院・工・生命先端, 2宇都宮大・雑草科研)

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

トランスポリイソプレン生合成のトランスクリプトーム解析

上藤 洋敬1, 櫻井 望2, 藤井 文子2, 尾形 善之2, 藤本 真梨子3, 原田 陽子1,井上 純大1, 陳 任1, 李 雪紅1,平田 收正3, 玉泉 幸一郎4, 馬場 健史5,福崎 英一郎5, 小林 昭雄5, 鈴木 秀幸2, 柴田 大輔2, 中澤 慶久1, 5日立造船, 2 かずさDNA, 3阪大院・薬, 4九大院・農, 5阪大院・工・生命先端

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

タバコを用いたトチュウ(Eucommia ulmoides Oliver)由来トランスポリイソプレン合成酵素の機能解析

原田 陽子1, 上藤 洋敬1, 馬場 健史2, 陳 任1, 井上 純大1, 李 雪紅1, 玉泉 幸一郎3,福崎 英一郎2, 小林 昭雄2, 平田 收正4, 中澤 慶久1, 21日立造船, 2阪大院・工・生命先端, 3九大院・農, 4阪大院・薬)

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

トチュウのトランス型ポリイソプレン生合成系関連遺伝子の特定と発現

陳 任1, 原田 陽子1, 井上 純大1, 李 雪紅1, 上藤 洋敬1, 中澤 慶久1, 2, 馬場 健史2,福崎 英一郎2, 玉泉 幸一郎1日立造船, 2阪大院・工・生命先端, 3九大院・農・森林)

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

LC-ESI-IT-TOF-MSを用いた定量的microRNA 解析手法の開発

和泉 自泰瀧村 晋長澤 早紀馬場 健史福崎 英一郎(阪大院・工・生命先端)

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた脂質プロファイリングにおける誘導体化法の検討

山本 隆士内方 崇人福崎 英一郎馬場 健史(阪大院・工・生命先端)

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

メタボローム解析から捉えた線虫 Caenorhabditis elegans life cycle

廣末 瑛介1, 笹野 有未2, 馬場 健史1, 藤原 俊伸2, 福崎 英一郎11阪大院・工・生命先端, 2神戸大院・工・応用化学)

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

トチュウバイオマスからのトランス型ポリイソプレン生産技術の開発

中澤 慶久1,2, 堤 雅史1, 魯 テイ1, 原田 陽子1, 李 雪紅1, 馬場 健史2, 小林 昭雄2,岡澤 敦司2, 福崎 英一郎2, 清水 徹11日立造船, 2阪大院・工・生命先端)

 

61回日本生物工学会大会,平成21924

ゴマ由来ピペリトール/セサミン合成酵素 CYP81Q1 を発現させたシロイヌナズナに含まれるリグナン関連化合物のプロファイリング

堀 遂人1, 岡澤 敦司1, 橋爪 祥輝1, 畑 直樹1, 和泉 自泰1, 馬場 健史1, 福崎 英一郎1,小埜 栄一郎2, 佐竹 炎3, 小林 昭雄4阪大院・工・生命先端, 2サントリー,3サントリー生有研, 4阪大・RISS

 

61回日本生物工学会大会,平成21925

シンポジウム(ポストトランスクリプトミクス研究の最前線)(メタボロミクス研究部会共催)

メタボロミクス研究における超臨界流体テクノロジーの可能性

馬場 健史(阪大院・工・生命先端)

 

61回日本生物工学会大会,平成21925

シンポジウム(ポストトランスクリプトミクス研究の最前線)(メタボロミクス研究部会共催)

メタボリックフィンガープリンティングの高解像度表現型解析への応用

福崎 英一郎(阪大院・工・生命先端)

 

61回日本生物工学会大会,平成21925

シンポジウム(非侵襲シングルセル解析 -ライフサーベイヤーのめざす生物科学-)(コンビナトリアル・バイオ工学研究部会ナノバイオテクノロジー研究部会共催)

エンバク感染応答の1細胞分析

梶山 慎一郎1, 和泉 自泰2, 中村 亮介3, 石原 亨4, 岡澤 敦司2,福崎 英一郎2, 兼松 泰男2, 小林 昭雄21近畿大・生物理工, 2阪大院・工・生命先端,3東北大院・理・物理, 4鳥取大・農・生物資源)

 

61回日本生物工学会大会,平成21925

シンポジウム(システムバイオテクノロジーが拓く生命工学)

合成生物工学-シンセティックバイオエンジニアリングによるバイオプロダクション

近藤 昭彦1, 福崎 英一郎2, 蓮沼 誠久1神戸大・工・応化, 2阪大院・工・生命先端)

 

 

 

【第34回日本医用マススペクトル学会年会,平成21910日~11日,おいて近畿大学Eキャンパス】

シンポジウム4:「健康と疾患のためのメタボロミクス」(オーガナイザー:田口良(東大),福崎英一郎(阪大))

 

34回日本医用マススペクトル学会年会,平成21911日,おいて近畿大学

「メタボリックフィンガープリンティングの高解像度表現型解析への応用」

福崎英一郎

 

34回日本医用マススペクトル学会年会,平成21911日,おいて近畿大学

「超臨界流体利用技術の代謝プロファイリングへの応用」

馬場健史

 

 

2008分析展セミナー, 200992日,おいて幕張メッセ国際会議場】

JAIMAコンファレンス「メタボリック・プロファイリング再入門 -食品・医療・ものづくり-

福崎英一郎(大阪大学)

「メタボロミクスは,ものづくりバイオのナビゲータ」

 

 

【日本杜仲研究会第4回定期大会,平成2181日,おいてANAクラウンプラザホテル大阪】

 

日本杜仲研究会第4回定期大会,平成2181

トチュウバイオマスからのトチュウゴム生産技術の開発

中澤 慶久1, 2、堤 雅史1、魯 婷1、原田 陽子1、李 雪紅1、馬場 健史2、小林 昭雄2、岡澤 敦司2、福崎 英一郎2、蘇 印泉3、清水 徹11. 日立造船株式会社 技術研究所、2. 大阪大学大学院 工学研究科、3. 西北農林科技大学林学院)

 

トランスポリイソプレン生合成の遺伝子発現プロファイリング

上藤 洋敬1、櫻井 望2、藤井 文子2、尾形 善之2、藤本 真梨子3、原田 陽子1、井上 純大1、陳 任1、李 雪紅1、平田 收正3、玉泉 幸一郎4、馬場 健

5、福崎 英一郎5、小林 昭雄5、鈴木 秀幸2、柴田 大輔2、中澤 慶久1, 51. 日立造船株式会社 技術研究所、2. かずさDNA 研究所、3. 大阪大学大学院 薬学研究科、4. 九州大学大学院 農学研究院、5. 大阪大学大学院 工学研究科)

 

トチュウのメタボローム解析

馬場 健史1、内方 崇人1、井上 純大2、上藤 洋敬2、原田 陽子2、中澤 慶久2、福崎 英一郎11. 大阪大学大学院 工学研究科、2. 日立造船株式会社 技術研究所)

 

 

 

[Plant Biology 2009, July 18-22, 2009. Hawaii Convention Center, Honolulu, Hawaii, USA. (Joint annual meeting s of the American Society of Plant Biologists and the Phycological Society of America)]

 

P51010 Unique primary metabolism during seed germination of root parastic plants

Okazawa, Atsushi-presenter okazawa@bio.eng.osaka-u.ac.jp(a) Benesh, Joseph (a) Bamba, Takeshi (a) Eiichiro, Fukusaki (a) Koichi, Yoneyama (b) Yasutomo, Takeuchi (b) Yukihiro, Sugimoto (c) Akio, Koabayashi (a)

 

P60034 "Functional analysis of an Eucommia trans-1,4-polyisoprene synthase in tobacco plants"

Harada, Yoko-presenter nakadou@bio.eng.osaka-u.ac.jp(a) Uefuji, Hirotaka (a) Nakazawa, Yoshihisa (a,b) Bamba, Takeshi (b) Chen, Ren (a) Inoue, Sumihiro (a) Li, Xuehong (a) Gyokusen, Koichiro (c) Fukusaki, Eiichiro (b) Kobayashi, Akio (b) Hirata, Kazumasa (b)

 

 

57th ASMS Conference on Mass Spectrometry, Philadelphia, PA, May 31 - June 4, 2009

TP111 (June 2, 2009)

Application of supercritical fluid technologies to profiling of various lipophilic metabolites. 57th ASMS Conference on Mass Spectrometry, 2009/6, Philadelphia Convention Center.

Takeshi Bamba, Atsuki Matsubara Eiichiro Fukusaki

 

【第57回質量分析総合討論会2009大阪,513日~515日】

57回質量分析総合討論会2009大阪,514

シンポジウム,メタボロミクス研究の最新動向と今後の展望(オーガナイザー,馬場健史(大阪大学))

「メタボリックフィンガープリンティングの技術開発と高解像度表現型解析への応用」

福崎英一郎

 

57回質量分析総合討論会2009大阪,514

シンポジウム,メタボロミクス研究の最新動向と今後の展望(オーガナイザー,馬場健史(大阪大学))

超高速液体クロマトグラフおよびイオントラップ-飛行時間型質量分析計を用いた緑茶葉の代謝物プロファイリング

( 1島津製作所 ・ 2大阪大学)

o小倉泰郎・ 山本卓志・ 八巻 聡・ 吉田達成・ 三上博久・ 川原 類・ 馬場健史・ 福崎英一郎2

 

57回質量分析総合討論会2009大阪,515

低拡散ナノカラムを用いたナノLC-FL-MSによる微量物質分析法の開発 
o
大竹敦子・ 大黒周作・ 小野康成・ 福崎英一郎・ 蟹江 治( 1三菱生命研 ・ 2阪大院・工)

 

57回質量分析総合討論会2009大阪,515

GC-MSによるヒドラジン投与ラット尿および血漿のメタボローム解析(ノンターゲット分析)

o坂東清子1,2 ・ 国松武史・ 掘井和成・ 三上真一・ 木村重紀・ 船橋 斉・ 関 高樹・ 馬場健史・ 福崎英一郎2 ( 1大日本住友製薬() 安全研 ・ 2阪大大学院 工学研究科)

57回質量分析総合討論会2009大阪,515

超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析によるカロテノイド類代謝プロファイリング 
o
松原惇起・ 石田洋基・ 平田收正・ 福崎英一郎・ 馬場健史1 ( 1阪大院・工 ・ 2阪大院・薬)

 

57回質量分析総合討論会2009大阪,515

ナノフロー液体クロマトグラフィー/イオントラップ型質量分析計による植物ホルモン類の網羅的定量分析 
o
和泉自泰 ・ 岡澤敦司 ・ 馬場健史 ・ 小林昭雄 ・ 福崎英一郎大阪大学)

 

 

【日本農芸化学会2009年度大会,2009327日~29日,おいて福岡国際会議場・マリンメッセ福岡】

日本農芸化学会2009年度大会,2009328

LC/IT-TOF-MSによる定量的microRNA解析手法の開発(ポスター発表);瀧村 晋、和泉 自泰、馬場 健史、福崎 英一郎(阪大院・工・生命先端)

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009328

超臨界クロマトグラフィー/質量分析を用いた大豆の脂質プロファイリング(ポスター発表);内方 崇人、松原 惇起1、中村 卓司2、福崎 英一郎、馬場 健史(阪大院・工・生命先端、1阪大院薬、2作物研)

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009328

GC-MS分析における代謝物同定のためのアルゴリズム開発(ポスター発表);橋本 卓哉、馬場 健史、大石 貴史1、池田 達彦、林 俊介、金谷 重彦1、福崎 英一郎

(阪大院・工・生命先端、1奈良先端大・情報科学)

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009328

緑茶製造における蒸熱工程管理の重要指標である「蒸し度」のFT-NIR分析および多変量解析による推定モデル(ポスター発表); 川原 類、米谷 力1、馬場 健史、福崎 英一郎(阪大院・工・生命先端、1奈良・茶業センター)

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009328

LCMS-IT-TOFを用いた緑茶葉の品質に寄与する代謝物プロファイリング(ポスター発表); 小倉 泰郎、山本 卓志、八巻 聡、吉田 達成、三上 博久、川原 類1、馬場 健史1、福崎 英一郎1 (島津分析応技、1阪大院・工・生命先端工)

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009328

キシロース資化性遺伝子組換え酵母の代謝プロファイリング解析(ポスター発表); ○WALUYO Danang、阿部 祐一郎1、馬場 健史、荻野 千秋1、小林 昭雄、近藤 昭彦1、福崎 英一郎 (阪大院・工・生命先端、1神戸大院・工)

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009328

A metabolic fingerprinting and quality prediction of Camellia sinensis by fast gas chromatography with flame ionization detection (ポスター発表); ○Kanokwan JUMTEE, Takeshi BAMBA, Eiichiro FUKUSAKI (Osaka Uni. Grad. Eng. Dept. Biotech. 

