博士論文

Last update 2017/10/01

33) Phan Nguyen Thuy An (2017年10月博士)

32) 紺屋豊(2017年10月博士)(期間短縮修了)

31) 宮内俊輔(2017年3月博士)(期間短縮修了)

29) 光永均(2016年6月博士)

28) 山田貴之 (2016年3月博士)(期間短縮修了)
クロマトグラフィー保持時間予測に基づく脂質メタボローム解析技術の開発

27) Hanghang HUANG (2016年3月博士)(英語コース)(期間短縮修了)
Elucidation of the mechanism of autophagy-mediated RNA degradation by
metabolome analysis
メタボローム解析を用いたオートファジーによるRNA分解機構の解明


26) 田口歌織 (2016年3月博士)(期間短縮修了)
超臨界流体クロマトグラフィーと液体クロマトグラフィーの融合に基づく新規分離法の構築

25) Teo Shao THING (2016年3月博士)
メタボロミクスを用いた株改良法の開発および酵母1-ブタノール耐性への適用

24) 石橋愛実(2016年3月博士)
超臨界流体クロマトグラフィー適用極性範囲拡大に基づく新規残留農薬一斉分析法の構築

23)UDI JUMHAWAN (2015年9月博士)(英語コース)

22) 小倉泰郎(2015年6月博士)

21) 角田省二(2015年3月博士)

20) 中山泰宗 (2014年12月博士)

19) Zanariah Binti Hashim (2014年9月博士)(英語コース)

18) 山本慎也(2014年3月博士)

17) 藤枝裕介(2013年9月博士)
「In vivo病態モデル動物における主要評価項目とメタボライトの相関に関する研究」
「誘導体化法適用超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析による極性脂質の一斉プロファイリング」

15) 内方崇人(2013年3月博士)
「超臨界流体技術を基盤とした酸化リン脂質分析技術の開発」

14) 越智浩(2012年12月博士)
(期間短縮修了)
「ガスクロマトグラフィー質量分析を用いたメタボロミクス研究に資するノンターゲット解析システムの開発」

11) 松原惇起(2012年9月博士)
「超臨界流体クロマトグラフィー/質量分析を基盤としたカロテノイドの分析技術の開発」

10) 林俊介(2011年6月博士)
「ゼブラフィッシュ初期発生胚のメタボローム解析」

9) 坂東清子(2010年12月博士)
「ガスクロマトグラフィー質量分析に基づく代謝物プロファイリングによるヒドラジン肝毒性評価技術の開発」

8) 吉田亮(2010年9月博士)
「メタボロミクスに基づいた出芽酵母の代謝関連変異株の分裂寿命の予測および寿命関連変異株の戦略的スクリーニング」

7) 和泉自泰(2010年3月博士)
「ナノフロー液体クロマトグラフ/質量分析計による植物代謝産物の高感度定量分析法の開発」

6) Sukanda Tianniam(2009年9月博士)(英語コース)
“Application of metabolomics techniques for the quality assessment of an oriental folk medicine, Angelica acutilobaroots” (生薬トウキ(Angelica acutiloba)の品質評価におけるメタボロミクス技術の適用)

5) 前川(吉川)真琴(2009年10月博士)
”The Studies of Factors Involved in Rhizobial Infection during Nodule Formation of Lotus japonicus” (Lotus japonicusにおける根粒菌感染に関わる因子の研究)

4) 金 鍾賢(2009年3月博士)
「伝統的醗酵食品乳酸菌のデンプン分解酵素の研究」

3) Wipawee Pongsuwan (2008年9月博士)(英語コース)
”Quality assessment of Japanese green tea, Camellia sinensis, by techniques in metabolomics”

2) 池田達彦(2008年9月博士)
「近赤外分光法による食品品質評価技術の開発」

1) 原田和生(2008年3月博士)
「代謝産物プロファイリングに資するキャピラリー電気泳動/質量分析法の開発に関する研究」