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009328

E.coliの新奇ビタミンB6タンパク質、YggSの構造と機能(ポスター発表); 伊藤 智和、高山 さゆり、後藤 勝1、邊見 久、福崎 英一郎2、吉村 徹 (名大・生命農、1東邦大・理、2阪大・工学研 )

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009328

フェムト秒レーザーを用いたGABA高生産酵母の育種(ポスター発表); 堤 浩子、犬童 雅栄、坂倉 政明1、橋本 卓哉2、梶山 慎一郎3、福崎 英一郎2、植田 充美4、平尾 一之5、秦 洋二、安部 康久 (月桂冠総研、1京大ICC2阪大院工・応生工、3近畿大生物理工・生物工、4京大院農・応用生命、5京大院工・材料化学)

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009329

キャピラリー LC/MS を用いたシロイヌナズナに含まれるリグナン関連化合物のプロファイリング(ポスター発表); 堀 遂人、岡澤 敦司、畑 直樹、和泉 自泰、佐竹 炎1、馬場 健史、福崎 英一郎、小林 昭雄 (阪大院工・生命先端工、1サントリー生有研)

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009329

寄生植物の発芽過程における代謝変動解析(ポスター発表); 岡澤 敦司、BENESH Joseph、馬場 健史、福崎 英一郎、杉本 幸裕1、米山 弘一2、竹内 安智2、小林 昭雄 (阪大院工・生命先端工、1神戸大院農・生命機能科、2宇都宮大・雑草科研セ)

 

日本農芸化学会2009年度大会,2009328

非光合成寄生植物ヤセウツボ由来フィトクロムAの機能解析(ポスター発表); 高木 一輝、岡澤 敦司、馬場 健史、福崎 英一郎、米山 弘一1、竹内 安智1、小林 昭雄 (阪大院工・応生工、1宇都宮大・雑草研 )

 

 

【第50回日本植物生理学会年会,2009321日~24日,おいて名古屋大学】

50回日本植物生理学会年会,2009321日,おいて名古屋大学

メタボリック・プロファイリングを用いたクズ蔓中総イソフラボノイド量予測

團迫智子1,清水浩美2,中野智彦3,木村聡4,岡澤敦司4,福崎英一郎4,河村幸雄51奈良中小企業支援セ・コア研,2奈良工技セ,3奈良高原セ,4阪大院・工・生命先端,5近畿大・農・応用生命化)

 

50回日本植物生理学会年会,2009321日,おいて名古屋大学

サイトカイニンシグナルを介したソースシンク間での窒素代謝制御の解析(ポスター発表)

五十嵐大亮1,和泉自泰2,戸塚一彦1,福崎英一郎2,大住千栄子11味の素㈱ ライフサイエンス研究所,2大阪大学工学研究科)

 

50回日本植物生理学会年会,2009321日,おいて名古屋大学

全寄生植物ヤセウツボのフィトクロム A はシロイヌナズナで機能するか?(ポスター発表)

岡澤敦司1,高木一輝1,馬場健史1,福崎英一郎1,米山弘一2,竹内安智2,小林昭雄11阪大院・工,2宇都宮大・雑草科研セ)

 

 

2008年>

 

BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会),2008129日~12日,おいて神戸)】

BMB200820081210日,おいて神戸

「出芽酵母メタボローム解析からの複製的寿命の予測と長寿命変異株の推定」

田村隆行,吉田亮,福崎英一郎,向由起夫

 

BMB200820081210日,おいて神戸

「出芽酵母メタボローム解析からの複製的寿命の予測と長寿命変異株の推定」(ポスター)

田村隆行,吉田亮,福崎英一郎,向由起夫

 

BMB200820081211日,おいて神戸

シンポジウム:バイオ燃料生産プロセスに資する分子生物学-バイオリファイナリー統合新時代に向けて

「メタボロミクスによる高精度表現型解析と戦略的分子育種への応用」

福崎英一郎

 

BMB200820081212日,おいて神戸

シンポジウム:最新メタボロミクス事情と植物科学への貢献

13CO2を用いた同位体標識による葉内代謝物質のターンオーバー解析」

蓮沼誠久,原田和生,三宅親弘,福崎英一郎

 

 

【日本生薬学会関西支部平成20年度秋期講演会 「生薬に関する最近の話題」 20081127日おいて,大阪薬業年金会館】

「生薬におけるメタボロミクスの活用」 福崎英一郎(大阪大学)

 

4th Korea-Japan Workshop on Combinatorial Bioengineering, 2008/11/22-2008/11/23, at Kookmin University, Korea

 

4th Korea-Japan Workshop on Combinatorial Bioengineering, 2008/11/22, at Kookmin University, Korea

“Prediction and Strategic Extension of Life Span Using Metabolomics” (Invited Lecture)

Eiichiro Fukusaki, Ryo Yoshida, Yukio Mukai

 

4th Korea-Japan Workshop on Combinatorial Bioengineering, 2008/11/22, at Kookmin University, Korea

“Metabolic Fingerprinting of Green Tea for Improvement of Manufacturing Process” (Poster)

Rui Kawahara, Takeshi Bamba, Tsutomu Yonetani, Eiiciro Fukusaki”

 

4th Korea-Japan Workshop on Combinatorial Bioengineering, 2008/11/22, at Kookmin University, Korea

“Development of a Method for the Quantitative MicroRNA Analysis by LC/MS” (Poster)

Shin Takimura, Yoshihiro Izumi, Takeshi Bamba, Eiichiro Fukusaki

 

4th Korea-Japan Workshop on Combinatorial Bioengineering, 2008/11/22, at Kookmin University, Korea

“Lipid Profiling of Soybean by Using Supercritical Fluid Chromatography/mass spectrometry.” (Poster)

Takato Uchikata, Atuki Matubara, Takuji Nakamura, Eiichiro Fukusaki, Takeshi Bamba

 

 

【第5回コンビナトリアル・バイオエンジニアリング会議 ~ポストゲノムデータベース時代の幕開け,バイオテクノロジー新時代をゆく,2008117日,おいて,千里阪急ホテル】

「メタボロミクスの高次表現型解析への応用」

福崎英一郎

 

【第3回メタボロームシンポジウム ~メタボロミクスが解き明かす生命のシステム~,20081030日~111日,おいて慶應義塾大学先端生命科学研究所センター棟隣接東北公益文科大学大学院ホール】

 

3回メタボロームシンポジウム,20081030

「代謝物フィンガープリンティングによるゼブラフィッシュ初期発生胚の発生段階予測」(口頭発表)

 福崎英一郎(阪大院・工)

 

3回メタボロームシンポジウム,20081031

「ニチニチソウのメチルジャスモン酸応答に関するメタボローム解析」(ポスター発表)

原田和生,田伏哲也,大山陽子,小林昭雄,福崎英一郎

 

 

The 2nd Annual International Conference on Supercritical Fluid Chromatography (SFC 2008), ETH, Zurich, October 1-2, 2008

Poster, October 1-2, 2008

Application of supercritical fluid chromatography to analysis of hydrophobic metabolites.

Bamba, T., Matsubara, A., Hirata, K., Nakazawa, Y., Kobayashi, A., Fukusaki, E..

 

 

【酵母遺伝学フォーラム第41回研究報告会 2008910日~12日,おいて北海道大学】

酵母遺伝学フォーラム 2008910日 新しい技術・分野(Ⅰ)

向由起夫1,田村隆行1,吉田亮2,福崎英一郎21長浜バイオ大・バイオサイエンス,2阪大院・工・生命先端)

「代謝物プロファイルからの出芽酵母複製的寿命の予測」

 

酵母遺伝学フォーラム 2008912日 ポストゲノム(ポスター)

堤浩子1,水本真紀子1,犬童雅栄1,橋本卓也2,福崎英一郎2,秦洋二1(1月桂冠・総研,2阪大院・工・生命先端)

「清酒酵母Saccaharomyces cereviciaeのメタボロミクス」

 

 

2008分析展セミナー,おいて幕張メッセ国際会議場,200894日】

JAIMAコンファレンス「メタボリック・プロファイリング:食品と健康を測る」

福崎英一郎(大阪大学)

「メタボリック・フィンガープリンティングの技術開発と応用」

 

 

【日本植物細胞分子生物学会(大阪)大会・シンポジウム,おいて大阪大学,200891日,2日】

日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム,200891

和泉自泰,岡澤敦司,小林昭雄,福崎英一郎(阪大院・工)

植物ホルモン類の網羅的高感度LC-ESI-MS/MS分析

 

日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム,200892

中澤慶久1,2,武田 強2,林 達史2,原田(中堂薗)陽子1,上藤敬洋1,馬場健史2,陳 任1,玉泉幸一郎3,岡澤敦司2,福崎英一郎2,小林昭雄21日立造船(株)・技研,2阪大院・工,3九大院・農)

工業原料植物トチュウのゴム産生機構の解析

 

日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム,200892

原田(中堂薗)陽子1,上藤洋敬1,馬場健史2,陳 任1,玉泉幸一郎3,福崎英一郎2,小林昭雄2,平田収正4,中澤慶久11日立造船(株)・技研,2阪大院・工,3九大院・農,4阪大院・薬)

タバコを用いた TPL (trans-prenyltransferase-like) 遺伝子の機能解析

 

日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム,200892

上藤洋敬1,蛭間かおり2,平田收正2,馬場健史3,福崎英一郎3,中澤慶久1,3,小林昭雄31日立造船(株)・技研,2阪大院・薬,3阪大院・工)

トチュウ(Eucommia ulmoides Oliv.)由来トランスポリイソプレン合成酵素の細胞内局在解析

 

日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム,200892

上藤洋敬1,西河貴史2,櫻井 望3,柴田大輔3,向 由起夫4,山下敦士5,服部正平6,小笠原直毅7,馬場健史2,福崎英一郎2,中澤慶久1,2,小林昭雄31日立造船(株)・技研,2阪大院・工,3かずさ DNA 研,4長浜バイオ大・バイオ,5北里大・北里生命研,6東大院・新領域,7奈良先端大・バイオ)

ゴム産生植物トチュウ(Eucommia ulmoides Oliv.)のトランスクリプトーム解析:トランスポリイソプレン生合成関連遺伝子群の探索

 

日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム,200892

髙木一輝1,岡澤敦司1,福崎英一郎1,米山弘一2,小林昭雄11阪大院・工,2宇都宮大・雑草科学研究セ)

非光合成寄生植物ヤセウツボ由来フィトクロム A の機能解析

 

日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム,200892

Jumtee Kanokwan,馬場健史,岡澤敦司,福崎英一郎,小林昭雄(阪大院・工)

Integrated metabolic profiling and gene expression profiling revealing phytochrome A regulation of polyamine biosynthesis of Arabidopsis thaliana

 


【日本生物工学会第60回大会 おいて東北学院大学 2008827日~829日】

 

日本生物工学会第60回大会,2008828

シンポジウム 代謝と物質輸送から眺めた植物の科学と工学

福崎英一郎

「メタボロミクスの技術開発と応用」

 

日本生物工学会第60回大会,2008827

堤 浩子1, 水本 真紀子1, 犬童 雅栄1, 坂倉 政明2, 橋本 卓哉3, 梶山 慎一郎4, 福崎 英一郎3,植田 充美5,平尾 一之6, 秦 洋二11月桂冠・総研, 2京大・ICC, 3阪大院・工・生命先端,4近畿大・生物理工, 5京大院・農・応用生命, 6京大院・工・材料化学)

「フェムト秒レーザーを用いたGABA高生産酵母の育種」

 

日本生物工学会第60回大会,2008828

石田 洋基1, 松原 惇起1, 馬場 健史2, 福崎 英一郎2, 原田 和生1, 平田 收正11阪大院・薬, 2阪大院・工・生命先端)

「微細藻類におけるストレス応答物質の機能解析-緑藻 Chlamydomonas reinhardtii のアブシジン産生合成経路の解析-」

 

日本生物工学会第60回大会,2008828

和泉 自泰岡澤 敦司小林 昭雄福崎 英一郎(阪大院・工・生命先端)

「植物ホルモン類の網羅的高感度LC-ESI-MS/MS 分析」

 

日本生物工学会第60回大会,2008828

川原 類1, 馬場 健史1, ポングスワン ウィパウィー1, 米谷 力2, 福崎 英一郎1 (1阪大院・工・生命先端, 2奈良茶業試験場)

「緑茶の製茶工程技術開発におけるメタボリックフィンガープリンティング」

 

日本生物工学会第60回大会,2008828

橋本 卓哉1, 大石 貴史2, 池田 達彦1, 林 俊介1, 馬場 健史1, 金谷 重彦2, 福崎 英一郎1 (1阪大院・工・生命先端, 2奈良先端大・情報科学)

GC/MS分析における代謝物同定のためのアルゴリズム開発」

 

日本生物工学会第60回大会,2008828

瀧村 晋和泉 自泰馬場 健史福崎 英一郎(阪大院・工・生命先端)

LC-MS を用いた定量的microRNA解析手法の開発」

 

日本生物工学会第60回大会,2008828

松原 惇起1, 石田 洋基1, 原田 和生1, 平田 收正1, 福崎 英一郎2, 馬場 健史2 (1阪大院・薬, 2阪大院・工・生命先端)

「超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を用いた脂溶性代謝物の高速・精密分析」

 

日本生物工学会第60回大会,2008829

高木 一輝1, 岡澤 敦司1, 福崎 英一郎1, 米山 弘一2, 小林 昭雄1 (1阪大院・工・生命先端, 2宇都宮大・雑草研)

「非光合成寄生植物ヤセウツボ由来フィトクロム A の機能解析」

 

 

【日本杜仲研究会 第3回 定期大会,200882(),おいて東京ガーデンパレス】

 

日本杜仲研究会 第3回 定期大会,200882(),おいて東京ガーデンパレス

中澤 慶久1, 2、武田 強1、林 達史1、馬場 健史1、中堂薗 陽子2、岡澤 敦司1、福崎 英一郎1、小林 昭雄11. 大阪大学大学院 工学研究科、2. 日立造船株式会社 技術研究所)

「トチュウにおけるトランス型ポリイソプレンの組織内局在解析」

 

日本杜仲研究会 第3回 定期大会,200882(),おいて東京ガーデンパレス

中澤 慶久1, 2、上藤 洋敬2、武田 強1、中堂園 陽子2、林 達史1、馬場 健史1、岡澤 敦司1、福崎 英一郎1、小林 昭雄11. 大阪大学大学院 工学研究科、2. 日立造船株式会社 技術研究所)

「トチュウにおけるトランス型ポリイソプレンの蓄積機構」

 

 

5th International conference on plant metabolomics, July 15th-18th 2008, Pacifico Yokohama, Japan

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Takeshi Bamba, Naruto Shimonishi, Atsuki Matsubara, Kazumasa Hirata, Yoshihisa Nakazawa, Akio Kobayashi, Eiichiro Fukusaki

“High throughput and exhaustive analysis of diverse lipids by using supercritical fluid chromatography mass spectrometry for metabolomics” (oral presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/17

Tesuro Mimura, Miwa Ohnishi, Aya Anegawa, Akira Oikawa, Kazuo Harada, Eiichiro Fukusaki, Yuko Sugiyama, Mami Yamazaki, Koh Aoki

“Post genome analysis of vaculolar function and control of plant metabolism” (oral presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/18

Ryo Yoshida, Takayuki Tamura, Chika Takaoka, Kazuo Harada, Shunsuke Hayashi, Akio Kobayashi, Yukio Mukai, Eiichiro Fukusaki

“Prediction and strategic extension of life span using metabolomics” (oral presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Yohko Ohyama, Tomohisa Hasunuma, Kazuo Harada, Chikahiro Miyake, Akio Kobayashi, Eiichiro Fukusaki

“Development of analytical system to monitor metabolic turnover in plant leaves using in vivo isotope dilution from 13CO2” (poster presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Yoshihiro Izumi, Atsuhi Okazawa, Akio Kobayashi, Eiichiro Fukusaki

“Comprehensive plant hormones profiling using high sensitive LC-ESI-MS/MS” (poster presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Atsuki Matsubara, Hiroki Ishida, Kazuo Harada, Kazumasa Hirata, Eiichiro Fukusaki, Takeshi Bamba

“Application of supercritical fluid technology to hydrophobic metabolite profiling” (poster presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Takuya Hashimoto, Takahi Ohishi, Tatsuhiko Ikeda, Shunsuke Hayashi, Takeshi Bamba, Shigehiko Kanaya, Eiichiro Fukusaki

“Algorithm development for automated identification and quantitative of GC/MS Data. (poster presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Takashi Ohishi, Takuya Hashimoto, Tatsuhiko Ikeda, Takeshi Bamaba, Md. Altaf-Ul-Amin,, Eiichiro Fukusaki, Shigehiko Kanaya

“Peak identification algorithm based on correlation of the intensity in neighbor peak in retention time of chromatography mass spectrometry. “(poster presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Kanokuwan Jumtee, Atsuhi Okazawa, Kazuo Harada, Eiichiro Fukusaki, Makoto

“A metabolomic perspective of phytochrome regulation of primary metabolism in rice.” (poster presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Sukand Tianniam, Takeshi, Takeishi Akio Kobayashi, Eiicihro Fukusaki

“Quality assessment of Angerica acutiloba roots through the application of metabolomcs” (poster presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Wipawee Pongsuwan, Takeshi Bamba, Tsutomu Yonetani, Akio Kobayashi, Eiichiro Fukusaki

“Quality assessment of Japanese gree tea, Camellia sinensis by means of metabolic fingerprinting.” (poster presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Tatsuhiko Ikeda, Shigehiko Kanaya, Tsutomu Yonetani, Akio Kobayashi

“Prediction of Japanese green tea ranking by fourier transform near infrared spectroscopy (poster presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Rui Kawahara, Takeshi Bamba, Wipawee Pongsuwan, Tsutomu Yonetani, Eiichiro Fukusaki

“Metabolic fingerprinting of green tea development of manufacturing process” (poster presentation)

 

5th International conference on plant metabolomics, Japan 2008/7/15

Miwa Ohnishi, Aya Anegawa, Kazuo Harada, Akira Oikawa, Chizuko Shichijo, Hdehiro Fukaki, Yuko Sugiyama, Patrick, G., Eiichiro Fukusaki, Akio Kobasshi.

“Metabolic analysis of plant intact vacuole” (poster presentation)

 

 

56th ASMS Conference on Mass Spectrometry, Colorado Convention Center, Denver, CO, June 1-5, 2008

WOA am, 09:50 am (June 4, 2008)

A high throughput and exhaustive analysis of diverse lipids using supercritical fluid chromatography - mass spectrometry for metabolomics.

Bamba,T., Matsubara, A., Hirata, K., Fukusaki, E..

 

 

【日本農芸化学会2008年度大会,おいて,名城大学(名古屋)】

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

岡澤 敦司、奥村 亮平、和泉 自泰、畑 直樹、小埜 栄一郎1、佐竹 炎2、福崎 英一郎、小林 昭雄
阪大院工・生命先端工、1サントリー健康科学研、2サントリー生有研

光質がレンギョウ中のリグナン類生合成に与える影響

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

長 健太、原田 和生1、福崎 英一郎1、中村 聡、福居 俊昭
東工大院生命理工・生物プロセス、1阪大院工・生命先端

バイオポリエステル生産菌Ralstonia eutropha のメタボローム解析

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

原田 和生、田伏 哲也、大山 陽子、小林 昭雄、福崎 英一郎,阪大院工・生命先端

ニチニチソウのメチルジャスモン酸応答に関する15N標識率解析

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

原田 和生、大山 陽子、蓮沼 誠久1、宮澤 真一1、三宅 親弘1、小林 昭雄、福崎 英一郎
阪大院工・生命先端、1RITE・植物研

CE / MS を用いた一次代謝物の安定同位体標識率モニタリング法の開発

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

池田 達彦、金谷 重彦1、米谷 力2、小林 昭雄、福崎 英一郎
阪大院工・応生工、1奈良先端大・情報科学、2奈良県農業総合センター

FT-NIRを用いた緑茶の品質予測

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

和泉 自泰、岡澤 敦司、福崎 英一郎、小林 昭雄
阪大院工・応生工

植物ホルモン類の網羅的高感度LC-ESI-MS/MS分析

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

吉田 亮、原田 和生、林 俊介、高岡 千賀、田村 隆行1、向 由起夫1、小林 昭雄、福崎 英一郎
阪大院工・生命先端工、1長浜バイオ大・バイオサイエンス

出芽酵母寿命関連変異株のメタボローム解析

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

堤 浩子、水本 真紀子、橋本 卓哉1、千代 真由美1、福崎 英一郎1、秦 洋二、安部 康久
月桂冠総研、1阪大院工・応生工

清酒酵母Saccharomyces cerevisiaeのメタボロミクス

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

林 俊介、吉田 真子1、田丸 浩2、秋山 真一2、小林 昭雄、福崎 英一郎
阪大院工・応生工、1阪大工・応自、2三重大院生資

ゼブラフィッシュのメタボローム解析

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

○Joseph BENESH, Atsushi OKAZAWA, Kanokwan JUMTEE, Koichi YONEYAMA1, Eiichiro FUKUSAKI, Akio KOBAYASHI
Osaka Univ. Dept. Biotechnol., 1Utsunomiya Univ. WSC

GR24 induces germination through distinct metabolic changes in Orobanche minor seeds

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

○Wipawee PONGSUWAN, Tsutomu YONETANI1, Takeshi BAMBA, Akio KOBAYASHI, Eiichiro FUKUSAKI
Osaka University, 1Tea branch Nara Prefecture Agricultural Experiment Station

Japanese Green Tea Quality Assessment by Metabolic Fingerprinting Using UPLC/TOFMS

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

○SUKANDA TIANNIAM, Takeshi BAMBA, Akio KOBAYASHI, Eiichiro FUKUSAKI
Osaka University

Fingerprinting of Angelica acutiloba roots utilizing Double-shot Pyrolyser coupled with Gas Chromatography Mass Spectrometry

 

日本農芸化学会2008年度大会(名古屋)2008327

○LUCKSANAPORN TARACHIWIN, Ute KOICHI1, Eiichiro FUKUSAKI2
Osaka university, 1The University of Tokushima, 2Osaka University

Quality Evaluation of Angelica Acutiloba Kitagawa Roots by1H NMR Based Metabolic Fingerprinting

 

 

【第49回日本植物生理学会年会(2008320日~22日,おいて札幌コンベンションセンター)

49回日本植物生理学会年会(2008320日)

パラゴムノキにおけるビタミンE生合成関連遺伝子群のクローニングと発現解析

廣末瑛介1,山東智紀2,渡辺訓江2Rismayanti3Tajuddin Teuku4,福崎英一郎5,小林昭雄51阪大・工,2(株)ブリヂストン,3AsiaSEED4BPPTIndonesia5阪大院・工)

 

49回日本植物生理学会年会(2008320日)

リグナン類の高感度微量分析系の確立ならびにレンギョウ中のリグナンプロファイルと光環境の相関解析 

奥村亮平1,岡澤敦司1,畑直樹1,和泉自泰1,小埜栄一郎2,佐竹炎3,福崎英一郎1,小林昭雄11阪大院・工・生命先端,2サントリー(株),3サントリー生有研)

 

49回日本植物生理学会年会(2008322日)

13CO2エンリッチメントによる代謝ターンオーバー解析

蓮沼誠久1,原田和生2,大山陽子2,宮澤真一1,福崎英一郎2,三宅親弘11地球環境産業技術研究機構(RITE),2大阪大学大学院工学研究科)

 

49回日本植物生理学会年会(2008320日)

天然ゴム産出植物パラゴムノキにおける乳管組織のバイオイメージングと遺伝子発現解析(ポスター発表)

林達史1,中澤慶久1,山東智紀3Wahyu Purbowasito4Nadirman Haska4,馬場健史2,岡澤敦司1,福崎英一郎11阪大院・工・生命先端工,2阪大院・薬学,3ブリヂストン,4BPPT Indonesia

 

49回日本植物生理学会年会(2008320日)

トチュウにおけるトランス型ポリイソプレンの組織内局在解析(ポスター発表)

武田強1,中澤慶久3,馬場健史2,中堂薗陽子3,岡澤敦司1,福崎英一郎1,小林昭雄11阪大院・工・生命先端工,2阪大院・薬学,3日立造船)

 

49回日本植物生理学会年会(2008320日)

寄生植物 Striga hermonthica の光受容体フィトクロム相同遺伝子の単離および光応答の解析(ポスター発表)

北卓郎1,岡澤敦司1Narumol Suksamran1,平岡幸浩2,澤田竜太郎2,土井智子2,福崎英一郎1,杉本幸裕2他(1大阪大院・工,2神戸大院・農)

 

 

<2007>

【第65回北陸質量分析談話会 おいて北陸大学薬学部 2007128日】

65回北陸質量分析談話会

2007128日 おいて北陸大学薬学部

(招待講演)「代謝物フィンガープリンティングの技術開発と応用」

福崎英一郎(大阪大学)

 

 

JSPS/JST International Symposium on Toward Advanced Use of African Resources in Plant Science   おいて横浜 20071120日】

JSPS/JST International Symposium on Toward Advanced Use of African Resources in Plant Science

20071120日 おいて横浜

‘Phytochromes in parasitic plants, Orobanche minor and Striga hermonthica

○Atsushi OKAZAWA1, Chitra TRAKULNALEAMSAI1, Takuro KITA1, Yukihiro HIRAOKA2, Eiichiro FUKUSAKI1, Koichi YONEYAMA3, Yasutomo TAKEUCHI3, Yukihiro SUGIMOTO2 and Akio KOBAYASHI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Dept. Biofunct.Chem., Grad.Sch.Agric., Kobe Univ.,3Weed Sci. Center, Univ. Utsunomiya

 

 

Green Sustainable Biological and Chemical Processes (アーヘン工科大学-大阪大学合同セミナー) おいて大阪大学 2007111517日】

Green Sustainable Biological and Chemical Processes (アーヘン工科大学-大阪大学合同セミナー)

20071116日 おいて大阪大学

‘Development of metabolic fingerprinting system and its application’

Eiichiro FUKUSAKI

Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ.

 

Green Sustainable Biological and Chemical Processes (アーヘン工科大学-大阪大学合同セミナー)

20071116日 おいて大阪大学

In vivo 15N-enrichiment of metabolites in suspension cultured cells and its application to metabolomics’

○Kazuo HARADA and Eiichiro FUKUSAKI

Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ.

 

Green Sustainable Biological and Chemical Processes (アーヘン工科大学-大阪大学合同セミナー)

20071116日 おいて大阪大学

‘Metabolite profiling of Angelica sp. utilizing GC-TOF/MS for quality assessment based on cultivar and cultivation area’

○Sukanda TIANNIAM1, Lucksanaporn TARACHIWIN1,2, Takeshi BAMBA3, Akio KOBAYASHI1 and Eiichiro FUKUSAKI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Nara Prefectual Small & Medium Sized Enterprises Support Corp., 3Grad.Sch.Pharm., Osaka Univ.

 

Green Sustainable Biological and Chemical Processes (アーヘン工科大学-大阪大学合同セミナー)

20071116日 おいて大阪大学

‘Prediction of Japanese green tea by GC/MS based hydrophilic metabolite fingerprinting’

○Wipawee PONGSUWAN1, Tsutomu YONETANI2, Takeshi BAMBA3, Akio KOBAYASHI1 and Eiichiro FUKUSAKI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Tea Branch Nara Prefecture Agricultural Experiment Station, 3Grad.Sch.Pharm., Osaka Univ.

 

Green Sustainable Biological and Chemical Processes (アーヘン工科大学-大阪大学合同セミナー)

20071116日 おいて大阪大学

1H NMR based metabolomics in the quality evaluation of Japanese green tea’

○Lucksanaporn TARACHIWIN1,2, Koichi UTE3 and Eiichiro FUKUSAKI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Nara Prefectual Small & Medium Sized Enterprises Support Corp., 3Dept.Chem.Sci.Tech.,Fac.Sch.Eng., Univ. Tokushima

 

 

【第2回メタボロームシンポジウム おいて東京大学 2007115,6日】

2回メタボロームシンポジウム 

2007115日 おいて東京大学

「代謝物フィンガープリンティングの技術開発と応用」

福崎英一郎(大阪大学)

 

【植物化学調節学会第42回大会 おいて静岡県男女共同参画センター「あざれあ」 20071029日~30日】

 

植物化学調節学会第42回大会

20071030日 おいて静岡県男女共同参画センター「あざれあ」

「リグナン類の高感度微量分析系の確立ならびにレンギョウ中のリグナン含量と光環境の相関解析」

奥村亮平1岡澤敦司1畑直樹1和泉自泰1小埜栄一郎2佐竹炎3福崎英一郎1小林昭雄1

1阪大院・工・生命先端2サントリー3サントリー生有研

 

植物化学調節学会第42回大会

20071030日 おいて静岡県男女共同参画センター「あざれあ」

「スペクトル共焦点レーザ顕微鏡を用いたトチュウにおけるトランス型イソプレンの細胞内局在解析」

武田強1中澤慶久1馬場健史2, 中堂薗陽子3福崎英一郎1小林昭雄1

1阪大院・工・生命先端2阪大院・薬学3日立造船

 

植物化学調節学会第42回大会

20071030日 おいて静岡県男女共同参画センター「あざれあ」

「天然ゴム産出植物パラゴムノキにおける乳管組織のバイオイメージング」

林達史1中澤慶久1山東智紀2, Wahyu PURBOWASITO3, Nadirman HASKA3馬場健史4福崎英一郎1小林昭雄1

1阪大院・工・生命先端2ブリヂストン3インドネシアBPPT, 4阪大院・薬学

 

 

【日本生物工学会第59回大会 おいて広島大学 2007925日~27日】

 

日本生物工学会第59回大会

2007925日 おいて広島大学

「出芽酵母寿命関連変異株のメタボローム解析」

吉田亮原田和生林俊介高岡千賀田村隆行1向由紀夫1小林昭雄福崎英一郎

阪大院・工・生命先端1長浜バイオ大・バイオサイエンス

 

日本生物工学会第59回大会

2007925日 おいて広島大学

「ゼブラフィッシュのメタボローム解析」

林俊介1福崎英一郎1田丸浩2秋山真一3小林昭雄1

1阪大院・工・生命先端,2三重大・生資,3三重大・SVBL

 

日本生物工学会第59回大会

2007925日 おいて広島大学

「ニチニチソウのメチルジャスモン酸応答に関するメタボローム解析」

田伏哲也原田和生小林昭雄福崎英一郎

阪大院・工・生命先端

 

日本生物工学会第59回大会

2007925日 おいて広島大学

「スルホン化キャピラリーを用いたキャピラリー電気泳動/質量分析計によるアニオン性代謝産物プロファイリング法の開発」

原田和生大山陽子田伏哲也小林昭雄福崎英一郎

阪大院・工・生命先端

 

日本生物工学会第59回大会

2007925日 おいて広島大学

1H NMR based metabolomics in the quality evaluation of Japanese green tea’

○Lucksanaporn TARACHIWIN1, Koichi UTE2, Akio KOBAYASHI3, Eiichiro FUKUSAKI3

1Nara Prefectual Small & Medium Sized Enterprises Support Corp., 2Dept.Chem.Sci.Tech., Fac.Sch.Eng., Univ.Tokushima, 3Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ.

 

日本生物工学会第59回大会

2007925

「近紫外光照射下でのニチニチソウにおける抗腫瘍性二量体アルカロイド生合成機構の解析」

浅野麻実子1馬場健史1福崎英一郎2平田收正1

1阪大院・薬2阪大院・工・生命先端

 

日本生物工学会第59回大会

2007926

「園芸植物Portulaca oleraceaを用いた環境ホルモン浄化に関する研究」

蒲和明1渡辺一平1今井十芙絵1宮坂均2奥畑博史2池田和宣3福田和宏3大田秀和3和泉自泰4,福崎英一郎4小林昭雄4馬場健史1平田收正1

1阪大院・薬2関西電力・総研3環境総合テクノス4阪大院・工・生命先端

 

 

The 2nd International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis おいて早稲田大学国際会議場 東京 200797日】

 

The 2nd International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis

September 6, 2007 Waseda University, International Conference Center, Tokyo

‘Metabolome Analysis for Metabolic Response of Catharantheus roseus against Methyl Jasmonate’

Eiichiro FUKUSAKI, Kazuo HARADA, Tetsuya TABUSHI and Yohko OHYAMA

Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ.

 

 

【日本植物細胞分子生物学会第25回大会 おいて千葉大学 2007879日】

日本植物細胞分子生物学会第25回大会

200789日  おいて千葉大学

「寄生植物 Striga hermonthica 由来光受容体フィトクロム相同遺伝子の単離」

北卓郎1岡澤敦司1, Narumol SUKSAMRAN1平岡幸浩2福崎英一郎1杉本幸裕2小林昭雄1

1阪大院・工2神大院・農

 

【日本食品工学会第8回年次大会 おいて関西大学100周年記念会館 200782日】

 

日本食品工学会第8回年次大会

200782日 おいて関西大学100周年記念会館

シンポジウム「食品バイオテクノロジーの新展開」

「メタボロミクス技術の食品工学への応用」

福崎英一郎

阪大院・工・生命先端

 

 

Metabolomics Society’s 3rd Annual International Conference   おいてManchester UK  11th-14th June 2007

 

Metabolomics Society’s 3rd Annual International Conference

11th-14th June 2007   おいてUniv. Manchester, UK

‘Quality assessment of Japanese Green tea, Camellia sinensis, by means of metabolic fingerprinting’

Wipawee PONGSUWAN1, Tsutomu YONETANI2, Takeshi BAMBA3, Akio KOBAYASHI1 and Eiichiro FUKUSAKI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Tea branch Nara Prefecture Agricultural Experiment Station, 3Grad.Sch.Pharm.Sci., Osaka Univ.

 

Metabolomics Society’s 3rd Annual International Conference

11th-14th June 2007 おいてUniv. Manchester, UK

‘1H NMR based metabolomics in the quality evaluation of Japanese green tea’

Lucksanaporn TARACHIWIN1,2, Koichi UTE3, and Eiichiro FUKUSAKI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Nara Prefectual Small & Medium Sized Enterprises Support Corp. 32Dept.Chem.Sci.Tech., Fac.Sch.Eng., Univ.Tokushima

 

 

9th World Congress on Parasitic Plants   おいてCharlottesville VA  3rd-7th June 2007

 

9th World Congress on Parasitic Plants

3rd-7th June 2007   おいてCharlottesville VA

‘Trehalose promotes seed germination of a holoparasitic plant, Orobanche minor Sm.’

○Atsushi OKAZAWA1, Yu WADA1, Eiichiro FUKUSAKI1, Koichi YONEYAMA2, Yasutomo TAKEUCHI2 and Akio KOBAYASHI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Weed Sci. Center Utsunomiya Univ.

 

9th World Congress on Parasitic Plants

3rd-7th June 2007   おいてCharlottesville VA

‘Photoresponse analysis of phytochrome A in the non-photosynthetic parasitic plant; Orobanche minorSm.’

○Kazuteru TAKAGI1, Atsushi OKAZAWA1, Yu WADA1, Chitra TRAKULNALEAMSAI1, Eiichiro FUKUSAKI1, Koichi YONEYAMA2, Yasutomo TAKEUCHI2 and Akio KOBAYASHI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Weed Sci. Center Utsunomiya Univ.

 

 

【第48回日本植物生理学会年会 2007328日~30日,おいて愛媛大学城北キャンパス】

48回日本植物生理学会年会 2007328日,おいて愛媛大学

シロイヌナズナにおいてフィトクロムによって制御されている一次代謝物のプロファイリング(ポスター発表)

岡澤敦司1Kanokwan Jumtee1,馬場健史2,福崎英一郎1,小林昭雄11阪大院・工,2阪大院・薬)

 

48回日本植物生理学会年会 2007328日,おいて愛媛大学

ニチニチソウのメチルジャスモン酸応答に関するメタボローム解析

原田和生,田伏哲也,福崎英一郎,小林昭雄(阪大院・工)

 

 

【日本農芸化学会2007年度大会 おいて東京農業大学 2007324日~26日】

 

日本農芸化学会2007年大会 2007326日 おいて東京農業大学

ニチニチソウのメチルジャスモン酸応答に関するメタボローム解析

原田和生田伏 哲也福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・生命先端

 

日本農芸化学会2007年大会 2007326日 おいて東京農業大学

「シロイヌナズナにおいてフィトクロムAによって制御されている一次代謝物の同定」

岡澤敦司, Kanokwan JUMTEE, 馬場健史1福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・生命先端1阪大院・薬学

 

日本農芸化学会2007年大会 

2007326日 おいて東京農業大学

‘Prediction of Japanese Green Tea Ranking Using Pyrolyzer Coupled GC/MS Based Metabolic Fingerprinting’

○Wipawee PONGSUWAN, Eiichiro FUKUSAKI, Tsutomu YONETANI1, Takeshi BAMBA2, Akio KOBAYASHI

Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 1Tea branch Nara Prefecture Agricultural Experiment Station,2Grad.Sch.Pharm., Osaka Univ.

 

日本農芸化学会2007年大会 

2007326日 おいて東京農業大学

‘Metabolome Analysis of Xylose-utilizing Genetically Modified Yeast’

○Danang WALUYO, Kazuo HARADA, Nobuhiro NAKAMURA1, Eiichiro FUKUSAKI, Akihiko KONDO1, Akio KOBAYASHI

Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 1Grad.Sch.Sci.Tech., Kobe Univ.

 

日本農芸化学会2007年度大会

2007325日 おいて東京農業大学

「シングルセル代謝分析に基づいた植物感染応答反応の動的解析」

和泉自泰福崎英一郎梶山慎一郎兼松泰男1, 中村亮介1, 石原亨2, 小林昭雄

阪大院・工・生命先端1阪大・VBL, 2京大院・農・応生科,

 

 

2006年〉

平成18年(2006年) 12月11日(月)
第2回 21世紀を拓くフロンティア産業バイオシンポジウム
「メタボロミクスの産業バイオへの応用」福崎英一郎
http://www2.scej.org/bio/gyouji/gyouji57.html

-----

【植物化学調節学会第41回大会 おいて大阪府立大学 20061031日~111日】

植物化学調節学会41回大会

20061031日  おいて大阪府立大学

‘Analysis of phytochrome A-regulated metabolite profiles of Arabidopsis thaliana

○Kanokwan JUMTEE1馬場健史2岡澤敦司1福崎英一郎1小林昭雄1

1阪大院・工・生命先端2阪大院・薬

 

植物化学調節学会41回大会 

2006年10月31日  おいて大阪府立大学

「極性反転と電気浸透流を利用したCE-ESI-MS/MS によるアニオン性代謝産物プロファイリング法の開発」

○原田和生, 福崎英一郎, 小林昭雄

阪大院・工・生命先端

 

植物化学調節学会41回大会 

2006年10月31日 おいて大阪府立大学

「質量分析を用いた転写産物の新規定量法の開発7」

○広実慶彦, 福崎英一郎, 梶山慎一郎, 小林昭雄

阪大院・工・生命先端

 

植物化学調節学会41回大会

2006年10月31日 おいて大阪府立大学

「ナノスプレイヤー一体型カラムを用いた低拡散nano flow LC-ESI-MS による高感度分析系の確立とその応用」

○和泉自泰, 福崎英一郎, 梶山慎一郎, 小林昭雄

阪大院・工・生命先端

 

 

Progress on Post-genome Technologies おいて杭州,中国 2006925日】

 

Proceeding of the 4th international forum on post-genome technologies

2006925日  おいて杭州中国

‘Turnover analysis of nitrogen containing metabolites by means of a combination of in vivo 15N-enrichment in plant cultured cells and electro spray ionization mass spectrometry’

Eiiciro FUKUSAKI1, Kazuo HARADA1, Takeshi BAMBA1, Fumihiko SATO2 and Akio KOBAYASHI1

1Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 2Grad.Sch.Biostudies, Kyoto Univ.

 

 

【日本生物工学会第58回大会 おいて大阪大学 2006911日~13日】

 

日本生物工学会第58回大会

2006912日 おいて大阪大学

‘Metabolite Profiling of Folk Medicinal Plants: Angelica and Paeonia Species’

Eiichiro FUKUSAKI1, ○Sukanda TIANNIAM1, Takeshi BAMBA2, Akio KOBAYASHI1

1Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ. 2Grad. Sch. Pharm., Osaka Univ.

 

日本生物工学会第58回大会

2006912日 おいて大阪大学

‘Metabolic Profiling of Green Tea, Camellia sinensis , and its Application as Quality Assessment’

○Wipawee PONGSUWAN1 , Eiichiro FUKUSAKI1 , Tsutomu YONETANI2, Takeshi BAMBA3, Akio KOBAYASHI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Tea branch Nara Prefecture Agricultural Experiment Station, Grad. Sch. Pharm., Osaka Univ.

 

日本生物工学会第58回大会

2006912日 おいて大阪大学

「キャピラリー電気泳動/質量分析計(CE/MS)を用いたアニオン性代謝産物プロファイリング法の開発」

○原田和生, 福崎英一郎, 小林昭雄

阪大院・工・生命先端

 

日本生物工学会第58回大会

2006912日 おいて大阪大学

「ゼブラフィッシュのメタボローム解析」

○林俊介1, 福崎英一郎1, 田丸浩2, 秋山真一3, 小林昭雄1

1阪大院・工・生命先端2三重大・生資,3三重大・SVBL

 

日本生物工学会第58回大会

2006912日 おいて大阪大学

質量分析による転写産物の新規定量法の開発

広実 慶彦福崎 英一郎梶山 慎一郎小林 昭雄

阪大院・工・生命先端

 

日本生物工学会第58回大会 シンポジウム(メタボロミクスの実用的運用:疾患バイオマーカー探索からフードメタボロミクスまで) メタボロミクス研究部会共催

2006911日 おいて大阪大学

「フードメタボロミクス:代謝物フィンガープリンティングの食品品質予測への応用」

福崎英一郎

阪大院・工・生命先端

 

 

【日本化学会2006年度大会 おいて千葉,2006327日~30日】

 

日本化学会2006年度大会 特別講演

2006329日 おいて千葉

「メタボロミクスの可能性と技術的問題

(細胞機能解析のための計測技術-ライフサーベイヤをめざして)」

福崎英一郎

阪大院・工・生命先端

 

 

【日本農芸化学会2006年度大会 おいて京都,2006325日~28日】

 

日本農芸化学会2006年度大会

2006327日 おいて京都

「全寄生植物ヤセウツボの種子発芽に対するトレハロースの促進効果」

岡澤敦司和田悠福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・生命先端

 

日本農芸化学会2006年度大会

2006327日 おいて京都

「励起・蛍光時間マトリクスと1細胞サンプリングによるエンバク感染応答反応の解析」

梶山慎一郎, ○和泉自泰石原亨1中村亮介2兼松泰男2福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・生命先端1京大院・農・応生科2阪大・VBL

 

日本農芸化学会2006年度大会

2006327日 おいて京都

超好熱始原菌Thermococcus kodakaraensis由来cis型イソプレノイド合成酵素の生化学的性質

山田洋輔東端啓貴馬場健史1小林昭雄1福崎英一郎1今中忠行2藤原伸介

関西学院大・理工・生命科学1阪大院・工・生命先端2京大院・工・合成生化

 

日本農芸化学会2006年度大会

2006326日 おいて京都

「ラン藻Synechosystis sp.由来デオキシキシルロースリン酸レダクトイソメラーゼを導入した葉緑体形質転換タバコの作出」

蓮沼誠久川崎智美山本宏高瀬尚文武野真也1馬場健史1福崎英一郎1小林昭雄1富澤健一

RITE・植物研1阪大院・工・生命先端

 

日本農芸化学会2006年度大会

2006326日 おいて京都

「シス型ゴム産生植物パラゴムノキにおける非メバロン酸経路関連酵素遺伝子群の機能解析」

山東智紀福崎英一郎1, Teuku TAJUDDIN2渡辺訓江3葛山智久4小林昭雄1

阪大院・工・応生1阪大院・工・生命先端2BPPTIndonesia, 3ブリヂストン4東大・生物工学セ

 

日本農芸化学会2006年度大会

2006326日 おいて京都

「シス型ゴム産生植物パラゴムノキにおけるポリイソプレン生合成経路関連酵素遺伝子群の機能解析」

福崎英一郎, ○高岡千賀山東智紀1, Nadirman HASKA2渡辺訓江3向由起夫4小林昭雄

阪大院・工・生命先端1阪大院・工・応生2BPPTIndonesia, 3ブリヂストン4長浜バイオ大・バイオサイエンス

 

日本農芸化学会2006年度大会

2006326日 おいて京都

清酒酵母 Saccharomyces cerevisiae のメタボローム解析

福崎英一郎千代真由美堤浩子1秦洋二1小林昭雄

阪大院・工・生命先端1月桂冠・総研

 

 

【第47回日本植物生理学会年会 2006319日~21日,おいて筑波大学】

47回日本植物生理学会年会 2006320日,おいて筑波大学

全寄生植物ヤセウツボの赤色/遠赤色光応答(ポスター発表)

岡澤敦司,和田悠,Chitra Trakulnaleamsai,福崎英一郎,価林昭雄(阪大奈・工)

 

 

 

2005年〉

 

【第17回生薬漢方製剤の微生物および異物汚染対策ならびに品質管理に関するシンポジウム おいて関西大学,2005125日】

 

17回生薬漢方製剤の微生物および異物汚染対策ならびに品質管理に関するシンポジウム

2005125日 おいて関西大学

「植物品質分析の新手法メタボロミクスの原理とその応用」

福崎英一郎

阪大院応生

 

 

【日本生物工学会第57回大会 おいてつくば国際会議場 20051115日~1117日】

 

日本生物工学会第57回大会

20051116日 おいてつくば国際会議場

「植物培養細胞における塩ストレス応答のメタボローム解析」

福崎英一郎金載光馬場健史原田和生小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第57回大会

20051116日 おいてつくば国際会議場

「メタボローム解析に資する新規キャピラリー電気泳動質量分析(CE/MS)法の開発」

原田和生福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第57回大会

20051116日 おいてつくば国際会議場

「超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析(SFC/MS)の脂質メタボロミクスへの応用」

福崎英一郎1下西成人1馬場健史2小林昭雄1

1阪大院・工・応生2日立造船

 

日本生物工学会第57回大会

20051116日 おいてつくば国際会議場

「非光合成植物ヤセウツボにおけるフィトクロムの発現解析」

和田悠岡澤敦司, Chitra TRAKULNAEAMSAI, 福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第57回大会

20051116日 おいてつくば国際会議場

ESI-MSを用いた転写産物の分析()―イオン化条件の検討

梶山慎一郎, ○梨原善行和泉自泰原田和生福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【植物化学調節学会第40回大会 おいて東京 20051031日~112日】

 

植物化学調節学会第40回大会

2005112日 おいて東京

「トレハロースは全寄生植物ヤセウツボの発芽を促進する」

和田悠岡澤敦司, Wipawee PONGSUWAN, 福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本農芸化学会大会2005年度 関西・中四国・西日本支部合同大会 おいて大阪大学 2005930日~101日】

 

日本農芸化学会大会2005年度 関西・中四国・西日本支部合同大会

2005101日 おいて大阪大学

「レーザー1細胞サンプリングによるエンバクファイトアレキシンの分析」

梶山慎一郎1, ○和泉自泰1石原亨2福崎英一郎1小林昭雄1

1阪大院・工・応生2京大院・農・応生科

 

日本農芸化学会大会2005年度 関西・中四国・西日本支部合同大会

2005101日 おいて大阪大学

「シス型ゴム産生植物パラゴムノキ(Hevea brasiliensis)EST解析」

山東智紀福崎英一郎山下敦士1服部正平1小笠原直毅2, Nadirman HASKA3, Teuku TAJUDDIN3渡辺訓江4小林昭雄

阪大院・工・応生1北里大・北里生命研究所2奈良先端大・情報・情報生命3BPPTIndonesia, 4ブリヂストン

 

日本農芸化学会大会2005年度 関西・中四国・西日本支部合同大会

2005101日 おいて大阪大学

「トランス型ゴム産生植物トチュウ(Eucommia ulmoides)EST解析」

西河貴史福崎英一郎山下敦士1服部正平1小笠原直毅2中澤慶久3馬場健史3小林昭雄

阪大院・工・応生1北里大・北里生命研究所2奈良先端大・情報・情報生命3日立造船

 

日本農芸化学会大会2005年度 関西・中四国・西日本支部合同大会

2005101日 おいて大阪大学

‘Effect of deuterium oxide on Arabidopsis seed germination and gene expression profiles during imbibition’

○Amin Md. ABDULLAHEL, 岡澤敦司福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会大会2005年度 関西・中四国・西日本支部合同大会

2005101日 おいて大阪大学

「レーザーアブレーションを用いた植物細胞への遺伝子導入葉緑体形質転換の試み

梶山慎一郎1, Benesh JOSEPH1井上文秀1嶋村正樹2福崎英一郎1富澤健一2小林昭雄1

1阪大院・工・応生2地球環境研(RITE)

 

日本農芸化学会大会2005年度 関西・中四国・西日本支部合同大会

2005930日 おいて大阪大学

「モノリス型シリカカラムを用いたクロマトグラフィーによるポリプレノール類の分離」

馬場健史1,3福崎英一郎1水口博義2中澤慶久3小林昭雄1

1阪大院・工・応生2京都モノテック3日立造船

 

 

【第23回 日本植物細胞分子生物学会 おいて京都大学 200585日~6日】

 

23回日本植物細胞分子生物学会 シンポジウム

200586日 おいて京都大学

In vivo 15N標識と安定同位体希釈による動的メタボロミクス」

福崎英一郎小林昭雄

阪大院・応生

 

 

【第53回質量分析総合討論会 おいてさいたま市 2005525日~27日】

 

53回質量分析総合討論会

2005324日 おいてさいたま市

「質量分析を用いたメタボロミクスにおけるケモメトリクス」

福崎英一郎

阪大院応生

 

 

【日本分析学会ガスクロマトグラフィー研究懇談会 第267回ガスクロマトグラフィー研究会 おいて東京都健康安全センター 2005421日】

 

日本分析学会ガスクロマトグラフィー研究懇談会 第267回ガスクロマトグラフィー研究会

2005421日 おいて東京都健康安全センター

「天然物代謝を探るメタボローム最前線」

福崎英一郎

阪大院・工

 

 

【日本農芸化学会2005年度大会 おいて札幌コンベンションセンター 2005328日~30日】

 

日本農芸化学会2005年度大会

2005329日 おいて札幌コンベンションセンター

in vivo 15同位体標識法を用いた植物培養細胞における窒素代謝の光応答解析」

原田和生福崎英一郎馬場健史小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2005年度大会

2005329日 おいて札幌コンベンションセンター

in vivo 15同位体標識法を用いた植物培養細胞における塩ストレス応答解析」

金載光福崎英一郎馬場健史原田和生小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2005年度大会

2005329日 おいて札幌コンベンションセンター

「レーザー1細胞サンプリングによるエンバク感染応答反応の解析」

梶山慎一郎和泉自泰石原亨広実慶彦福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生京大院・農・応生科

 

日本農芸化学会2005年度大会

2005329日 おいて札幌コンベンションセンター

「全寄生植物ヤセウツボの発芽に対する光の影響およびフィトクロムAの機能解析」

岡澤敦司, TRAKULNALEAMSAI Chitra, 和田悠福崎英一郎米山弘一1竹内安智1小林昭雄

阪大院・工・応生宇都宮大・野生植物科学研究セ

 

日本農芸化学会2005年度大会

2005329日 おいて札幌コンベンションセンター

「シス型ゴム産生植物パラゴムノキ(Hevea brasiliensis)EST解析」

山東智紀福崎英一郎山下敦士1服部正平1小笠原直毅2渡辺訓江3小林昭雄

阪大院・工・応生北里大・北里生命研究所2奈良先端大・情報・情報生命3ブリヂストン

 

日本農芸化学会2005年度大会

2005329日 おいて札幌コンベンションセンター

「トランス型ゴム産生植物トチュウ(Eucomia ulmoides)EST解析」

西河貴史福崎英一郎山下敦士1服部正平1小笠原直毅2中澤慶久3馬場健史小林昭雄

阪大院・工・応生北里大・北里生命研究所2奈良先端大・情報・情報生命3日立造船

 

日本農芸化学会2005年度大会

2005329日 おいて札幌コンベンションセンター

「レーザーアプレーションを用いた植物細胞への遺伝子導入」

梶山慎一郎井上文秀嶋村正樹1広実慶彦福崎英一郎富澤健一1小林昭雄

阪大院・工・応生地球環境研(RITE)

 

日本農芸化学会2005年度大会

2005329日 おいて札幌コンベンションセンター

「超好熱始原菌Thermococcus kodakaransis由来イソペンテニル二リン酸イソメラーゼの熱力学的解析」

山仲藍子シディキ マスード広岡和丈1今中忠行2小林昭雄1福崎英一郎1藤原伸介

関西学院大院・理工・生命科学1阪大院・工・応生2京大院・工・合成生化

 

日本農芸化学会2005年度大会

2005329日 おいて札幌コンベンションセンター

‘Gene expression profile of Arabidopsis thaliana seeds during imbibition in H2O and D2O’

Atsushi OKAZAWA, ○Mohammed Abdullahel AMIN, Ei’ichiro FUKUSAKI and Akio KOBAYASHI

Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ.

 

日本農芸化学会2005年度大会

2005329日 おいて札幌コンベンションセンター

‘Determination of quality of green tea, Camellia sinensis, by metabolic profiling using GC/MS’

Ei’ichiro FUKUSAKI1, ○Wipawee PONGSUWAN1, Tsutomu YONETANI2, Takeshi BAMBA1,3 and Akio KOBAYASHI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Tea branch Nara Prefecture Agricultural Experiment Station, 3Hitachi Zosen Co.

 

 

【第46回日本植物生理学会年会 おいて新潟コンベンションセンター 2005324日~26日】

46回日本植物生理学会年会 

200532426日 おいて新潟コンベンションセンター

「全寄生植物ヤセウツボにおけるフィトクロムの機能解析」

岡澤敦司1和田悠1, Chitra TRAKULNALEAMSAI1福崎英一郎1米山弘一2竹内安智2小林昭雄1

1阪大院・工2宇都宮大・野生植物科学研究セ

 

46回日本植物生理学会年会 

200532426日 おいて新潟コンベンションセンター

「シロイヌナズナ葉肉細胞プロトプラストでの全寄生植物ヤセウツボ由来フィトクロムAの一過性発現」

岡澤敦司, Chitra TRAKULNALEAMSAI, 福崎英一郎林昭雄

阪大院・工

 

46回日本植物生理学会年会 

2005324日 おいて新潟コンベンションセンター

「一過性RNAiの代謝プロファイリングへの応用」

福崎英一郎1小林昭雄1佐藤文彦2

1阪大院・工2京都大学・生命

 

 

2004年〉

Sustainable Development of Biotechnology in the Tropics   おいてBali 2004123日~4日】

 

Sustainable Development of Biotechnology in the Tropics

2004/12/4    おいてBali

‘Down Regulation of Specific Gene Homologues by Means of 3’-UTR Targeting RNA Interference and Its Application for Plant Metabolic Modulation’

Ei-ichiro FUKUSAKI and Akio KOBAYASHI

Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ.

 

Sustainable Development of Biotechnology in the Tropics

2004/12/4    おいてBali

‘Structure Elucidation of the Major Antimicrobial Compound from the Fruit Peel of Lansium domesticum

Eufrocinio C. MARFORI1, Shin’ichiro KAJIYAMA2, Ei-ichiro FUKUSAKI2 and Akio KOBAYASHI2

1National Institute of Molecular Biology and Biotechnology, University of the Philippines Los Banos, College1, 2Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ.

 

 

The 17th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology(JAACT)  おいて名古屋  20041115日~18日】

 

JAACT2004

2004/11/17 おいて名古屋

IN VIVO 15N-ENRICHMENT OF METABOLITES IN ARABIDOPSIS CULTURED CELL T87 AND

ITS APPLICATION FOR METABOLOMICS’

Ei-ichiro FUKUSAKI, Kazuo HARADA, Takeshi BAMBA and Akio KOBAYASHI

Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ.

 

 

【植物化学調節学会第39回大会 おいて秋田 20041027日~28日】

 

植物化学調節学会第39回大会

20041028日 おいて秋田

「植物培養細胞における代謝物のin vivo 15N-標識とメタボロミクスへの応用」

福崎英一郎原田和生馬場健史小林昭雄

阪大院・工・応生

 

植物化学調節学会第39回大会

20041028日 おいて秋田

「重水で処理したシロイヌナズナ種子のプロテオミクス」

大西良平岡澤敦司原田和生福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本生物工学会第56回大会 おいて名城大学 2004921日~23日】

 

日本生物工学会第56回大会

2004923日 おいて名城大学

「多変量解析手法と自己組織化マッピングのメタボロミクスへの適用」

池田達彦1福崎英一郎1山地武広2馬場健史1,3小林昭雄1

1阪大院・工・応生2ジーエルサイエンス3日立造船

 

日本生物工学会第56回大会

2004923日 おいて名城大学

「シロイヌナズナ培養細胞における代謝物のin vivo 15N-標識とメタボロミクスへの応用」

原田和生1福崎英一郎1馬場健史1,2小林昭雄1

1阪大院・工・応生2日立造船

 

日本生物工学会第56回大会2004年斎藤賞受賞講演

2004923日 おいて名城大学

「植物代謝工学に資する基礎技術に関する研究」

福崎英一郎

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第56回大会

2004923日 おいて名城大学

‘A Rapid Comparison of Large-scale GC-MS Data for Metabolomics’

Kanokwan JUMUTEE1Ei-ichiro FUKUSAKI1, Takeshi BAMBA1,2, Takehiro YAMAJI3, Akio KOBAYASHI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Hitachizosen Co.Ltd., 3GL Science Inc.

 

日本生物工学会第56回大会

2004923日 おいて名城大学

‘Metabolic Profiling of Camellia sinensis (Tea) Using GC/MS’

Ei-ichiro FUKUSAKI1, ○Pongsuwan WIPAWEE1, Tsutomu YONETANI2, Takeshi BAMBA1,3 Akio KOBAYASHI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Tea branch, Nara Prefectual Agricultural Experiment Station, 3Hitachizosen Co.

 

日本生物工学会第56回大会

2004922日 おいて名城大学

「植物メタボロミクスの可能性と技術的問題」

福崎英一郎馬場健史小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

Third International Congress on Plant Metabolomics, A Plant Science Institute Symposium  おいてIowa 200463日~6日】

 

Third International Congress on Plant Metabolomics, A Plant Science Institute Symposium

2004/6/6  おいて Iowa

IN VIVO 15N-ENRICHMENT OF METABOLITES IN ARABIDOPSIS CULTURED CELL T87 AND ITS APPLICATION FOR METABOLOMICS’

Kazuo HARADA, Ei-ichiro FUKUSAKI, Takeshi BAMBA and Akio KOBAYASHI

Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ.

 

Third International Congress on Plant Metabolomics, A Plant Science Institute Symposium

2004/6/3  おいて Iowa

‘A CERAMICS SUPPORTED SOIL-LESS CULTIVATION SYSTEM FOR ARABIDOPSIS THALIANA AND ITS APPLICATION FOR METABOLOMICS’

Ei-ichiro FUKUSAKI1, Daisuke SUZUMURA2 and Akio KOBAYASHI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2Phytoculture Control Co.

 

Third International Congress on Plant Metabolomics, A Plant Science Institute Symposium

2004/6/3  おいて Iowa

‘THE EFFECT OF GROWING SYSTEMS ON METABOLITE VARIATIONS OF ARABIDOPSIS THALIANA

Kanokwan JUMTEE1, Ei-ichiro FUKUSAKI1, Takeshi BAMBA1, Takehiro YAMAJI2 and Akio KOBAYASHI1

1Dept.Biotech., Grad.Sch.Eng., Osaka Univ., 2GL Science Inc.

 

 

KEYSTONE SYMPOSIA 2004 siRNA and miRNAs おいてColorado 2004414日~19日】

 

KEYSTONE SYMPOSIA 2004

2004/4/17 おいてColorado

‘Transient RNAi induction in Arabidopsis protoplasts using in vitro-prepared dsRNA’

○Chung-Il AN, Aki SAWADA, Yoshiaki KAWAGUCHI, Ei-ichiro FUKUSAKI and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

 

【日本農芸化学会2004年度大会 おいて広島大学 2004328日~31日】

 

日本農芸化学会2004年度大会シンポジウム

2004331日 おいて広島大学

「植物メタボローム解析研究の展望」

福崎英一郎馬場健史小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

GC/MSを用いたシロイヌナズナ培養細胞T87のメタボローム解析」

馬場健史1,2Kanokwan JUMTEE1福崎英一郎1小林昭雄1

1阪大院・工・応生2日立造船

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

「安定同位体希釈法による定量メタボローム解析システムの開発

メチル化同位体標識によるフラボノイド類の定量

福崎英一郎原田和生馬場健史梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

「安定同位体希釈法による定量メタボローム解析法の開発(2)

15N標識による含窒素化合物群の相対定量法

福崎英一郎金載光蓮沼誠久原田和生小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

「紫外線パルスレーザを用いた新しい植物形質転換法の開発(X)

パーティクルアブレーションによる安定形質転換体の取得

井上文秀1梶山慎一郎2福崎英一郎2小林昭雄1,2

1生研機構2阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

「紫外線パルスレーザを用いた新しい植物形質転換法の開発(X)

露出原形質膜の流動性向上による遺伝子導入効率の改善

田端厚之1梶山慎一郎2福崎英一郎2原島俊2福井希一2小林昭雄1,2

1生研機構2阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

「紫外線パルスレーザを用いた新しい植物形質転換法の開発(X)

アグロバクテリウムVirタンパク質を利用した遺伝子導入効率の改善

梶山慎一郎1小川景子1北野晃浩1福崎英一郎1原島俊1福井希一1小林昭雄1,2

1阪大院・工・応生2生研機構小林プロジェクト

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

「紫外線パルスレーザを用いた新しい植物形質転換法の開発(X)

―1細胞由来花色色素および、関連遺伝子の分析

梶山慎一郎, ○梨原善行原田和生福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

「シロイヌナズナのプロトプラストにおける内在性遺伝子に対する一過性RNAiの誘導」

安忠一澤田亜紀川口誉顕福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

「オウレンの培養細胞におけるベルベリン生合成候補遺伝子の一過性RNAi

福崎英一郎吉田亮安忠一佐藤文彦1小林昭雄

阪大院・工・応生1京大生命・統合生命

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

‘Variation of metabolome in Arabidopsis thaliana

Ei-ichiro FUKUSAKI, ○Kanokwan JUMTEE, Takeshi BAMBA, Daisuke SUZUMURA1 and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 1PHYTOCULTURE

 

日本農芸化学会2004年度大会

2004330日 おいて広島大学

‘How well is photosensory system conserved in non-photosynthetic plants?

-Characterization of phytochrome A from Orobanche minor-‘

○Chitra TRAKULNALEAMSAI, Atsushi OKAZAWA, Ei-ichiro FUKUSAKI, Koichi YONEYAMA1, Yasutomo TAKEUCHI1 and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ., 1CRWP Utsunomiya Univ.

 

 

2003年>

 

21th BIOTECHNOLOGY SYMPOSIUM おいて東京 20031111日】

 

21th BIOTECHNOLOGY SYMPOSIUM

2003/11/11  おいて東京

‘Production of polyisoprenoid by plant’

Takeshi BAMBA1, Yoshihisa NAKAZAWA1, Michiko MURAYOSHI1, Yoko NAKADOZONO1, Xhangdong MA1, Xuehong LI1, Takashi NISHIKAWA1, Kanna MATSUURA1, Toshimasa SAITO1, Akio Kobayashi2, Ei-ichiro Fukusaki2

1Hitachi Zosen Corporation, 2Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

21th BIOTECHNOLOGY SYMPOSIUM

2003/11/11  おいて東京

‘Development of rubber production control technology of Trans-gum plant by molecular breeding’

Yoshihisa NAKAZAWA1, Takeshi BAMBA1,2, Michiko MURAYOSHI1, Yoko NAKADOZONO1, Xhangdong MA1, Xuehong LI1, Takashi NISHIKAWA1, Kanna MATSUURA1, Toshimasa SAITO1, Akio KOBAYASHI2, Ei-ichiro FUKUSAKI2, Koichiro GYOKUSEN3, Su Yinquan4

1Hitachi Zosen Corporation, 2Osaka University, 3Kyushu University, 4Northwest Science and Technology University of Agriculture and Forestry

 

 

【植物化学調節学会第38回大会 おいて名古屋 20031029日~30日】

 

植物化学調節学会第38回大会

20031030日 おいて名古屋

「非光合成植物の光センシング系はどの程度保存されているか?

ヤセウツボフィトクロム遺伝子の発現および局在解析

岡澤敦司1, Trakulnaleamsai CHITRA1福崎英一郎1米山弘一2竹内安智2小林昭雄1

1阪大院・工・応生2宇都宮大学野生植物科学研究センター

 

 

【日本生物工学会第55回大会 おいて熊本大学 2003916日~18日】

 

日本生物工学会第55回大会

2003918日 おいて熊本大学

「紫外線パルスレーザの植物細胞への応用()

レーザ遺伝子導入法における安定形質転換体取得条件の検討

井上文秀1梶山慎一郎2福崎英一郎2小林昭雄1,2

1生研機構2阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第55回大会

2003918日 おいて熊本大学

「紫外線パルスレーザの植物細胞への応用()

巨大DNA導入の試み

田端厚之1梶山慎一郎2福崎英一郎2原島俊2福井希一2小林昭雄1,2

1生研機構2阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第55回大会

2003918日 おいて熊本大学

「紫外線パルスレーザの植物細胞への応用()

レーザ穿孔法を用いた花弁色素の1細胞分析

梶山慎一郎渡部達也原田和生福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第55回大会

2003918日 おいて熊本大学

「トチュウポリイソプレノイドの組織内局在解析」

馬場健史1,2福崎英一郎1中澤慶久2小林昭雄1

1阪大院・工・応生2日立造船

 

日本生物工学会第55回大会

2003918日 おいて熊本大学

「紅葉の分子メカニズム解析

イチョウクロオフィラーゼの局在解析

岡澤敦司伊藤嘉子唐魎梶山慎一郎福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第55回大会

2003917日 おいて熊本大学

‘Cloning and Characterization of Farnesyl Pyrophosphate Synthase in Lactarius chrysorrheus Mushroom’

Dararat MEKKRIENGKRAI1, Tomoki Sando2, Jitladda SAKDAPIPANICH1, Yasuyuki TANAKA1, Ei-ichiro FUKUSAKI2, Akio KOBAYASHI2

1Dept.Chem., Mahidol Univ., 2Dept. Biotech., Osaka Univ.

 

日本生物工学会第55回大会

2003917日 おいて熊本大学

「超好熱始原菌由来プレニル二リン酸合成酵素の構造及び活性の温度依存症についての解析」

山仲藍子1広岡和丈2馬場健史2小林昭雄2今中忠行3福崎英一郎2藤原伸介1

1関西学院大・理工・生命科学2阪大院・工・応生3京大院工・生化

 

日本生物工学会第55回大会

2003917日 おいて熊本大学

「超好熱始原菌Thermococcus kodakaraensis KOD1由来イソペンテニル二リン酸イソメラーゼ遺伝子の機能解析」

広岡和丈1, Siddiqui Masood AHMED2山仲藍子2今中忠行3福崎英一郎1小林昭雄1藤原伸介2

1阪大院・工・応生2関西学院大・理工・生命科学3京大院工・生化

 

日本生物工学会第55回大会

2003917日 おいて熊本大学

Aspergillus niger由来ペクチンメチルエステラーゼの植物内過剰発現によるメタノール増産と植物矮化」

蓮沼誠久福崎英一郎岡澤敦司梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第55回大会

2003917日 おいて熊本大学

「非光合成植物の光センシング系はどの程度保存されているか?

クリプトクロム遺伝子の解析

平松洋哉岡澤敦司, Trakulnaleamsai CHITRA, 福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第55回大会

2003916日 おいて熊本大学

「ペリプロカにおけるイソペンテニル二リン酸イソメラーゼ遺伝子のクローニングと解析」

山東智紀1馬場健史1,2福崎英一郎1中澤慶久2蘇印泉3玉泉幸一郎4、小林昭雄1

1阪大院・工・応生2日立造船3西北農林科技大・林学4九大院・農・林学

 

日本生物工学会第55回大会

2003916日 おいて熊本大学

「植物の新規RNAi誘導システムの開発」

福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

30th ANNUAL MEETING PLANT GROWTH REGULATION SOCIETY OF AMERICA-2003 おいてVANCOUVER200383日~6日】

 

30th ANNUAL MEETING PLANT GROWTH REGULATION SOCIETY OF AMERICA-2003

2003/8/3 おいてVANCOUVER

‘DEVELOPMENT OF A TRANSIENT RNAi ASSAY SYSTEM USING ARABIDOPSIS MESOPHYLL PROTOPLASTS’

Chung-Il AN, Ei-ichiro FUKUSAKI, Aki SAWASA and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

30th ANNUAL MEETING PLANT GROWTH REGULATION SOCIETY OF AMERICA-2003

2003/8/3 おいてVANCOUVER

‘HOW WELL ARE THE PHOTORECEPTOR SYSTEMS CONSERVED IN NONPHOTOSYNTHETIC PLANTS?’

Atsushi OKAZAWA, Chitra TRAKULNALEAMSAI, Hiroya HIRAMATSU, Tomoki SANDO, Ei-ichiro FUKUSAKI, Koichi YONEYAMA, Yasutomo TAKEUCHI and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

30th ANNUAL MEETING PLANT GROWTH REGULATION SOCIETY OF AMERICA-2003

2003/8/3 おいてVANCOUVER

‘3’UNTRANSRATED REGION SPECIFIC RNAi AND ITS APPLICATION TO FACILE HUNTING OF LOW EXPRESSING GENE HOMOLOG’

Ei-ichiro FUKUSAKI, Keigo KAWASAKI, Chung -II AN, Aki SAWADA, Shin-ichiro KAJIYAMA, Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

30th ANNUAL MEETING PLANT GROWTH REGULATION SOCIETY OF AMERICA-2003

2003/8/3 おいてVANCOUVER

IN SITU LOCALIZATION OF POLYISOPRENE IN A RUBBER PRODUCING PLANT, EUCOMMIA ULMOIDES OLIVER’

Takeshi BAMBA1,2, Ei-ichiro FUKUSAKI1, Yoshihisa NAKAZAWA2 and Akio KOBAYASHI1

1Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.1, Hitachi Zosen Corporation2

 

30th ANNUAL MEETING PLANT GROWTH REGULATION SOCIETY OF AMERICA-2003

2003/8/3 おいてVANCOUVER

‘CLONING AND CHARACTERIZATION OF TWO SOLANESYL DIPHOSPHATE SYNTHASES FROMARABIDOPSIS

Kazutake HIROOKA, Yoshikazu IZUMI, Takeshi BAMBA, Ei-ichiro FUKUSAKI and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

 

【日本農芸化学会2003年度大会 おいて東京 2003331日~43日】

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

「シス型ゴム産生植物ペリプロカの形質転換」

山東智紀宮柱明日香1福崎英一郎玉泉幸一郎2馬場健史中澤慶久3蘇印泉4小林昭雄

阪大院・工・応生1九大院・生資・森資2九大院・農3日立造船4西北農林

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

「アルコールオキシダーゼ・ペルオキシダーゼ二酵素型バイオセンサーを用いたメタノールのリアルタイム定量」

蓮沼誠久福崎英一郎岡澤敦司梶山慎一郎桑畑進1小林昭雄

阪大院・工・応生1阪大院・工・物化

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

「シロイヌナズナから単離した新規長鎖プレニル二リン酸合成酵素の解析」

泉良和1広岡和丈1,2福崎英一郎1小林昭雄1

1阪大院・工・応生2NEDO

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

「タバコ植物におけるC45ポリプレノール(ソラネソール)の生合成経路」

福崎英一郎武野真也馬場健史奥本寛1甲藤裕子1梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生1倉敷芸科大・生命化学

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

「セラミック栽培法を利用したシロイヌナズナ簡易形質転換法」

福崎英一郎池田達彦鈴村大輔1小林昭雄

阪大院・工・応生1ハイトカルチャ

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

「紫外線パルスレーザを用いた新しい植物形質転換法の開発()

パーティクルアブレーションによる遺伝子導入の試み

梶山慎一郎渡部達也吉川宜宏1庄司猛1福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生1生研機構小林プロジェクト

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

「紫外線パルスレーザを用いた新しい植物形質転換法の開発()

バイオビーズを用いたタバコ形質転換体の取得」

柳澤昌伸1水上温司1村川智子1劉海波1長森英二2松永幸大1梶山慎一郎1,2福崎英一郎1原島俊1小林昭雄1,2福井希一1

1阪大院・工・応生2生研機構小林プロジェクト

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

「紫外線パルスレーザを用いた新しい形質転換法の開発()

トランスジーンプロダクトの1細胞分析

渡部達也梶山慎一郎庄司猛1福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生1生研機構小林プロジェクト

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

「植物用新規RNAiベクターの開発」

福崎英一郎, ○安忠一小林昭雄

阪大院・工・応生工

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

「植物細胞における一過性RNAi新規誘導法の開発」

福崎英一郎澤田亜紀安忠一小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2003年度大会

200342日 おいて東京

RNAi法を用いたトレニアの花色の改変」

福崎英一郎川崎健吾梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2003年度大会

200341日 おいて東京

「非光合成植物の光センシング系はどの程度保存されているか?

赤・遠赤色および青色光受容体相同遺伝子のクローニング

岡澤敦司Trakulnaleamsai CHITRA, 平松洋哉山東智紀福崎英一郎米山弘一1竹内安智1小林昭雄

阪大院・工・応生1宇都宮大野生植物研

 

日本農芸化学会2003年度大会

200341日 おいて東京

「超臨界流体中の酵素反応(リパーゼによる立体選択的アシル化反応)

福崎英一郎村瀬克洋馬場健史小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2003年度大会

200341日 おいて東京

「トランス型ゴム産生トチュウ根の液体培養系の検討」

村吉美智子玉泉幸一郎1中澤慶久2馬場健史3福崎英一郎3小林昭雄3

NEDOフェロー1九大院・農2日立造船3阪大院工・応生

 

日本農芸化学会2003年度大会

200341日 おいて東京

「トランス型ゴム産生植物トチュウの形質転換」

西河貴史村吉美智子1中澤慶久2馬場健史玉泉幸一郎3福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生1NEDOフェロー2日立造船3九大院農

 

 

2002年〉

THE 6th AEARU WORKSHOP MOLECULAR BIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY  おいて大阪大学 20021121日~22日】

 

THE 6th AEARU WORKSHOP MOLECULAR BIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY

2002/11/21 おいて大阪大学

‘Acquisition of Functional Single Strand DNA by SELEX Screening’

Ei-ichiro FUKUSAKI and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

THE 6th AEARU WORKSHOP MOLECULAR BIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY

2002/11/21 おいて大阪大学

‘The Chemical Structure Analysis of the Repeating Units of Polysaccharide Produced by Terrestrial Cyanobacterium Nostoc commune

Shin’ichiro KAJIYAMA, Dasman MARTINIS, Masahiro YAGI, Tatsuyuki KURIHARA, Ei-ichiro FUKUSAKI and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

 

International Conference on TROPICAL BIO-RESOURCES AND GREEN CHEMISTRY STRATEGY おいて大阪 20021028日~30日】

 

TROPICAL BIO-RESOURCES AND GREEN CHEMISTRY STRATEGY

2002/10/29  おいて大阪

‘Biosynthetic Study on Rubber Producing Plants’

Ei-ichiro FUKUSAKI and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

 

【日本生物工学会第54回大会 おいて大阪国際会議場 20021027日~30日】

 

日本生物工学会第54回大会

20021030日 おいて大阪国際会議場

「ペリプロカPeriploca sepium Bungeのシス型ゴム生産能の評価」

山東智紀1広岡和丈1馬場健史1福崎英一郎1中澤慶久2蘇印泉3玉泉幸一郎4小林昭雄1

1阪大院・工・応生2日立造船3西北農林科技大・林学4九大院・農・林学

 

日本生物工学会第54回大会

20021030日 おいて大阪国際会議場

「超好熱始原菌Thermococcus kodakaraensis KOD1由来プレニル二リン酸合成酵素遺伝子の機能解析」

山仲藍子1広岡和丈2馬場健史2木下勉1小林昭雄2今中忠行3福崎英一郎2藤原伸介4

1関西学院大・理・化2阪大院・工・応生3京大院・工・生化4関西学院大・理工・生命科学

 

日本生物工学会第54回大会

20021029日 おいて大阪国際会議場

「紫外線パルスレーザ技術の植物細胞への応用()

植物細胞微細加工と適用例

吉川宜宏1庄司猛1梶山慎一郎2福崎英一郎2小林昭雄2

1生研機構小林プロジェクト2阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第54回大会

20021029日 おいて大阪国際会議場

「紫外線パルスレーザ技術の植物細胞への応用()

1細胞代謝産物分析のこころみ

梶山慎一郎1吉川宜宏2渡部達也1庄司猛2福崎英一郎1小林昭雄1

1阪大院・工・応生2生研機構小林プロジェクト

 

日本生物工学会第54回大会

20021029日 おいて大阪国際会議場

「紫外線パルスレーザ技術の植物細胞への応用()

レーザによる傷害応答の解析

庄司猛1梶山慎一郎2河岡明義3吉田和哉4新名惇彦4山口夕5佐野浩5福崎英一郎2小林昭雄2

1生研機構小林プロジェクト2阪大院・工・応生3日本製紙・技研4奈良先端大・バイオ5奈良先端大・遺伝子

 

日本生物工学会第54回大会

20021029日 おいて大阪国際会議場

「非光合成植物の光センシング系はどの程度保存されているか?

フィトクロム遺伝子の解析

岡澤敦司, Trakulnaleamsai CHITRA, 福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第54回大会

20021029日 おいて大阪国際会議場

「紫外線パルスレーザ技術の植物細胞への応用()

1細胞代謝産物分析のこころみ

梶山慎一郎1吉川宜宏2渡部達也1庄司猛2福崎英一郎1小林昭雄1

1阪大院・工・応生2生研機構小林プロジェクト

 

日本生物工学会第54回大会

20021029日 おいて大阪国際会議場

「紫外線パルスレーザ技術の植物細胞への応用()

レーザによる傷害応答の解析

庄司猛1梶山慎一郎2河岡明義3吉田和哉4新名惇彦4山口夕5佐野浩5福崎英一郎2小林昭雄2

1生研機構小林プロジェクト2阪大院・工・応生3日本製紙・技研4奈良先端大・バイオ5奈良先端大・遺伝子

 

日本生物工学会第54回大会

20021029日 おいて大阪国際会議場

「非光合成植物の光センシング系はどの程度保存されているか?

フィトクロム遺伝子の解析

岡澤敦司, Trakulnaleamsai CHITRA, 福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第54回大会

20021029日 おいて大阪国際会議場

「キチンを認識するオリゴベプチドの分子認識様式の解析」

福崎英一郎小川公一梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第54回大会

20021028日 おいて大阪国際会議場

「イチョウクロロフィラーゼの大腸菌内での発現と解析」

伊藤嘉子岡澤敦司唐魎福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【第20回日本植物細胞分子生物学会 おいて奈良 2002729日~30日】

 

20回日本植物細胞分子生物学会 シンポジウム

2002729日 おいて奈良

「トチュウを用いたトランス型ゴム産生技術の開発」

中澤慶久1馬場健史1福崎英一郎2玉泉幸一郎3小林昭雄2

1日立造船2大阪大学3九州大学

 

 

【日本農芸化学会2002年度大会 おいて仙台 2002324日~327日】

 

日本農芸化学会2002年度大会

2002327日 おいて仙台

「紫外線パルスレーザを用いた新しい植物形質転換法の開発()

植物細胞用レーザ照射装置の概要および、レーザ照射条件の検討

梶山一郎1,2奥田伸哉1庄司猛2吉川宜宏2福崎英一郎1小林昭雄1,2

1阪大院・工・応生2生研機構小林プロジェクト

 

日本農芸化学会2002年度大会

2002327日 おいて仙台

「紫外線パルスレーザを用いた新しい植物形質転換法の開発()

レーザ加工部からの外来遺伝子導入

奥田伸哉1庄司猛2吉川宜宏2梶山慎一郎1,2福崎英一郎1小林昭雄1,2

1阪大院・工・応生2生研機構小林プロジェクト

 

日本農芸化学会2002年度大会

2002327日 おいて仙台

「紫外線パルスレーザを用いた新しい植物形質転換法の開発()

巨大DNAデリバリーを目的とした遺伝子導入用ビーズの開発

高倉友紀子1水上温司1長森英二2曽根岳史1梶山慎一郎1,2福崎英一郎1原島俊1小林昭雄1,2福井希一1

1阪大院・工・応生2生研機構小林プロジェクト

 

日本農芸化学会2002年度大会

2002327日 おいて仙台

「紫外線パルスレーザを用いた新しい植物形質転換法の開発()

―DNA含有ビーズ(バイオビーズ)を用いた新規な形質転換法

長森英二1水上温司2高倉友紀子2曽根岳史2梶山慎一郎1, 2福崎英一郎2原島俊2小林昭雄1, 2福井希一2

1生研機構小林プロジェクト2阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2002年度大会

2002326日 おいて仙台

Aspergillus niger由来ペクチンエステラーゼの植物内過剰発現によるメタノール産生」

蓮沼誠久福崎英一郎岡澤敦司梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2002年度大会

2002326日 おいて仙台

「長鎖イソプレノイドの生合成研究

シロイヌナズナにおける1,4-ベンゾキノン類側鎖合成酵素の解析

広岡和丈1,2馬場健史1中澤慶久3福崎英一郎1小林昭雄1

1阪大院・工・応生2NEDO, 3日立造船

 

 

2001年〉

 

Bio Thailand2001 おいてBangkok 2001117日~10日】

 

Bio Thailand2001

2001119日 おいてBangkok

‘Biosynthetic study on rubber producing plants’

Ei-ichiro FUKUSAKI and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

 

【植物化学調節学会第36回大会 おいて富山国際会議場 2001109日~10日】

 

植物化学調節学会第36回記念大会 受賞講演(奨励賞)

2001109日 おいて富山国際会議場

「植物におけるC1化合物の生理機能に関する研究」

福崎英一郎

阪大院・工・応生

 

 

【日本生物工学会第53回大会 おいて山梨大学 2001926日~28日】

 

日本生物工学会第53回大会

2001926日 おいて山梨大学

「ペリプロカ(Periploca sepium Bunge)乳液中に含まれるゴム成分の解析」

馬場健史1福崎英一郎1武野真也1中澤慶久2蘇印泉3玉泉幸一郎4小林昭雄1

1阪大院・工・応生2日立造船3西北農林科技大・林学4九大院・農・林学

 

日本生物工学会第53回大会

2001926日 おいて山梨大学

「植物カルスと糸状菌の混合培養によって生産されるテトラミックアシッド系抗菌活性物質の構造解析」

E.C.Marfori梶山慎一郎岡澤敦司福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第53回大会

2001926日 おいて山梨大学

「超臨界流体クロマトグラフィーを用いた長鎖ポリプレノールの解析」

馬場健史1、福崎英一郎1、中澤慶久2、佐藤浩昭3、右手浩一4、北山辰樹4、小林昭雄1

1阪大院・工・応生2日立造船3名城大・農学ハイテク4阪大院・基礎工・合成

 

日本生物工学会第53回大会

2001926日 おいて山梨大学

「イチョウの黄葉機構の解析

クロロフィラーゼのクローニングと発現

岡澤敦司伊藤嘉子唐蕾福崎英一郎梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第53回大会

2001926日 おいて山梨大学

「巨大DNA分子のデリバリーを目的としたバイオビーズの開発」

水上温司長森英二1, J.Dolezel2福崎英一郎小林昭雄福井希一

阪大院・工・応生1生研機構2Inst.Exp.Botany, Czech.Rep.

 

日本生物工学会第53回大会

2001926日 おいて山梨大学

DNA含有ビーズ(バイオビーズ)による植物細胞の形質転換」

長森英二1水上温司村川智子池内智彦曽根岳史福崎英一郎梶山慎一郎小林昭雄福井希一

阪大院・工・応生1生研機構

 

 

【平成13年度 日本生物工学会東日本支部生物工学フォーラム おいて北とぴあ,2001810日】

 

日本生物工学会東日本支部生物工学フォーラム

2001810日(おいて北とぴあ)

SELEX法による核酸アプタマーの取得と応用」

福崎英一郎

阪大院・工・応生

 

 

17th International Conference on Plant Growth Substances おいてBrno, Czech Republic200171日~6日】

 

‘17th International Conference on Plant Growth Substances’

200172日 おいてBrno, Czech Republic

‘FORMIC ACID ACTS AS A SCANVENGER FOR RADICALS WHICH ARE FORMED UNDER LIGHT-INDUCED OXIDATIVE CONDITIONS’

Ei-ichiro FUKUSAKI, Takehiko SHIRAISHI and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

 

【日本農芸化学会2001年度大会 おいて京都 2001324日~327日】

 

日本農芸化学会2001年度大会

2001326日 おいて京都

「中性糖を認識するペプチド提示ファージの取得」

福崎英一郎小川公一中西豪小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2001年度大会

2001325日 おいて京都

IPP生合成に関わる外来遺伝子のクラミドモナス 葉緑体ゲノムへの導入」

福崎英一郎小田直彦梶山慎一郎岡澤敦司加藤晃1新名惇彦1小林昭雄

阪大院・工・応生1奈良先端大・バイオ

 

日本農芸化学会2001年度大会 シンポジウム

2001325日 おいて京都

SELEX法による分子認識リガンドの取得と応用」

福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2001年度大会 シンポジウム

2001325日 おいて京都

「トチュウ(Eucommia ulmoides Oliver)の工業原料、ポリプレノイド」

小林昭雄福崎英一郎馬場健史

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2001年度大会

2001324日 おいて京都

「植物におけるポリイソプレン生合成機構の解明(第三報)

植物ポリイソプレンの分析

馬場健史福崎英一郎梶山慎一郎岡澤敦司右手浩一1北山辰樹1小林昭雄

阪大院・工・応生1阪大院・基礎工・合成

 

日本農芸化学会2001年度大会

2001324日 おいて京都

「ウツボカズラ科の食虫植物Nepenthes alataの捕虫袋におけるペプチドの消化吸収過程の解析」

安忠一, ○竹川昇志岡澤敦司福崎英一郎梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2001年度大会

2001324日 おいて京都

「環境条件による植物内ギ酸濃度の変化」

金載光白石竹彦福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2001年度大会

2001324日 おいて京都

「耐乾燥性陸生ラン藻Nostoc communeの細胞外多糖の構造解析」

梶山慎一八木雅弘福崎英一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

2000年〉

 

【植物化学調節学会第35回記念大会 おいて理化学研究所鈴木梅太郎ホール 2000112日~3日】

 

植物化学調節学会第35回記念大会

2000112日 おいて理化学研究所鈴木梅太郎ホール

「食虫植物Nepenthes alataの捕虫袋分泌液のペプチド分解能」

安忠一福崎英一郎竹川昇志岡澤敦司梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

植物化学調節学会第35回記念大会

2000112日 おいて理化学研究所鈴木梅太郎ホール

C1化合物の植物代謝に与える影響(7)―イネ植物体におけるメチルアミン応答性タンパク質の解析

福崎英一郎川本百合白石竹彦梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

植物化学調節学会第35回記念大会

2000112日 おいて理化学研究所鈴木梅太郎ホール

C1化合物の植物代謝に与える影響、第六報イネ植物体におけるメチルアミンに応答する遺伝子の解析

白石竹彦渡辺哲也福崎英一郎梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

日本農芸化学会大会 平成12年度(2000)関西支部大会 おいて高山サイエンスプラザおよび奈良先端科学技術大学院大学 2000106日~7日】

 

日本農芸化学会大会 平成12年度(2000)関西支部大会

2000107日(おいて高山および奈良)

「食虫植物Nepenthes alataのアスパラギン酸プロテアーゼのクローニングと発現解析」

安忠一福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会大会 平成12年度(2000)関西支部大会

2000107日(おいて高山および奈良)

「モレキュラーインプリンティング法による分子認識ホスト化合物の合成」

福崎英一郎前田彰小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会大会 平成12年度(2000)関西支部大会

2000107日(おいて高山および奈良)

「トチュウの産生するゴム様高分子の化学的研究」

馬場健史福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会大会 平成12年度(2000)関西支部大会

2000107日(おいて高山および奈良)

‘Isolation and identification of two bioactive compounds in the dual culture of Catharanthus roseus callus and Penicillium sp.’

Shin’ichiro KAJIYAMA, ○Eufrocinio C. MARFORI, Ei-ichiro FUKUSAKI, Atsushi OKAZAWA and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

日本農芸化学会大会 平成12年度(2000)関西支部大会

2000107日(おいて高山および奈良)

‘Purification of chlorophyllase from Ginkgo biloba’

Tang LEI, Atsushi OKAZAWA, Ei-ichiro FUKUSAKI and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch. Eng., Osaka Univ.

 

日本農芸化学会大会 平成12年度(2000)関西支部大会

2000107日(おいて高山および奈良)

C1化合物の植物代謝に与える影響、第九報

植物体内のギ酸定量

白石竹彦金載光福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本生物工学会第52回大会 おいて北海道大学 200083日~5日】

 

日本生物工学会第52回大会

200085日 おいて北海道大学

「チューブリン特異的DNAアプタマーのin vitro selection

蓮沼誠久福崎英一郎岡澤敦司梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第52回大会

200085日 おいて北海道大学

‘The Properties of Cyanobacterial Heteropolysaccharide Degrading Enzyme from a Soil Bacterium’

Shin’ichiro KAJIYAMA, ○Dasman MARTINIS, Ei-ichiro FUKUSAKI, Atsushi OKAZAWA and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech., Grad. Sch.Eng., Osaka Univ.

 

日本生物工学会第52回大会シンポジウム(コンビナトリアル・バイオエンジニアリング)

200084日 おいて北海道大学

In vitro Selection法によるDNAアプタマーの取得」

福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第52回大会

200083日 おいて北海道大学

「テルペノイド系生合成遺伝子のクラミドモナス葉緑体ゲノムへの導入」

福崎英一郎西河貴史馬場健史加藤晃1新名淳彦1邊見久2西野徳三2小林昭雄

阪大院・工・応生1奈良先端大・バイオ2東北大院・工・生工

 

日本生物工学会第52回大会

200083日 おいて北海道大学

「耐乾燥性ラン藻Nostoc sp.の細胞外多糖の構造解析」

梶山慎一郎八木雅弘福崎英一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本農芸化学会大会2000年度大会 おいて東京 2000331日~42日】

 

日本農芸化学会2000年度大会

200042日 おいて東京

「ガン細胞において抗ガン剤処理時に特異的に発現する遺伝子の検索」

大石貴史福崎英一郎田中穂積1梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生1日東電工メディカル事業部

 

日本農芸化学会2000年度大会

200042日 おいて東京

「ウツボカズラ科の食虫植物Nepenthes hybridaの捕虫袋分泌液の酸性化に関与するプロトンポンプ遺伝子の解析」

安忠一福崎英一郎梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2000年度大会

200041日 おいて東京

「超臨界流体クロマトグラフィーを用いたポリプレノール類の高分離分析」

馬場健史福崎英一郎梶山慎一郎岡澤敦司右手浩一1北山辰樹1小林昭雄

阪大院・工・応生1阪大院・基礎工・合成

 

日本農芸化学会2000年度大会

200041日 おいて東京

「植物におけるPolyisoprene生合成機構の解明(第一報)

植物Polyisopreneの分析

馬場健史福崎英一郎梶山慎一郎岡澤敦司右手浩一1北山辰樹1小林昭雄

阪大院・工・応生1阪大院・基礎工・合成

 

日本農芸化学会2000年度大会

200041日 おいて東京

C1化合物の植物代謝に与える影響(第六報)

メチルアミンの植物の生育に与える影響について

白石竹彦福崎英一郎梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2000年度大会

200041日 おいて東京

C1化合物の植物代謝に与える影響(第7報)

シロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)におけるC1化合物の代謝に関する研究

福崎英一郎池田達彦西河貴史白石竹彦梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会2000年度大会

200041日 おいて東京

C1化合物の植物代謝に与える影響(第8報)

イネ植物体におけるメチルアミンに応答する遺伝子の解析

福崎英一郎渡邊哲也白石竹彦梶山慎一郎岡澤敦司、小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本化学会第78春季年会 おいて日本大学 2000328日~31日】

 

日本化学会第78春季年会 

2000329日 おいて日本大学 

CDスペクトルを用いたヘマトポルフィリンアプタマーの構造解析」

前田宏岡澤敦司福崎英一郎梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

1999年〉

 

【植物化学調節学会第34回大会 おいて鳥取県立県民文化会館 19991014日~15日】

 

植物化学調節学会第34回大会

19991015日 おいて鳥取県立県民文化会館

C1化合物の植物代謝に与える影響(4)

C1化合物による光酸化障害の回避~」

白石竹彦1福崎英一郎1三宅親弘2横田明穂2梶山慎一郎1岡澤敦司1小林昭雄1

阪大院・工・応生1,奈良先端大・バイオ2

 

植物化学調節学会第34回大会

19991015日 おいて鳥取県立県民文化会館

C1化合物の植物代謝に与える影響(5)

~シロイヌナズナにおけるC1化合物代謝に関する研究~」

福崎英一郎池田達彦西河貴史白石竹彦梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

植物化学調節学会第34回大会

19991015日 おいて鳥取県立県民文化会館

「インゲン植物体において多糖エリシター刺激により活性化される遺伝子群の解析」

福崎英一郎松縄彩子渡辺哲也梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

植物化学調節学会第34回大会

19991015日 おいて鳥取県立県民文化会館

「食虫植物Nepenthes hybridaの細胞模型プロトンポンプのcDNAクローニング」

福崎英一郎安忠一梶山慎一郎岡澤敦司,小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本生物工学会第51回大会 おいて関西大学 1999916日~18日】

 

日本生物工学会第51回大会

1999917日 おいて関西大学

‘SOLATION AND CHARACTERIZATION OF BIO-ACTIVE COMPOUNDS PRODUCED BY THE CO-CULTURE OF A CALLUS AND A FUNGUS’

Shin’ichiro KAJIYAMA, ○Eufrocinio MARFORI, Ei-ichiro FUKUSAKI, Atsushi OKAZAWA and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech. Grad. Sch. Eng. Osaka Univ.

 

日本生物工学会第51回大会

1999917日 おいて関西大学

「乾燥耐性を示す陸生ラン藻Nostoc sp.の細胞外多糖」

梶山慎一郎八木雅弘福崎英一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第51回大会

1999917日 おいて関西大学

「イチョウ緑葉の黄化過程におけるクロロフィル代謝」

岡澤敦司唐蕾福崎英一郎梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第51回大会

1999917日 おいて関西大学

Hematporphyrinと特異的に結合するDNA aptamerのインビトロセレクション」

岡澤敦司前田宏福崎英一郎梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第51回大会シンポジウム

1999917日 おいて関西大学

「ポリテルペンの生合成」

福崎英一郎,小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本農芸化学会1999年度大会 おいて福岡 1999330日~41日】

 

日本農芸化学会1999年度大会

199941日 おいて福岡

C1化合物の植物代謝に与える影響、第三報

ギ酸塩によるイネの光酸化傷害の回避に関する検討

白石竹彦福崎英一郎西河貴史三宅親弘1横田秋穂1梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生,1奈良先端大・バイオ

 

日本農芸化学会1999年度大会

1999331日 おいて福岡

「陸生ラン藻Nostoc communeの細胞外ジェリー層の化学的考察」

梶山慎一郎,栗原立如,福崎英一郎,小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会1999年度大会

1999331日 おいて福岡

「ガン細胞において抗ガン剤処理時に特異的に発現する遺伝子の検索」

大石貴史福崎英一郎田中穂積1梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生,1日東電工・メディカル事業部

 

 

【日本化学会第76春季年会 おいて神奈川大学 1999328日~31日】

 

日本化学会第76春季年会

1999329日 おいて神奈川大学

in vitro selection法を用いたキチンを特異的に認識するDNAアプタマーの取得」

加藤隆久1福崎英一郎1岡澤敦司1伊藤嘉弘2川添直輝2小林昭雄1

1阪大院・工・応生,2奈良先端大

 

日本化学会第76春季年会

1999329日 おいて神奈川大学

「モレキュラーインプリンティング法による軸不斉化合物の光学異性認識」

西郷彰福崎英一郎梶山慎一郎中園豊1小林昭雄

阪大院・工・応生,1関西新技術研究所

 

 

1998年〉

 

【植物化学調節学会第33回大会 おいて筑波大学大学会館 19981014日~15日】

 

植物化学調節学会第33回大会

19981014日 おいて筑波大学大学会館

C1化合物の植物代謝に与える影響(蟻酸塩のイネ成長促進効果)

福崎英一郎白石竹彦梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本生物工学会第50回大会 おいて広島大学 1998928日~30日】

 

日本生物工学会第50回大会

1998928日 おいて広島大学

「ブドウ培養細胞によるヒドロキシスチルベン化合物のラジカルカップリング反応」

福崎英一郎小林義隆梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【第16回日本植物細胞分子生物学会 おいて仙台 1998723日~24日】

 

16回日本植物細胞分子生物学会 

1998723日 おいて仙台

「インゲン植物においてエリシター刺激により特異的に発現する遺伝子の検索」

福崎英一郎渡辺隆司渡邊哲也梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本農芸化学会1998年度大会 おいて名古屋 1998331日~43日】

 

日本農芸化学会1998年度大会

199842日 おいて名古屋

「イネにおける2-aminobenzamideの吸収、変換、蓄積」

梶山慎一郎,川本百合,高畠陽平,福崎英一郎,小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会1998年度大会

199842日 おいて名古屋

「ラン藻Nostoc communeの細胞外ジェリー層の諸性質」

梶山慎一郎栗原立如,福崎英一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会1998年度大会

199841日 おいて名古屋

「ラン藻Nostoc commune細胞外ジェリー層に棲息する微生物」

梶山慎一郎,中尾素直,福崎英一郎,小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会1998年度大会

199841日 おいて名古屋

「イネ(Oryza sativa)の生育に及ぼす蛾塩酸の影響」

福崎英一郎白石竹彦梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会1998年度大会

199841日 おいて名古屋

「食虫植物Nepenthes alataの分泌する消化酵素」

福崎英一郎,安忠一,梶山慎一郎,小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

1997年〉

 

【植物化学調節学会第32回大会 おいて国際基督教大学理学館 19971128日~29日】

 

植物化学調節学会第32回大会

19971128日 おいて国際基督教大学理学館

「インゲンのエリシター処理時におけるフェニルプロパノイド生合成系酵素遺伝子の発現」

松縄彩子渡辺隆司福崎英一郎梶山慎一郎岡澤敦司小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL MICROBIOLOGY&BIOTECHNOLOGY おいて奈良,1997115日~7日】

 

SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL MICROBIOLOGY&BIOTECHNOLOGY

1997115日 おいて奈良

‘Bioactive potentially of POD products derived from natural simple phenolics’

Akio KOBAYASHI, Eiichiro FUKUSAKI and Shin-Ichiro KAJIYAMA

Dept. Biotech. Grad. Sch. Eng. Osaka Univ.

 

 

【日本生物工学会第49回大会 おいて東京農業大学 1997917日~19日】

 

日本生物工学会第49回大会

1997918日 おいて東京農業大学

「インゲンにおいてエリシター処理により誘導される未知遺伝子の単離・解析」

福崎英一郎渡辺隆司,梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本農芸化学会大会1997 おいて東京 1997331日~44日】

 

日本農芸化学会1997年度大会

199743日 おいて東京

「ペルオキシダーゼを用いたグアイアコール重合反応の金属イオンによる影響」

小林昭雄,権礼純,梶山慎一郎,福崎英一郎

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会1997年度大会

199743日 おいて東京

「ペルオキシダーゼ反応により誘導されるスチルベン系の生理活性物質(2)

福崎英一郎,堀江健太郎,梶山慎一郎,小林昭雄

阪大院・工・応生

 

日本農芸化学会1997年度大会

199742日 おいて東京

「インゲンにおけるエリシター処理時のフラボノイド生合成系遺伝子の発現の変動」

福崎英一郎松縄彩子,渡辺隆司,梶山慎一郎1吉田和哉,1新名惇彦,小林昭雄

阪大院・工・応生,1奈良先端大

 

日本農芸化学会1997年度大会

199741日 おいて東京

「モレキュラーインプリンティング法による分子認識能を有する有機・無機ハイブリッド高分子の合成」

福崎英一郎西郷彰梶山慎一郎中薗豊1谷川健一1小林昭雄

阪大院・工・応生,1関西新技術研究所

 

 

1996年〉

 

【植物化学調節学会第31回大会 おいて京大会館 1996104日~5日】

 

植物化学調節学会第31回大会

1996105日 おいて京大会館

「イネ科植物における有機化合物の選択的取込み」

小林昭雄高畠陽平河津一儀1梶山慎一郎福崎英一郎

阪大院・工・応生,岡山大農1

 

 

【日本生物工学会第48回大会 おいて名古屋大学 1996102日~4日】

 

日本生物工学会第48回大会

1996103日 おいて名古屋大学

「グルコース、グルコサミンを含むキメラオリゴ糖のエリシター活性」

薮下晴津子福崎英一郎中西豪梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生

 

 

【日本農芸化学会1996年度大会 おいて京都 1996330日~42日】

 

日本農芸化学会1996年度大会

1996331日 おいて京都

「ペルオキシダーゼ反応によって誘導される生理活性物質(2)

福崎英一郎大上忠宏梶山慎一郎小林昭雄

阪大院・工・応生工

 

日本農芸化学会1996年度大会

1996331日 おいて京都

‘Secondary petabolite production by Tectna grandis cell system’

○Erly MARWANI1, Shin-Ichiro KAJIYAMA, Eiichiro FUKUSAKI, Kazuyoshi KAWAZU1 and Akio KOBAYASHI

Dept. Biotech. Grad. Sch. Eng. Osaka Univ., 1Dept. Agric. Sci, Okayama Univ.

 

 

1995年〉

【日本生物工学会第47回大会 おいて九州大学 19951011日~13日】

 

日本生物工学会第47回大会

19951013日 おいて九州大学

「リパーゼを利用したドウガネブイブイ性フェロモンの合成」

里田史朗千田修治小俣哲夫福崎英一郎1

日東電工,1阪大院・工・応生

 

日本生物工学会第47回大会

19951013日 おいて九州大学

「キボシカミキリ性フェロモン異性体の合成」

福崎英一郎千田修治1里田史朗1小俣哲夫1深谷緑2若村定男2

阪大院・工・応生,1日東電工,2蚕糸昆虫研

 

日本生物工学会第47回大会

19951013日 おいて九州大学

「オリゴβ-(1,3)-,(1,6)-グルコシドのインゲンに対するフラボノイド誘導活性」

田井章博,福崎英一郎,河津一儀1小林昭雄

阪大院・工・応生,1岡山大・農

 

日本生物工学会第47回大会

19951012日 おいて九州大学

「西洋ワサビのClaペルオキシダーゼの精製と生長促進機構」

勝矢建1小川秀之1福崎英一郎1小林昭雄1吉田和哉2新名惇彦2

1阪大院・工・応生,2奈良先端大・バイオ